【千葉】まるで映画の世界!『東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル』が4/5(火)オープン!

ディズニー&ピクサー映画『トイ・ストーリー』シリーズをテーマにした『東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル』(以下、「トイ・ストーリーホテル」)が、45()に待望のオープンを迎えます。

一足先に開催されたお披露目会にLOVETABImama編集部として参加してきました。

まるでトイ・ストーリーの映画の中に迷い込んでしまったかのような世界が広がる可愛すぎる世界はファンならずとも大興奮間違いなし!

巨大なバズがお出迎え!国内5番目のディズニーホテル「トイ・ストーリーホテル」


© Disney/Pixar

「トイ・ストーリーホテル」は、ディズニー&ピクサー映画『トイ・ストーリー』シリーズをテーマにした国内5番目となるディズニーホテルです。

ブロックを積んだようなカラフルな外観は外からでも見ることができますが、ホテルの敷地内へは、宿泊のゲストのみが入れるという特別感もたまりません。


© Disney/Pixar

敷地内に1歩足を踏み入れると、そこはもう『トイ・ストーリー』の映画の世界。

ホテルのエントランスまでは、スリンキー・ドッグパークを抜けていきます。


© Disney/Pixar

スリンキー・ドッグパークでは巨大なバズやジェシーがお出迎え。


© Disney/Pixar


© Disney/Pixar

他にもたくさんのトイ・ストーリーの仲間や、おもちゃなどがたくさん散りばめられ、おもちゃの世界に迷い込んでしまったような体験ができます。

アンディの部屋に泊まれる「トイ・ストーリーホテル」の客室

スタンドルーム|定員4名


「トイ・ストーリーホテル」の客室は、映画『トイ・ストーリー』シリーズ第1作に登場する少年アンディの部屋をイメージした造り。

青い空と白い雲の壁紙や、壁にかけられたミッキーマウスの大きな腕時計!見覚えありますよね?

アンディが描いた絵なども飾られていて再現率の高さに驚かされます。


© Disney/Pixar

アンディのお部屋に泊まれるなんて夢のようですね。

定員4名のスタンダードルームには、レギュラーベッド2台に引き出し式のトランドルベッド、プルダウンベッドが設置されています。


© Disney/Pixar

プルダウンベッドは国内のディズニーホテルでは初の採用。

寝る時以外はお部屋を広く使えるのも子連れ旅にはありがたい仕組みです。

お風呂場ではウィージーが唄っています。こんなにかわいいお風呂なら子どもたちも喜んで入ってくれるはず…♡


© Disney/Pixar

お部屋には親子でバズになれるパジャマや、かわいいスリッパも用意。実はこのスリッパ、裏面に仕掛けがあるんですよ。

それは宿泊してからのお楽しみに!

© Disney/Pixar

アメニティもキャラクターが描かれているオリジナルのものです。

© Disney/Pixar

世界感溢れる廊下やエレベーターホール


© Disney/Pixar

廊下の壁にはキャラクターが描かれ、廊下には誰かが歩いた足跡がついています。

誰の足跡か想像したり、好きなキャラクターを見つけるのも楽しいですね。

館内にある2つのエレベーターもお見逃しなく!

ウッディとバズ・ライトイヤーそれぞれがテーマのエレベーターがあります。


© Disney/Pixar

エレベーター内ではキャラクターが声で案内してくれるという演出も!

エレベーターホールではスペースレンジャーになりきって写真を撮るのもおすすめです。


© Disney/Pixar

「トイ・ストーリーホテル」のレストラン「ロッツォ・ガーデンカフェ」


© Disney/Pixar

こちらは、映画『トイ・ストーリー3』に登場するピンクのくまのぬいぐるみロッツォをモチーフにしたレストランです。

入り口を入るといちごをたくさん持ったロッツォがお出迎え♡


© Disney/Pixar

レストラン内は木のモチーフや果物のようなカラフルな椅子など、レストランの名前の通り、お庭のような空間が広がります。


© Disney/Pixar

キャラクターモチーフがかわいいビュッフェ


© Disney/Pixar

ビュッフェボードにはキャラクターモチーフのかわいいお料理がたくさん。

中には「こんなところにまで!」とびっくりするような細かいところにキャラクターが潜んでいるので、ぜひ探してみてください。

お料理はかわいいだけでなく、味ももちろん本格的。

イチオシは出来立てのローストポーク。


© Disney/Pixar

ポン酢ソース、バーベキューソース、ストロベリーソースの3種類から好きなソースを選び、その場で切り分けてサーブしてくれます。

そしてなんと言ってもかわいさ溢れているのが、スイーツコーナー。

© Disney/Pixar


© Disney/Pixar

ボー・ピープをイメージしたストロベリーのジュレを中に忍ばせたホワイトチョコレートのムースや、ウッディをイメージしたロールケーキなど、どれもかわいすぎてたまりません。


