【千葉】空と海を感じる「釣ヶ崎グランピングリゾート」で大満喫の子連れステイ

2022年8月、日本一の「サーフィンのまち」として知られる千葉県一宮町に子連れで行きたいグランピングリゾートが誕生しました!

海を一望できる高台に建つ広いきれいなドームにはトイレやバスルームなど水回りも全て完備。

敷地内にはサウナやプール、無料のアクティビティも揃っています。
子ども用貸し出し備品が充実していて、小さな子連れでも快適に楽しめるグランピング。

10歳、8歳、2歳の子どもたちと楽しんだ滞在レポートをお届けします。

2022年8月「釣ヶ崎グランピングリゾート 」がオープン!

2022年8月、日本一の「サーフィンのまち」として知られる千葉県一宮町に誕生した「釣ヶ崎グランピングリゾート」。

釣ヶ崎海岸を一望する高台に建つ高規格グランピングは、青い空に真っ白なドームがとてもきれいに映えています。

東京からは車で約90分とアクセスも楽々!

まずは、フロントのあるセントラルハウスでチェックイン手続きをしてお部屋の鍵を受け取ります。

チェックイン時には嬉しいウェルカムドリンクのサービスも。

全8棟5種から選べる「釣ヶ崎グランピングリゾート 」のグランピングドーム

釣ヶ崎グランピングリゾート」には、木々に囲まれた“フォレストデッキドーム”と、太平洋を眺める高台の“スカイデッキドーム”の2エリア、全8棟5種のグランピングドームがあります。

今回滞在したのは、セントラルハウス屋上の展望スペースに位置する「スカイデッキドーム」。

滞在中、ずっと海を感じられる最高のロケーションにあるドームです。

スカイデッキドーム|約38㎡ 定員2〜6名

フロントのあるセントラルハウスの屋上に位置し、太平洋を一望できる「スカイデッキドーム」。

広々とし、天井や床が青で統一されたドーム内はまるで海の中にいるかのような気分になります。

ハンモックは子どもたちの特等席!一緒に乗ったり、順番にくつろいでみたりと大人気でした。

大人は、光がたっぷりと差し込む窓際のリビングスペースでゆったりと。

コーヒー豆とミルが置いてあり、挽き立てのコーヒーをハンドドリップで楽しめます。

絶景を眺めながらのコーヒータイムは至福の時間…♡

寝具は、シングルベッドが2台と人数分のマットレス&布団セットが用意されています。

他にも空気清浄機やハンガーラックなどが揃い、ドーム内は、ホテルクオリティの快適さ。

大型冷蔵庫や電子レンジ、ありがたいことに熱湯も出るウォーターサーバーまで完備されています。

快適にアウトドアが楽しめるのが魅力のグランピングと言えど、多少の不便を感じるのが水回りですが、ここ「釣ヶ崎グランピングリゾート」では、全棟にトイレとバスルームがドームに付いています。

しかもバスタブ付き!ドームから1歩も外に出ることなく、トイレとお風呂を済ませられるのは、小さな子連れには特に助かるポイントです。

シャンプーやボディソープはもちろんのこと、メイク落とし、洗顔、化粧水、乳液のパウチまで用意されているので、手ぶらでOK!

厚手で清潔なタオルが揃っているのも嬉しいです。

各ドームには全天候型の専用BBQスペースが併設。時間を気にすることなくプライベートなBBQタイムを楽しめます。

地元食材を使った豪華ディナーは後ほどご紹介しますね。

レンタルも充実!「釣ヶ崎グランピングリゾート 」のハート型屋外プール

(出典:釣ヶ崎グランピングリゾート)

「釣ヶ崎グランピングリゾート」の展望スペースにあるのはハート型のかわいいプール♡

7:30〜21:00まで、宿泊者は無料で利用できます。ドーナツやハート型のおしゃれな浮き輪も無料でレンタル可能。

2歳の娘も使えるサイズのライフジャケットや浮き輪があり、小さな子も安心してプールを楽しめます。

どこまでも子連れに優しいサービスに感動…♡

ハートのカーブの部分は浅くなっているので、小さな子の水遊びにもピッタリです。

夜はライトアップされ、昼間とは全然違う雰囲気のナイトプールに。

大人が一緒であれば子どもも夜まで入れるので、上の子2人と夜までプールを楽しみました。

プールは秋頃まで開催予定とのことです!

「釣ヶ崎グランピングリゾート 」の貸切サウナで”ととのう”体験

プールサイドには、近年大注目のサウナも完備!グループごとに予約をして利用するため完全貸切で楽しめます。

昼間、夜、朝と先着順での予約のため、希望の時間がある方はチェックイン時に予約するのが正解です。

プライベートサウナの中はとても広く快適。セルフロウリュ&ヴィヒタもあり、身体の芯からぽかぽかになります。

たっぷりと汗をかいた後は、外のシャワーで汗を流し、そのままプールに直行!

これぞまさに”ととのう”体験。ぜひ極上の感覚を味わってみてくださいね。

デッキチェアで風に当たるのも気持ちがいいですよ。

プライベートサウナ&プールで心も身体もリフレッシュできること間違いなし!

プライベートサウナ
料金:5,000円 (バスタオル1枚、フェイスタオル1枚貸出)
利用時間:70分貸切、6名定員

千葉のおいしさを丸ごと堪能!「釣ヶ崎グランピングリゾート 」のBBQディナー

 

ディナーはグランピングの醍醐味とも言えるBBQ!ドームに併設した専用のスペースまで食材を全て運んでくれます。

テーブルに綺麗に配置してもらったらBBQスタート!

