オールインクルーシブサムネイル

【全国】家族で楽しめるオールインクルーシブホテル7選!

コスパ旅を狙って宿泊費を抑えたのに、結局散財したなんてことはありませんか。
家族旅行に行くと、おやつに飲み物、食事にアクティビティーと、何かと出費がかさみます。
そこで、食事やサービスなどすべて宿泊料金に含まれたオールインクルーシブホテルで過ごすのはいかが。

今回は全国のオールインクルーシブホテルを紹介します。

家族旅行でオールインクルーシブ①『クラブメッド・石垣島 カビラ』(沖縄県)

(出典:クラブメッド・石垣島 カビラ

『クラブメッド』は世界24カ国、約75ヶ所に展開しているオールインクルーシブのリゾートホテル。日本には、沖縄県石垣島に1軒と北海道に2軒(トマム、サホロ)の3軒があります。

『クラブメッド・石垣島 カビラ』のオールインクルーシブに含まれる内容

(出典:クラブメッド・石垣島 カビラ

『クラブメッド・石垣島 カビラ』は東京ドーム約4個分におよぶ敷地の中で、アクティビティーが豊富に用意されています。

旅行代金に宿泊費・食事・ドリンク・アクティビティ・スポーツレッスン・キッズプログラムまで含まれ(一部有料あり)ます。
4〜10才の子どもを預けられる「ミニクラブ」もオールインクルーシブのため、旅行中様々なコストを気にすることなくストレスフリーで満喫できファミリーには好評です。

ホテルスタッフでもある国際色豊かなG.O(ジェントル・オーガナイザー)はクラブメッドだけに存在し、様々なアクティビティを一緒に体験することができるのも魅力の一つ。
シュノーケリングやSUPなど30 種類の無料アクティビティを体験できます。
また、クラブメッドのビーチのすぐ近くにマンタと出会える「マンタスクランブル」とよばれる人気のダイビングスポットもあり17 種類のオンデマンド・アクティビティ(有料) もあります。

また、石垣島ならではの沖縄料理をはじめ、フレンチ、グリル、アジア、エスニックなど多彩なビュッフェメニューがあり、毎日さまざまなメニューを存分に楽しむことができます。

(出典:クラブメッド・石垣島 カビラ

 

『クラブメッド・石垣島 カビラ』の客室

(出典:クラブメッド・石垣島 カビラ

総客室数は181室。お部屋のタイプは4種類で、こちらのお部屋は52㎡のスイートです。
コネクティングルームを利用すればママ友旅や三世代旅行にもぴったりです。

クラブメッド・石垣島 カビラ 
住所:沖縄県石垣市平石崎1
tel :0088-21-7008(バカンスダイヤル)
料金:24,000円~(1人当たり・税込価格)※シーズンによって異なる

家族旅行でオールインクルーシブ②『クラブメッド・北海道 トマム』(北海道)

(出典:クラブメッド・北海道 トマム

『クラブメッド・北海道 トマム』は涼しく快適な北海道の夏を満喫できるプレミアムマウンテンリゾート。
大自然を生かした豊富なアクティビティや厳選された道産食材を贅沢に使用した食事が充実しています。

『クラブメッド・北海道 トマム』のオールインクルーシブに含まれる内容

(出典:クラブメッド・北海道 トマム

『クラブメッド・北海道 トマム』のオールインクルーシブは『クラブメッド・石垣島 カビラ』と同様に、旅行代金に宿泊費・食事・ドリンク・アクティビティ・スポーツレッスン・キッズプログラムまで含まれ(一部有料あり)ます。ミニクラブの利用や、G.Oとのアクティビティ体験も含まれ、サマーシーズンには北海道をテーマにした夏のスペシャルプログラム「Feel Hokkaido Festival」や、日替わりのファミリープログラムなど飽きることのない充実した内容です。
ミニクラブは、7月より4~10歳に養われる「非認知能力」に注目し、専門家の意見も取り入れ楽しく遊びながら子供たちの可能性を最大限に引き出すプログラムにリニューアルしました。

星野リゾート トマムが運営するミナミナビーチ、大浴場、雲海ゴンドラ(1回のみ)もオールインクルーシブで利用できます。

メインレストランでは、北海道ならではの食材を用いて和食やフレンチ、イタリアン、中華、エスニックをライブクッキングでご提供しています。
メインバー「UNKAI」は好きな時にドリンクやスナックをオーダーできます。また、夜は劇場にもなりG.Oによるショーを楽しむことが出来ます。

