【神奈川】奥湯河原の泊まれる料亭温泉宿「海石榴 つばき」の露天風呂付き客室で特別な記念日を

子連れ旅行は、子供がどう楽しむかを最優先しがちですが、
ママだってたまにはのんびり特別な時間を過ごしたいですよね。

今回訪れたのは、神奈川県の奥湯河原にある海石榴 つばき
奥湯河原の山間の中に佇む、数寄屋造りの旅館です。

4歳の息子と一緒に、優雅な記念日を過ごさせていただきました。
品のある宿に小さい子供を連れて行っても大丈夫なのかな、と心配なママにもぜひ読んでいただきたいです☆

「海石榴 つばき」の日本風情あふれる佇まい

湯河原駅から旅館までバスで約20分。
ス停の向かいにある坂を少し上ると、旅館の入り口があります。

ちょっと傾斜のある坂なので、ベビーカー利用の際は気を付けてくださいね。

玄関前でバスの時間にあわせて待っててくださるのは、日本のおもてなしを感じます。
日本旅館ならでは!!


趣のある木製の扉と石畳が敷き詰められた入口は日本の趣を感じ、心が落ち着きます。

玄関を上がると、広い玄関ホールがあります。


左側には長い木製ベンチが置かれているので、荷物を置いたり整理したり、チェックアウトの間に一休みをしたりすることができます。

チェックインは、奥にあるロビーで手続きを行います。


広くて高級感があり、すでに華やぎモードです‥☆

ここでの女将さんと仲居さんとスタッフの方のお出迎えは、旅の疲れを癒すためだそう。
これも素敵なおもてなしです。

チェックインをしながら、お抹茶と和三盆の和菓子がいただけます。


息子は、和三盆の和菓子(落雁)に初挑戦!
旅に出ると普段口にしたことのないものに出会えるので、新たな発見&挑戦になります。


建物は決して新しいわけではありませんが、手入れが行き届いていて木造建築ならではの美しさがありました。

ゆったり寛げる「海石榴 つばき」の露天風呂付き客室

本館~空蝉(うつせみ)~


宿泊したのは、和室二間露天風呂付客室の空蝉(うつせみ)。
12畳+副室4.5畳で、広々としています。
客室の名前は全て椿の種類の名前だそうです!

純和風の本間に、緑あふれる景色と池に囲まれた、プライベート空間たっぷりのお部屋。
日常生活から解放された気分で、遠くに来たのかと思ってしまうくらいの静かな場所です。

テーブルには、お茶と和菓子が用意されていました。
きんつばのようなこの和菓子は売店でも販売しています。宿の名前が入っているので、お土産に最適です。

客室専用露天風呂


感動してしまった、客室専用露天風呂。この広さ!!
客室専用露天風呂は意外と小さいことが多いですが、こちらは子供と一緒に入っても十分ゆったり。
そして、お風呂に入りながら池と緑を眺められるこの景色がなんとも贅沢でした。

入浴中、息子が「あ・・・あれ・・・!」と何かを指さしその先を見てみると、
なんとタヌキが!!思わぬ珍客です!!自然がたくさんある証拠ですね。


専用露天風呂横の広めのウッドデッキでは、子供と一緒に生き物探しをしました。
鯉やあめんぼがいて、沈まないあめんぼに息子は興味津々!

柵がないので、そのまま落ちないように注意してください。

椿柄でそろえられたアメニティ


アメニティは、旅館のシンボルになっている、椿でそろえられていました。
客室にあるコーヒーカップと、この上にかかっていた風呂敷も椿の柄でした。


ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオルも全て、椿の刺繍が入っています。
右のアヒルの布ポーチの中には、子供用フェイスタオルと子供用歯ブラシが入っていました。
バスタオル・フェイスタオルはたっぷり用意されていたので、何度客室露天風呂に入っても安心です!

人気ブランドのアメニティ貸し出し

女性に嬉しい、選べるアメニティ!
用意されているのは、

【海外ブランド】
・ロクシタン(フランス)
・アロマテラピーアソシエイツ(イギリス)
・アーカイブ(アメリカ)
・ギルクリスト&ソームス(アメリカ)
【国内ブランド】
・ミキモトコスメティックス

いずれもシャンプー、コンディショナー、ボディーソープの3点セットです。
数に限りがあるので、チェックインしたら早めにお願いしましょう。

その他、電気製品や日用品の貸し出しメニューが豊富!!


事前に把握しえておくことで、荷物を減らせるのは子連れ旅には大きなメリット。
せっかくなので貸し出しサービスを活用してくださいね!

息子は子供用ゆかた・スリッパ・タオルセットを借りて大喜び。

大人と同じが嬉しかったようです。

料亭旅館「海石榴 つばき」ならではの絶品お料理を部屋食で堪能

季節感じるお料理


「海石榴 つばき」では、夕食・朝食ともに部屋食です。
子供が小さいとあちこち動き回るので、レストラン食だと大変なことも。
部屋食なら、パパママもゆっくりお食事をとることができます。

お料理は、四季ごとに変化する食材を最大限に活かしています。
地元の新鮮な食材が使用され、素材・器・調理法、そして季節のあしらいを存分に味わえるのが、料亭旅館ならではのお楽しみです。

誕生日だったので、お祝いのお赤飯と女将さんからのメッセージカードをいただきました。
心温まる嬉しいプレゼント☆


↑このお刺身は大人用ですが、お子様料理もお刺身が提供されます!


