アシズリテルメ

【高知】「Dot Glampingアシズリテルメ」で四国の大自然と絶景を感じる子連れステイ

高知県を代表する絶景スポットであり、四国最南端の地である足摺岬。

目の前に太平洋を一望し、温泉に癒され、高知の恵みを味わえる四国最南端リゾートホテル「Dot Glampingアシズリテルメ」へ4歳の息子と行き、足摺の海を学べる足摺海洋館「SATOUMI」と共に満喫してきました!

国立公園内にあり、大自然と絶景を全身で感じる滞在の様子をお伝えします。

四国最南端リゾートホテル!「Dot Glampingアシズリテルメ」とは

アシズリテルメ・外観

以前より国民宿舎として親しまれてきた「足摺テルメ」が、2021年11月にリブランドして「アシズリテルメ」として生まれ変わりました。

リニューアル後は、ホテル、そしてグランピング施設として楽しめるラグジュアリーリゾートとして評判です。

足摺岬の崖に沿うように立っており、眼下には太平洋を一望。

アシズリテルメ

天然ラドン温泉の大浴場を備え、高知の恵みをいただけるディナーコースも人気です。

ホワイトを基調とした施設内は、とても明るい空間。

アシズリテルメ

海辺の洞窟のようなトーンと岬の灯台や断崖を彷彿させるデザインのレセプションでは、旅の疲れをほっと癒せます。

アシズリテルメ

チェックインは、レセプションにてLINEを読み込んでデジタルで!

アシズリテルメ

ギフトショップでは、高知ならではのお土産をも揃います。

アシズリテルメ

「アシズリテルメ」へのアクセス

アシズリテルメ

「アシズリテルメ」は高知県の西側、四国最南端に位置する足摺岬にあり、実は簡単に行ける場所ではありません。

飛行機で高知県まで行く場合、到着後、高知龍馬空港から車で約3時間半。
愛媛県の松山空港からも車で約3時間半〜4時間ほどのドライブです。

電車の場合、高知駅から中村駅まで向かい、そこから足摺岬まではバスと電車が出ています。
高知駅からの所要時間は約3時間50分。

高知県内の移動だけでも約3〜4時間、県外から訪れる場合はさらに時間がかかりますが、それだけの絶景とリトリート体験が待っている、足を運ぶ価値のある場所です。

子どもとドライブする場合、トイレの心配や車でぐずらないか不安になりますよね。
高速道路は高知空港から最初の1時間程度で、その後は下道をずっと行きます。
道中には道の駅が点在しているので、道の駅でトイレ休憩をとったり、軽食を食べながら向かうのがおすすめです。

太平洋を一望!「Dot Glampingアシズリテルメ」でグランピング

アシズリテルメ

「アシズリテルメ」には、グランピング施設「Dot Glampingアシズリテルメ」も併設されており、ドームテントでのグランピングも楽しめます。

ドーム型テントで海と空と一体感!

アシズリテルメ

大きな窓からキラキラと輝く太平洋を望むグランピングドーム。

冷暖房完備で、季節を問わずドーム内では快適に過ごせます。

ドーム内にはシングルサイズのベッドが2台並び、定員は大人2名。

アシズリテルメ子どもは添い寝可能なので、ファミリーで絶景グランピングを楽しめます。
私たちがお伺いしたときは夏らしい爽やかなファブリックがベッドを彩っていました。

ドーム外には、パノラマ絶景を望めるテラスがあります。

アシズリテルメ

ハンギングチェアもあり、滞在の大半はこのテラスでのんびりしながら過ごしました。

また、BBQコンロは1台4,400円でレンタル可能!

アシズリテルメ

食材は持ち込めるので、自由にBBQも楽しめます。

アメニティ・アイテム

アシズリテルメ

グランピングドーム内には、コーヒーセットやスピーカーがあり、滞在をより自由に快適にしてくれます。

アシズリテルメ

また、館内で着れるルームウェアと小さなカゴバッグがあり、大浴場に行くにも便利です。

バスアメニティはシャンプー、コンディショナー、ボディーソープにボディクリームなどが揃います。

アシズリテルメ

アメニティ
歯ブラシ / 剃刀 / クシ / 綿棒 / バスタオル / ハンドタオル / ボディーソープ / シャンプー / コンディショナー / ボディクリーム / ドライヤー / メイク落とし / ルームウェア

