泊まれるテーマパーク!長野県「白樺リゾート 池の平ホテル」で充実のリゾートライフ

長野県白樺湖にある「白樺リゾート」はホテルに遊園地、動物園、美術館やスキー場などを備えた巨大な総合レジャー施設。

このたび、リゾート内のホテル「白樺リゾート 池の平ホテル&リゾーツ」(以下「白樺リゾート 池の平ホテル」)が大規模工事を終えてリニューアルオープン!

5歳と4歳の子どもたちと滞在をしたので、益々魅力がアップしたホテルとアクティビティ満載のリゾートライフをご紹介します。

1日じゃ足りない!総合レジャー施設「白樺リゾート」の7つのエリア

長野県下一のレジャー施設である白樺リゾートは、広大な敷地に「森の遊園地エリア」「アミューズメントエリア」など7つの異なるエリアがあり、ホテルも併設する複合リゾートです。

レイクサイドガーデンで季節の花々を楽しむなど自然に触れることもでき、ファミリーにもとても人気があります。

1. 森の遊園地エリア

小さな子どもから楽しめる遊園地。
メリーゴーランドやジェットコースター、ゴーカートなど楽しいアトラクションがいっぱい!
身長制限がない乗り物が多く、100cm以上あれば保護者同伴でほとんどすべてのアトラクションに乗ることができます。

春~秋まで開業し、冬季は休園となります。(2023年は4月22日~11月19日営業。)

 

2. わくわくエリア

わくわくエリアには、約40種類の動物に会える「わくわくどうぶつ王国」、急流を進む「アドベンチャーカヌー」、アスレチックエリア「ポリーランド」があります。

また、夏季の限定期間で泡まみれになって遊べる水遊びエリア「ポタくんの泡ちゃぷひろば」も登場!
(2023年は7月15~17日、7月22日~8月21日営業。)

巨大なバルーンの滑り台も登場!森の遊園地のフリーパスで利用ができます。

3.森の美術館エリア

幻想的な光と影の世界を展示する「世界の影絵・きり絵・ガラス・オルゴール美術館」
世界最大規模を誇る「蓼科テディベア美術館」
期間限定展示「リサとガスパール絵本原画展」(2023年3月3日~2024年2月25日)も開催中。

世界15ヶ国・18のテーマに分かれて展示されているテディベア様は圧巻です。

 

 

4. アミューズメントエリア

「白樺リゾート 池の平ホテル」に直結するアミューズメントエリアでは、大きなウォータースライダーのある屋内温水プール、ゲームセンター、ボーリング場、プレイエリア「きっず×きっず」など、全天候で楽しめるアクティビティが満載。

ボーリング場には小さな子どもも楽しめるように専用スライダーも完備。
悪天候でもしっかり楽しむことができます。

 

5. レイクサイドガーデンエリア

白樺湖畔の四季折々の花を楽しめる高原リゾートの展望リフト(8~11月の指定日営業)があり、山頂には、ピーターラビットと仲間たちのいる「ピーターラビットの森」もあります。

白樺の絶景を眺めながら散策するのにぴったりです。

6. レイクサイドプラザ

展望リフトの向かいにあるレイクサイドプラザでは、お土産やキャラクターのショップやレストランがあります。

また、大人気のアニメ「プリキュア」シリーズの遊び場「わくわくランド」も人気!
テーマソングが流れる中、オフィシャルグッズで遊んだり、レンタル衣装に着替えてプリキュアになりきることができます。

リゾートのフリーパス券で利用できるので、遊園地と合わせて楽しめますよ。

そして、7つ目のエリアが、今回本館がリニューアルオープンした「池の平ホテル」!!
新しくなった新本館をご紹介します!

2023年4月オープン!「白樺リゾート 池の平ホテル」の新本館

「白樺リゾート 池の平ホテル」には、新本館、東館、アネックス館の3つの棟があり、新本館にはダイニング、大浴場、ショップなどが揃っています。

ロビーはスタイリッシュでラグジュアリーな空間。

客室は琉球畳を基調とした和モダンタイプ。

白樺湖を望むレイクビューのお部屋からはリゾート全体を一望できます。

バスタブ付きのウェットスペースは清潔感がありスタイリッシュなデザイン。

他にも、ビューバス付のスイートルームや、バルコニー付きのお部屋もあります。

日帰りもOK!「白樺リゾート 池の平ホテル」の混浴付きの展望大浴場

新本館とともに新しくオープンした樽ヶ沢温泉の大浴場「湖天の湯」。
日帰り温泉としても利用できます。

木曽檜を贅沢にあしらった「木の湯」と天然石を基調とした「石の湯」があり、男女入れ替え制で宿泊すると両方の温泉を楽しめます。

どちらも、サウナや露天風呂があり、開放的な空間で温泉を満喫できます。

また、それぞれの温泉から白樺湖を望む混浴エリアに直結!