すっぽんんのつみれ鍋。
やわらかいので、子供にも分けてあげられます。

ご飯は一部屋ごとに土鍋で炊いて出されます。
ふっくらツヤツヤしていてすっごく美味しくて、お米好きの息子はお代わりをしていました。
底にはおこげができているので、土鍋でしかできない食べ方ができます。

デサートは、季節のゼリーと日向夏シャーベットと餅の3種類が出ました☆

お子様料理


まずはこの大皿!食欲がもりもり湧いてきます・・・!
子供の大好物ばかりで息子は黙々と食べ進めていました!
この後は、お刺身とお吸い物が出てきました。

デザートは、大きなプリン&フルーツパフェ!

4歳の息子にとっては全体的に多めの量でしたが、食べられるものが多かったのでお子様料理を別途注文しておいて大正解でした!

文豪も愛した湯河原の湯

大浴場


湯河原の湯は、無色透明で柔らかい泉質。肌に潤いを与えてくれます。
周りの石は伊豆石で縁どられていて、大浴場の大きな窓からは日本庭園を見ることができます。
洗い場は個々に仕切りがあるので、子供が隣の人の迷惑になることもありませんでした。
設置されているシャンプー・トリートメントは宿のSPAブランドのものでいい香りがします。
ここでしか試せないので、ぜひ使ってみてください。

露天風呂


露天風呂も緑に囲まれ、見上げれば遠く山が見えます。
横には池があり、まさに日本庭園の中の露天風呂。

入浴の際、子供が暴れたり騒いだりして周りに迷惑をかけないか心配だなと思う方は、
集中している食事時間帯に入るのがおすすめです。
その分、自分たちの食事時間はあとにずらすので少し遅くなってしまうのですが、可能な方にはおすすめです。
わたしが行ったときは、18時半にはお風呂はガラガラになっていました。
食事の時間はお部屋で仲居さんが聞いてくるので、その時にぜひ聞いてみてください。

お風呂上がりのお楽しみ


大浴場へ向かう手前に、寛ぎに最適なラウンジがあります。
湯上りにはここで、
・ビールとおつまみ
・日本茶とゼリー
・アイスコーヒー
をいただけるサービスがあります。
ちょっとしたところにまで気を配ってくれるのが、こちらの宿の魅力です。

こちらのラウンジでは、朝食の後には紅茶かコーヒーのサービスがあります。

「海石榴 つばき」のきめ細やかなおもてなしで優雅な滞在


素敵なお食事、温泉とともに、あたたかさとおもてなしを感じたお宿でした。
誕生日にここを選んでよかった!!

記念日を過ごしたいとき、日々の喧騒から離れて高級感のある日を過ごしたいときにピッタリです。
ぜひ、奥湯河原の大自然に包まれながら、子供のいる特別な日を「海石榴つばき」で過ごしてみてください。

海石榴つばき へのアクセス

【車の場合】

【電車の場合】

※湯河原駅からはバスをご利用ください。18時頃まではほぼ10分間隔で運行。(乗車時間は約20分/最終20時台まで運行)

バス停2番乗り場・奥湯河原行き

バス停2番乗り場・奥湯河原行き

[湯河原バス停]
バス乗り場は改札を出て左斜め前にあります。(2番乗り場)海石榴へ行く場合は、終点の「奥湯河原」までお乗りください。停留所下車した後、目の前の梅園橋を渡ると左手に海石榴の看板が見えてきます。看板横の坂道を上ると、すぐ海石榴が見えます。

※行先は「奥湯河原行き」か「不動滝」のみ。奥湯河原へは「奥湯河原行き」バスにご乗車ください。
「不動滝」に乗りますと、終点「奥湯河原」まで到着しませんのでご注意ください。
※箱根登山バスと伊豆箱根バスの共同運行
(引用:海石榴公式HPより)

 

海石榴 つばき
〒259-0314 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上776
電話:0570-026577

 

written by Chie


関連記事

  1. 【石川】子連れ金沢旅行にオススメ♡「金沢21世紀美術館」で子供と一緒にアート体験

  2. 【三重】観光特急「しまかぜ」で行く!伊勢神宮と周辺の参拝スポット

  3. 【東京】都心の庭園、明治記念館で特別なお祝いを。懐石料亭「花がすみ」のお食い初め

  4. 【大阪】夏季限定ビアガーデン!「セントグレースヴィラ」のオシャレな空間で子供と楽しむビストロブッフェ

  5. 【神奈川】一度は泊まりたい!箱根の絶景温泉旅館「箱根吟遊」でプライベートなおこもり滞在

  6. 【旅の準備】子連れ海外旅行のパッキング!必需品、あると良いものチェックリスト(幼児食期)

  7. 【三重】熊野の自然派リゾート「里創人 熊野倶楽部」で別荘気分のデトックス旅

  8. 【三重】二見町で家族円満♡「夫婦岩」と超ふれあい水族館「伊勢シーパラダイス」

  9. 【プーケット】極上スパにプロによる記念撮影♡「トリサラ」でしかできない特別な体験を

  1. 【ランキング】今年のハロウィンは何する?子連れで楽しめるハロウ…

    2019.10.11

  2. 【ランキング】この秋行きたい味覚狩りランキング

    2019.10.01

  3. 【東京】かわいいスタイで大人気のMARLMARLが南青山で感謝イベント…

    2019.09.13

  4. 【長野】週末だけの「ようちえん」で子供の生きる力を育むプログラ…

    2019.09.09

  5. 【東京】ベビー連れの東京観光にベビーカー貸し出しサービス2019年9…

    2019.08.31