ガス式のグリルも設置されていて、後は焼くだけのいいとこ取りBBQが楽しめます。

ベーコンと野菜のアヒージョやあさりのワイン蒸しなどお酒が進んでしまいそうなスキレット料理も熱々で。

千葉県サザエの壺焼きにホタテのバター焼き、千葉県産和牛のサーロインステーキ&赤身肉ステーキの食べ比べ……とにかく盛り沢山です。

千葉のおいしさをまるごと食す豪華BBQは、オリジナルの調味料など、素材の味プラスアルファで楽しむこだわりも。

地産地消ならぬ”千産千消”!お腹いっぱい千葉の恵みをいただきました。

子ども用BBQ

(出典:釣ヶ崎グランピングリゾート)

子ども用にはBBQスタイルで楽しむキッズプレートの用意があります。

焼きたてを楽しむハンバーグやフランクフルト、焼きおにぎりなど子どもが大好きなメニューがワンプレートに。

キッズチェア、お食事エプロンに食器。必要なものは全て貸し出ししてくれるので、アウトドア気分を味わいながらも子どもと一緒に快適な食事の時間を過ごせます。

「釣ヶ崎グランピングリゾート 」の多彩なアクティビティとアウトドアモーニング

全部無料!多彩なアクティビティ

「釣ヶ崎グランピングリゾート」では、さまざまなアクティビティも用意されています。

是非とも体験してみていただきたいのが「燻製体験」。燻製鍋とウッドチップ、食材も一式用意いただけるので、並べて火にかけるだけ。

この日は、ベーコン、ナッツ、チーズ。おいしい燻製が簡単に出来上がってご機嫌でした。

子どもたちにはポップコーンセットの虜に!

受付前では、夜の時間に焚き火ととスモアが楽しめるようになっています。

(出典:釣ヶ崎グランピングリゾート)

これらは全て無料で楽しめるアクティビティです。子ども大人もおいしく楽しめて最高な時間。ぜひお気に入りのアクティビティを見つけてみてくださいね。

バゲットサンドの朝食

朝食も夕食同様、各ドームまで運んでいただけます。朝日を見ながらバケットサンドを。

大人はボリュームたっぷりのパストラミとチーズのバケットサンドに、新鮮野菜サラダとヨーグルト、100%オレンジジュースがついています。

子どもは希望があれば、ブリオッシュのハムチーズサンド&ブリオッシュと苺ジャムに変更可能。チェックイン時にフロントに相談してみてくださいね。

「釣ヶ崎グランピングリゾート 」で充実の子連れグランピングを!

グラマラスとキャンプを掛け合わせた造語「グランピング」。キャンプより手軽に豪華にアウトドア体験を楽しめるとあって、近年大人気になっています。

それでも水回りが別の場所だったり、子ども用椅子がなかったりと子連れには少し不便なことも多いのが現実。

「釣ヶ崎グランピングリゾート」なら、水回りも完結、バスチェアや補助便座など、子ども用の貸し出し備品も充実し、子連れでも手ぶらで快適に滞在できます。

私たちが泊まった「スカイデッキドーム」には、ワンちゃんと泊まれるドームや最大10名まで泊まれる大型のドームもあります。

家族での滞在はもちろんのこと、愛犬を連れて、またはおじいちゃんおばあちゃんと三世代でと、さまざまな滞在スタイルで楽しめるグランピングです。

オープンしたての「釣ヶ崎グランピングリゾート」で充実の子連れ旅を計画してみてはいかがですか?

釣ヶ崎グランピングリゾート
千葉県長生郡一宮町東浪見36-1
0475-44-5900
【料金】スカイデッキドーム
1泊14,500円~/名(2名1室利用時・税サ込・食事別)
※小学生未満添い寝無料

取材協力:釣ヶ崎グランピングリゾート

written by aiko(ディレクター)

【LOVETABI Mamaディレクター】主なテーマ:離島、リゾート、温泉、カフェ


関連記事

  1. スモールワールズTOKYO

    【東京】都内最新スポット!ミニチュア世界のテーマパーク「スモールワールズTOKYO」を子連れで満喫!

  2. 【バリ】グルメ天国♡アヤナリゾートのバラエティ豊かな美食ダイニング

  3. 名古屋プリンスホテルスカイタワー

    【名古屋】『名古屋プリンスホテル スカイタワー』で全部屋トレインビューの絶景を楽しむ子連れステイ

  4. 【育児】家事育児ストレスに脱・プチ我慢!ママのエネルギー補充に「小さな選択」習慣のススメ

  5. 【セブ親子留学】ベビーシッター付きの親子留学専門校「Kredo Kids」へ3世代留学!【まとめ】

  6. 【沖縄】美しい海やプールを満喫!『ヒルトン沖縄瀬底リゾート』で過ごす2泊3日子連れ旅

  7. ビジネスホテル 部屋

    【旅の準備】子どもも大人も快適に♡子連れでビジネスホテルに宿泊するならチェックしたい4つのポイント

  8. 【東京】「PIXARのひみつ展」でピクサーの作品づくりの裏側を体感!

  9. 【イタリア】インスタグラマー中川珠里の親子三世代で旅するイタリア アマルフィ・ローマ

  1. 【リリース】スヌーピー、トムとジェリー、すみっコぐらしの3種類の…

    2022.09.26

  2. 【イベント】ムーミンバレーパークにて冬季ナイトイベント『ムーミ…

    2022.09.12

  3. 【リリース】ブッキング・ドットコム、子どもと楽しめる宿泊施設5選…

    2022.09.09

  4. 【リリース】マリオットホテル ドッグフレンドリールーム 1周年記…

    2022.08.22

  5. 【愛知】「ヒルトン名古屋」サンリオキャラクターズと初コラボ! 秋…

    2022.08.08