家族全員で楽しめる混浴エリアは嬉しいですよね。
水着を着用するか、湯あみ着も無料でレンタルできます。(子どもは水着必須)

上階には展望サウナと水風呂もあります。

「白樺リゾート 池の平ホテル」のビュッフェレストラン

新本館にオープンした湖畔のレストラン「湖畔の風」では、地元食材を中心とした四季折々の味覚、彩り豊かなお料理を楽しめます。
その広さとメニューの充実さに感動すること間違いなし!

ジャンル別に屋台のようにビュッフェテーブルが並び、お寿司やステーキ、おつまみなどお祭りのような気分で楽しめます。

キッズゾーンには子どもの高さに合わせた低い位置に、子どもが喜ぶメニューが並びます。

ベビー向けには離乳食や調理バサミ、電子レンジも完備。

 

また、クラフトビールや各種ワインが揃うアルコールバーは、飲み放題コースも利用できます。

朝食には、各種おにぎりやうどんやパン、ラーメンなど子どもも大好きな充実のラインナップでした。

夕食と朝食はビュッフェですが、アラカルトのランチやアフタヌーンティーの利用もできます。

「白樺リゾート 池の平ホテル」で、泊まって楽しむリゾートステイ

遊園地やプールで遊びたい、美味しいごはんを食べたい、温泉で癒されたい。
子連れ旅でやりたいことすべてが叶う「白樺リゾート 池の平ホテル」。

今回は、昨年の冬に続き2回目の滞在でしたが、新しくなった新本館や遊園地で楽しさ倍増!!
是非新しくなったホテルで、リゾートライフを満喫してください。

日帰りでも利用できますが、きっと1日では足りないので、是非宿泊して楽しむのがおすすめです。

 

白樺リゾート 池の平ホテル
所在地:長野県北佐久郡立科町芦田八ケ野1596
TEL:0266-68-2100
アクセス:新宿駅から茅野駅まで特急で約2時間10分、茅野駅からシャトルバスあり(約40分)
新宿駅、名古屋駅の往復送迎バスあり。
料金:11,550円~/名(2名1室の場合、2食・税サ込)
※2歳以下は添い寝無料

取材協力:白樺リゾート 池の平ホテル

Remi

written by Remi(代表・編集長)

『LOVETABI Mama』代表・プロデューサー。一男一女の母。


関連記事

  1. グランレガロあさぎり 外観

    【静岡】富士山近くの「GRAN REGALO ASAGIRI」で子連れで快適グランピング

  2. ランドセル

    【ラン活】2023年度小学校入学の子どもがいるママパパ必見!人気のランドセル工房&メーカー7選

  3. 「オリエンタルホテル 東京ベイ」でベビープラン登場!初めての子連れ旅におすすめ

  4. Aquaventure

    【ドバイ】子連れにおすすめ!ドバイ最大のウォーターパーク「アクアベンチャー」と「ロスト・チェンバーズ水族館」

  5. ハイアットハウス金沢

    【金沢】自宅みたいに快適♡『ハイアットハウス金沢』でのリラクシングな子連れステイ

  6. ムーミンカフェ

    【東京】子連れで楽しむ「ムーミンカフェ・スタンド」♡ムーミンの世界を満喫しよう!

  7. ムーミンバレーパーク「5TH ANNIVERSARY」

    埼玉「ムーミンバレーパーク」の開業5周年を子どもと一緒にお祝いしよう♡

  8. 【東京】ザ・ストリングス表参道で楽しむビュッフェ「クリスマス in ニューヨーク」

  9. 【神奈川】川崎「ラ チッタデッラ」で開催されるミモザの祭典♡「MIMOSA FESTA 2021」体験レポート!

  1. 6月30日まで!シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル「スペ…

    2024.06.06

  2. 「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」

    【6月6日開業】ラグジュアリー感あふれる「ファンタジースプリング…

    2024.05.27

  3. 「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」

    【6月6日開業】夢の続きを叶える「ファンタジースプリングスホテル…

    2024.05.26

  4. かわいすぎる♡「イーブイフレンズ アフタヌーンティー」が全国9都市…

    2024.05.26

  5. 「ザ ストリングス 表参道」にて親子で楽しめるピーターラビット™ …

    2024.05.17