(出典:クラブメッド・北海道 トマム

『クラブメッド・北海道 トマム』の客室

(出典:クラブメッド・北海道 トマム

『クラブメッド・北海道 トマム』のスーペリアルームは、プラス料金なしのリーズナブルなお部屋です。
アクティビティが盛り沢山なのでお部屋で過ごす時間はほとんどなく、寝るだけには十分な広さ他にもスイートなど様々なお部屋が充実しています。
滞在スタイルに合わせて客室選びをするのも良いですね。

クラブメッド・北海道 トマム
住所:北海道勇払郡占冠村中トマム2171−2
tel :0088-21-7008(バカンスダイヤル)
料金:24,000円~(1人当たり・税込価格)※シーズンによって異なる

家族旅行でオールインクルーシブ③『THE KEY HIGHLAND NASU(ザ キー ハイランド ナス)』(栃木県)

キーハイランドナス 内観

(出典:THE KEY HIGHLAND NASU)

 

『THE KEY HIGHLAND NASU』(以下「ザ キー ハイランド ナス」)は好きなように楽しめるオールインクルーシブホテル。
食事にドリンク、クアガーデンにカラオケ…施設内のアクティビティはどれも宿泊代に含まれているので、一歩足を踏み入れれば、食事も、遊びも、空間も、自由に気ままに過ごせるホテルです。

「ザ キー ハイランド ナス」のオールインクルーシブ

キーハイランド那須の料理

(出典:THE KEY HIGHLAND NASU)

「ザ キー ハイランド ナス」では那須高原が育てた「食」をたっぷりと堪能することができます。
那須高原の新鮮な食材を中心に、和洋さまざまなジャンルが一面に並びます。

思い思いの場所で「食」が楽しめるのも魅力の一つ。

季節を問わず楽しめる全天候型クア施設は、水面に浮かぶのはもちろん、フリードリンクを片手にガゼボで寛いだり、夜のライトアップ後はナイトプールを満喫したり、リゾート気分をさらに盛り上げます。
キーハイランド那須の施設

(出典:THE KEY HIGHLAND NASU)

「ザ キー ハイランド ナス」の客室

キーハイランド那須のお部屋

(出典:THE KEY HIGHLAND NASU)

客室は6タイプ。
スイートタイプAのお部屋は旅をさらなる贅沢へと誘うプライベートテラスや天然湯をひいた露天風呂のある50平米のお部屋です
この部屋で過ごせば鳥のさえずりや木々と風が響き合う音が一層美しく聞こえてきます
自分の別荘を訪れたように自由に時間を過ごしてみてはいかが。

THE KEY HIGHLAND NASU(ザ キー ハイランド ナス)
住所:栃木県那須郡那須町高久丙3243-342
tel:0287-77-7000(代表)
料金:17050円〜(1人当たり、朝夕食付き)

家族旅行でオールインクルーシブ④『八ヶ岳ホテル 風か』(山梨県)

(出典:八ヶ岳ホテル風か)

「風か」のオールインクルーシブに含まれる内容

(出典:八ヶ岳ホテル 風か)

「風か」ではオールインクルーシブをテーマにした自由で快適なステイを楽しめます。まずチェックイン時はプレミアムモルツ他ウエルカムドリンクや、焼きたてピザのウェルカムサービスから始まります。

食事は、ここでしか味わえない旬の素材を使用した逸品のフレンチに山梨県産ワインを中心に50種類フリードリンク。

地元ウイスキーハイボールなどフリードリンクのナイトバーに、温泉の後のアイスキャンディーサービスなど、数々の驚きのサービス。

(出典:八ヶ岳ホテル 風か)

おもちゃや工作いっぱいのキッズルームに選べる色浴衣や作務衣。大人も子どもも家族全員がおもてなしを受けることができます。

街の光が遮られた空間で、星と月が降るような森の中のリゾートに身を委ね、ゆったりと癒しのひと時を。

「風か」の客室

(出典:八ヶ岳ホテル 風か)