© Disney/Pixar

「ロッツォ・ガーデンカフェ」は、事前予約のうえ、チェックイン日の朝食からチェックアウトの日のディナーまで利用することができます。

 

ロッツォ・ガーデンカフェ
ブレックファスト
営業時間 6:30~10:00
料金: 大人(13歳以上)2,800円 中人(7~12歳)1,700円 小人(4~6歳)1,100円
ディナー
営業時間 18:00~21:00
料金: 大人(13歳以上)4,200円 中人(7~12歳)2,300円 小人(4~6歳)1,500円

 

巨大なウッディはここ!「トイ・ストーリーホテル」の中庭


© Disney/Pixar

エントランス前には巨大なバズがいましましたが、中庭「トイフレンズ・スクエア」 2階には巨大なウッディがいます。

他にもボー・ピープや、ウィージーなどの仲間たち。


© Disney/Pixar

ロビー階ではクレーンを操作するハムとリトルグリーンメンにで会えます。


© Disney/Pixar

お天気の良い日には緑の芝生の「トイフレンズ・スクエア」でのんびり過ごすのもいいですね。


© Disney/Pixar

「トイ・ストーリーホテル」で映画の世界に迷い込もう


© Disney/Pixar

見どころを挙げていったらキリがないほどの魅力が詰まった「トイ・ストーリーホテル」。
いよいよ4月5日(火)にオープンします。

© Disney/Pixar

お部屋はもちろんのこと、エントランスやロビー、エレベーターまでその全てが映画『トイ・ストーリー』の映画の世界。
ただ寝るためだけに泊まるのはもったいない、とっても素敵な体験が待っていますよ。

親子で『トイ・ストーリー』の世界に迷い込んでみてはいかがでしょうか。

東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル
住所:千葉県浦安市舞浜1-47(ディズニーリゾートライン ベイサイド・ステーション正面)
開業日:2022年4月5日(火)

written by aiko(ディレクター)

【LOVETABI Mamaディレクター】主なテーマ:離島、リゾート、温泉、カフェ


関連記事

  1. サムネイル

    【京都】京の歴史を味わう『ホテルインターゲート京都 四条新町』で子連れコスパ旅

  2. 【東京】パステルカラーの可愛いハロウィンスイーツ♡「ザ ストリングス表参道」の『スイートパステルハロウィン』

  3. メズム東京 chapter3スイート

    【東京】五感を魅了するラグジュアリーホテル「メズム東京」でご褒美子連れホテルステイ

  4. 名古屋プリンスホテルスカイタワー

    【名古屋】『名古屋プリンスホテル スカイタワー』で全部屋トレインビューの絶景を楽しむ子連れステイ

  5. 南禅寺水路閣

    【京都】『オークウッドホテル京都御池』の「古都を巡る〜ディスカバー京都〜」プランで秋の京都子連れ散歩旅

  6. グランピング7選 西日本

    【西日本】子どもと行きたいグランピング場7選!大自然の中で今しかできない体験を

  7. 【京都】温泉やアクティビティ充実♡「HOTEL THE MITSUI KYOTO」でラグジュアリーな子連れステイ

  8. 【大阪】夏季限定ビアガーデン!「セントグレースヴィラ」のオシャレな空間で子供と楽しむビストロブッフェ

  9. 【東京】桜プランを満喫♡『ザ・プリンス さくらタワー東京』でママのご褒美子連れホテルステイ

  1. 【リリース】スヌーピー、トムとジェリー、すみっコぐらしの3種類の…

    2022.09.26

  2. 【イベント】ムーミンバレーパークにて冬季ナイトイベント『ムーミ…

    2022.09.12

  3. 【リリース】ブッキング・ドットコム、子どもと楽しめる宿泊施設5選…

    2022.09.09

  4. 【リリース】マリオットホテル ドッグフレンドリールーム 1周年記…

    2022.08.22

  5. 【愛知】「ヒルトン名古屋」サンリオキャラクターズと初コラボ! 秋…

    2022.08.08