子ども用にはスリッパや歯ブラシをご用意いただきました。
ルームウェアはないので、自宅から忘れずに持参しましょう。

その他、サーキュレーターやハンディライト、虫除けスプレーなど、外に出ることの多いグランピングでも快適に過ごせるような配慮もされています。

アシズリテルメ

「アシズリテルメ」の天然ラドン温泉旅の疲れを癒して

アシズリテルメ

1,200年前に弘法大師が疲れを癒していたという言い伝えがある、あしずり温泉郷。
「アシズリテルメ」では、グランピング利用でもこの天然ラドン温泉を楽しめます。

天然ラドン温泉は入浴や吸入によって神経痛や高血圧などに効果があると言われていて、旅の疲れをゆっくりと癒せます。

海を感じながら入れる露天風呂も格別の気持ちよさ。

アシズリテルメ

滞在中、好きなだけ入れるのが嬉しいですね。

グランピングドームの場合、お風呂とトイレはホテル内の施設を共用ですが、大浴場は脱衣所もとても広く、お風呂上がりもゆっくりと湯冷ましでき、トイレもホテル内の清潔なトイレを使えるので安心です。

アシズリテルメ

また大浴場の前には、カラダを休められる湯上がりどころがあり、大人も子どもも楽しめるブックラウンジになっています。

アシズリテルメ

高知県にゆかりのある作家さんの絵本が並んでいたり、高知の自然や歴史に関する書籍も多数。

アシズリテルメ

グランピングドームだけではなく、このようにホテル内も自由に使えるのは嬉しいですね!

アシズリテルメ

洗練された空間が印象的な「アシズリテルメ」のレストラン

「アシズリテルメ」の施設の中で私が一番気に入った空間が、レストラン。
洗練されたインテリアと、白いファブリックが印象的です。

夜と朝とで全く違う表情を見せてくれるのも、滞在するからこそ分かる醍醐味。

広い空間に、白いファブリックで区切られた個室になっているので、周りの目を気にすることなく、家族でゆったりと食事の時間を過ごせます。

足摺の恵みをいただくディナーコース

ディナーは、地元の旬の食材を使ったイタリアンのコース料理をいただきました。
「アシズリテルメ」ではグランピングを楽しみながらも、本格的なディナーをいただけるのが魅力です。

前菜

前菜には、冷製ミネストローネ、野菜スティック・高知の蓮芋をアボガドと醤油の実のディップでいただきました。

蓮芋は高知県の郷土料理にも用いられる野菜。
想像していた芋とは違いましたが、しゃきしゃきとした食感を楽しめました。

冷菜

冷菜には足摺岬の沖で獲れたカンパチのカルパッチョを。
獲れたての新鮮なカンパチは絶品でした!

メイン

メインには、同じ四国の香川県産オリーブ牛のサーロインステーキをいただきました。
オリーブを食べて育ったお肉は甘みがあり、柔らかな食感に舌鼓。
わさびの効いたソースもピリッとスパイシーで、お肉との相性が抜群でした。

パスタ

パスタはフジッリのジュノベーゼ。
香り高いバジルソースが、ショートパスタとよく絡んだ贅沢な味わい。

デザート

デザートにはグレープフルーツとオレンジのガスパチョをいただきました。
一緒にいただいたのは、土佐ジローの濃厚玉子アイス。

柑橘系のさっぱりとしたガスパチョと、土佐ジローの濃厚な味わいの玉子アイスのバランスが良い幸せな一皿のデザートでした。

キッズプレート

子どもには、キッズプレートをご用意いただきました。
新鮮な野菜を使ったサラダに、子どもの好きなハンバーグ、エビフライなど、とても充実したメニュー。

キッズプレートのご飯は白米以外にチキンライスも選べます。

デザートにはアイスもいただき、息子もお腹いっぱいに。

選べる朝食BOX

朝食は和食と洋食を選び、BOXスタイルでいただきます。
BOXではありますが、和食では温かいお味噌汁、洋食では温かいスープも一緒に。

BOXで持ち運びができるので、お天気が良ければ客室のテラスでいただくのも◎。

今回は雨が降っていたこともあり、レストランでいただきました。
レストランもディナータイムとは違って、光いっぱいの朝日が優しい空間に。

栄養たっぷりの朝ごはんで、朝から元気に過ごせます。

「アシズリテルメ」の子どもと自然を体感するアクティビティ

今回は、足摺の海の魚が展示されている高知県立足摺海洋館「SATOUMI」へお出かけできるプランで宿泊しました。
2日目、チェックアウト後は、四国最南端の地である足摺岬と、「SATOUMI」へ自然を体感しにお出かけ!