「風か」には10趣のお部屋があり、ちょっと贅沢な滞在を叶えるワンランク上のお部屋や旅館のような和室などが揃っています。
こちらの星見ジャグジースイートルームは2020年春にリニューアルしたばかりのおしゃれな洋風スイート。80㎡のモダンな雰囲気の客室で、ベッドスペースのほかに畳スペースやダイニングもあるとても贅沢な造りです。

家族みんなで素敵なおもてなしの数々を体験してみてください。

八ヶ岳ホテル 風か
住所:山梨県北杜市小渕沢町字上の原3989−1
tel:0551−36−6414
料金:17,000円〜(1人当たり、朝夕食付き)

家族旅行でオールインクルーシブ⑤『アンダリゾート伊豆高原』(静岡県)

(出典:アンダリゾート伊豆高原

『アンダリゾート伊豆高原』(以下「アンダ」)はバリ島のプライベートホテルをイメージしたホスピタリティのある温泉リゾートとしてオープン。
伊豆高原は海、山とも絶景ポイント多数で、リゾート気分を思う存分楽しめるホテルです。

「アンダ」のオールインクルーシブに含まれる内容

 

(出典:アンダリゾート伊豆高原

「アンダ」の夕食は、地元直送の新鮮な魚介類や季節の旬な食材を組み合わせたフレンチとジャパニーズの合作コース。焼きたてパンと80種類以上のフリードリンクが揃っています。

「アンダ」名物「お夜食&バータイム」も充実。バーカウンターでは伊豆グルメコーナーや人気のお夜食ラーメン・グリーンカレー等があり、アルコールやソフトドリンク等も楽しめます。

また、無料の「貸切風呂」が10箇所もあり温泉湯巡りが楽しめ、カラオケ・ビリヤード・卓球・ボルダリングやマシュマロ焼き・朝ヨガ体験なども全て宿泊費に含まれるオールインクルーシブホテルになっております。

(出典:アンダリゾート伊豆高原

「アンダ」の客室

(出典:アンダリゾート伊豆高原

バリの調度品に囲まれた客室は異国情緒たっぷり。
家族・夫婦・グループ旅行など目的に応じてお好みのお部屋を選んで、ゆっくりとしたステイを楽しんでくださいね。

アンダリゾート伊豆高原
住所:静岡県伊東市八幡野1133
tel:0120759026
料金: 19,800円~(1人当たり)スタンダートプラン  1泊3食 飲み放題付き

家族旅行でオールインクルーシブ⑥『世界遺産リゾート熊野倶楽部』(三重県)

熊野倶楽部外観

(出典:世界遺産リゾート 熊野倶楽部

遺産熊野古道で有名な熊野に溶け込む里山リゾート『世界遺産リゾート 熊野倶楽部』(以下「熊野倶楽部」)は、全室スイートのオールインクルーシブ施設。
熊野古道や鬼ヶ城から車で15分、花の窟神社から車で10分と観光にも便利な立地にある歴史と文化が詰まった空間です。

「熊野倶楽部」のオールインクルーシブに含まれる内容

熊野倶楽部食事

(出典:世界遺産リゾート 熊野倶楽部

三重はかつて、朝廷へ食を献上し「御食国(みけつくに)」と称されるほど美味しいものがたっぷり。
豊富な海の幸や、肥えた大地にめぐまれた美味しい食材を堪能できる夕食が準備されます。
松坂牛、伊勢海老を使った御食国懐石など3種類のコースから選べます。

アフタヌーンティーは、マカロンや焼きたてのマフィン、季節野菜のキッシュなど紅茶やコーヒーと共に楽しめるラインナップです。

(出典:世界遺産リゾート 熊野倶楽部

「熊野倶楽部」の客室

熊野倶楽部部屋

(出典:世界遺産リゾート 熊野倶楽部

古民家風の別荘、木の香りと温もり溢れる客室リゾートの客室は、はなれ(コテージ)とホテル(宿泊棟)タイプの2種類。

満月庵(まんげつのいおり)は、「熊野倶楽部」の最上級の客室で、その広さは80平米。
熊野杉を贅沢に使用した木の温もりに溢れる造りになっています。
広々リビングには、ソファテーブルに畳敷きの座卓もあります。露天風呂もあり、バルコニーには、湯上がりにくつろげるベンチまで。木の香りを楽しめる露天風呂は、大人2人が入れる広さがあり、贅沢な空間です。

世界遺産リゾート 熊野倶楽部
住所:三重県熊野市久生屋町1430
tel:0597−88−2045
料金:39000円〜(1人当たり)朝夕食付き

LOVETABIMama記事【三重】熊野の自然派リゾート「里創人 熊野倶楽部」で別荘気分のデトックス旅

家族旅行でオールインクルーシブ⑦『THIRD石垣島』(沖縄県)

サード石垣島ソファ

(出典:THIRD石垣島)

『THIRD石垣島』(以下:サード石垣島)は、石垣島を包み込む瑠璃色の海と空、温暖な気候で育った豊かな自然、個性あふれる八重山諸島の文化、都心では味わえない魅力や癒しを感じながらオールインクルーシブステイで過ごす贅沢なひとときを過ごせるホテルです。

ホテル内での食事、アルコールを含むドリンク、シーシャ ・フィットネスなどのアクティビティが何度でも楽しめます。

「サード石垣島」のオールインクルーシブに含まれる内容

サード石垣島 ルーフトップ

(出典:THIRD石垣島)

離島の余韻が残る非日常な空間の「サード石垣島」。
石垣ブルーの海と空を見渡せるルーフトップテラスでは、朝は心地良い太陽の下でブレックファーストを、夜はドリンクを片手に星空を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。
このほか、ブックラウンジや、カフェバーラウンジなど喧騒を離れたゆったりとした豊かな時間を過ごせる施設が整っています。

 

島豆腐ハンバーグのロコモコなどカフェスタイルの食事や、焦がしパインの泡盛など沖縄ならではの食事やアルコールなどを楽しむことができます。
沖縄や石垣島産の食材を活かしたここだけでしか味わえない食事やオリジナルカクテルを楽しんで。

サード石垣島

 

「サード石垣島」の客室

サード石垣島客室

(出典:THIRD石垣島)

客室数は28室(ロフトルーム 21室・スイートルーム3室・ツインルーム3室)。
遊び心あるファミリールームは、大切な友人やご家族とのステイを楽しみたい方のために準備され、同じ部屋で過ごす時間は、旅の時間をより上質に彩ります。

THIRD石垣島
住所:沖縄県石垣市美崎町4−7
tel:098−083−6366
料金:17120円〜(1人当たり)オールインクルーシブ

家族旅行でオールインクルーシブホテル滞在を満喫

(出典:THIRD石垣島)

食事やアクティビティなど、家族旅行で思い切りホテルステイを満喫できるオールインクルーシブホテル。
ぜひ今度の家族旅行で検討してみてくださいね。


関連記事

  1. ストリングスホテル名古屋ハーマンテディ

    【愛知】魅惑のハーマンテディベアルーム♡『ストリングスホテル 名古屋』のコンセプトルームで子連れステイ

  2. 【横浜】今話題の注目スポット!大人も子供も喜ぶ「うんこミュージアム」の魅力とは?

  3. 【パスポート】子連れ海外デビューの前に!子供のパスポートの取得方法

  4. フサキビーチリゾート プール

    【沖縄】石垣島最大級のプールが魅力!『フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ』で子連れホテルステイ

  5. Zentis Osaka 客室

    【大阪】上質なデザインやおもてなしの『Zentis Osaka』で子連れステイ

  6. 【おうち時間】子供と一緒におうちで楽しむアイテム30選【1〜3歳】

  7. 【石川】山代温泉「星野リゾート 界 加賀」の露天風呂付き客室で過ごす癒し旅

  8. 【埼玉】大自然と可愛いムーミンの世界に浸る♡『ムーミンバレーパーク』に子連れでお出かけ

  9. 【家事】忙しいママにおすすめ!家事代行サービスで家のお掃除体験レポート

  1. 【愛知】「ヒルトン名古屋」サンリオキャラクターズと初コラボ! 秋…

    2022.08.08

  2. 【長野】標高1,770mの雲上SORA terrace cafeリニューアルオープン…

    2022.07.09

  3. 【ランキング】心惹かれる「天空カフェ・テラス」ランキングが「じ…

    2022.06.27

  4. 【イベント】「インセクトランド」の世界で遊んで学ぶ昆虫目線の屋…

    2022.06.26

  5. 【リリース】日本最大級の二大レジャー施設が『すべりゾート共同宣…

    2022.06.23