四国最南端の地!足摺岬

せっかくなので、「アシズリテルメ」から足を伸ばして足摺岬まで行ってみました。
足摺岬までは車で10分くらいで行くことができます。

駐車場に車を停めたら、歩いて岬の本当に先端まで。
そこからは、何一つ遮ることのない太平洋を一望できます。

足摺岬には、四国八十八か所巡礼の第38番札所である金剛福寺も。
お遍路さんも多く、不思議な空気感を感じる場所です。

土佐清水の海を再現!高知県立足摺海洋館「SATOUMI」

「アシズリテルメ」から約40分ほどのドライブで、竜串湾にある高知県立足摺海洋館「SATOUMI」へ。

足摺の森、川を経て太平洋沿岸から、外海・深海へと繋がっているような展示構成になっています。

足摺岬のある土佐清水市の沖合には暖流の黒潮が流れていて、沿岸もその影響を大きく受けています。
目の前の竜串湾にはサンゴ礁が広がり、ビーチにはウミガメが産卵にきます。

そんな土佐清水の海の生態系を再現した展示水槽は、そのサイズ感も圧巻!
約350種15,000点の生き物たちを展示しています。

ウミガメの水槽にも息子は釘付けでした!

規模の大きい水族館ではないですが、土佐清水の生態系や自然を学べるクオリティーの高い水族館で、子どもも大人も楽しめるはず!

高知県立足摺海洋館
住所:高知県土佐清水市三崎4032
TEL:0880-85-0635
入場料:大人 1,200円 / 子ども(小学生〜高校生) 600円 / 未就学児 無料

「アシズリテルメ」で高知の自然と絶景を全身で感じて

なかなかアクセスが大変な足摺の地。
東京から来ようとすると、飛行機、ドライブと半日以上かかることも覚悟しなくてはなりません。

でも、来る価値のある自然と絶景を堪能できる希少な場所です。
子どもにとっても、普段と違う環境や景色を体験できるのは貴重な機会です。

そんな足摺の地にある「アシズリテルメ」は、絶景もおいしい高知の恵みも、そしてこの土地ならではの温泉も揃った四国最南端のリゾート。

ぜひ、ここでしか味わえない、高知の自然と絶景に抱かれる時間を過ごしてみませんか?

Dot Glampingアシズリテルメ
住所:高知県土佐清水市足摺岬字東畑1433-3
TEL:0880-88-0301
アクセス:高知龍馬空港より車で約3時間半 / 高知駅より電車で約3時間50分
料金:16,750円〜 / 名(1ドーム4名利用時・1泊2食付き・税サ込)
※子どもの添い寝は5歳まで無料

取材協力:アシズリテルメ

written by Kiwako(ディレクター)

【LOVETABI Mamaディレクター】主なテーマ :子連れ旅・子連れお出かけ・ママ美容


関連記事

  1. 【イタリア】インスタグラマー中川珠里の親子三世代で旅するイタリア アマルフィ・ローマ

  2. ディズニー・グランド・カリフォルニアン・ホテル&スパ

    本場ディズニーリゾートに子連れステイ!『ディズニー・グランド・カリフォルニアン・ホテル&スパ』

  3. マウントジーンズ那須

    【栃木】子連れ・犬連れで楽しむ マウントジーンズ那須「那須ゴンドラ」

  4. 子連れ旅行便利な持ち物

    【旅の準備】意外と知らない!?子連れ旅行に便利な持ち物・ホテル宿泊前の事前チェックで旅がもっと快適に!

  5. マリーアントワネットルーム

    【愛知】『ストリングスホテル 八事 NAGOYA』のマリー・アントワネット〜コンセプトルーム〜で子連れホカンス

  6. 【家事】忙しいママにおすすめ!家事代行サービスで家のお掃除体験レポート

  7. 【東京】「青山VINO BUONO」で可愛いアリスのクリスマスアフタヌーンティー&デザートビュッフェ♡

  8. 【東京ディズニーリゾート】絶対会える♡シェフミッキーで人気キャラクターと触れ合おう

  9. ノルン水上スキー場

    【関東近郊】キッズパークのあるスキー場7選!子連れに嬉しい充実の施設で雪遊びデビューを応援

  1. 【リリース】スヌーピー、トムとジェリー、すみっコぐらしの3種類の…

    2022.09.26

  2. 【イベント】ムーミンバレーパークにて冬季ナイトイベント『ムーミ…

    2022.09.12

  3. 【リリース】ブッキング・ドットコム、子どもと楽しめる宿泊施設5選…

    2022.09.09

  4. 【リリース】マリオットホテル ドッグフレンドリールーム 1周年記…

    2022.08.22

  5. 【愛知】「ヒルトン名古屋」サンリオキャラクターズと初コラボ! 秋…

    2022.08.08