【台湾】『グランドハイアット 台北』が台湾子連れ旅におすすめな5つの理由

子連れ旅行でも人気の台湾。
2人目が生まれて初めての海外旅行で、台湾へ行ってきました。

フライト時間が短く、気候や時差も日本とあまり変わらないので移動疲れや時差ぼけも少なく、食事も美味しいと、まさに子連れ旅にはぴったりの旅先です♡
今回台北で滞在したホテルはグランドハイアット台北(台北君悦酒店 / Grand Hyatt Taipei)』。

今回は2歳と0歳6カ月の子連れ旅ということもあり、ホテルステイをメインに台湾を満喫したい!と主に2つのポイントでホテルを選びました。

・ホテル内のアクティビティが充実(赤ちゃんOKのプール)
・観光や食事にも便利なロケーション

子連れ台湾旅行にぴったりのホテルの魅力をお伝えします!

台北101直結のラグジュアリーホテル『グランドハイアット 台北』

グランドハイアット台北は「台湾のマンハッタン」とも呼ばれる、台北の商業エリア「信義区」にあり、すぐそばにはショッピングセンターや夜市もあり、台湾のランドマークのひとつ、「台北101」とスカイウォークで直結している台湾唯一のホテルです。

空港からのアクセスは、松山空港から車で13分、桃園空港からは車で45分、それぞれエアポートバスやメトロが利用できます。

小さなお子さん連れの方は、ハイヤーでチャイルドシートを手配できます。
(ホテルハイヤー、またはkkdayにて事前予約がおすすめです。チャイルドシート別料金。)

エントランスは、グランドハイアットらしい、精錬されたラグジュアリーな空間。

吹き抜けのフロアには各種レストランやショップ、スパなどが揃っています。

広いロビーでチェックインし、リゾートライフのスタート!

①『グランドハイアット 台北』の「ファミリープラン」で子供もワクワクする客室

「グランドハイアット 台北」の客室はどの部屋も大理石のバスルームを始め高級感のあるインテリア。

スタンダードの客室は33〜50㎡、スイートルームは60㎡〜221㎡のアパートメントタイプまで予算や人数、シチュエーションに合わせて様々なタイプがあります。

今回は、スイートルームにアップグレードしていただけたので、絶景を望む広いお部屋で贅沢な滞在を大満喫しました。

グランド エグゼクティブ ビュー スイート / Grand Executive View Suite Room(83m²)

台北101の眺めを満喫できる角部屋のプレミアムスイートルーム。

広い玄関ホールにはベビーカーも置き放題!

独立したリビングルームには、大きなソファーと大画面のテレビ。

今回は家族での滞在ということで、グランドハイアットのファミリープラン「Family Adventure package」の一貫として、可愛いテントを用意していただきました!

テントの中には布団が敷いてあり、テント内ランプの他にも、暗いところで星空を映し出すプラネタリウムライトもあり、アウトドア気分を楽しめます♪

 

哺乳瓶の煮沸乾燥器も用意していただいていました!

また、サイドの棚を開けると、ミニバーや湯沸しポットやエスプレッソマシーンがあります。

 

リビングの隣には、広いベッドルーム。

 

キングサイズのベッドにベビーベッドも用意していただきました。
上の子はベッドで大人の間に入れて川の字に寝て、
下の子はお昼寝はテントのお布団で、夜はベビーベッドで寝かせました。

 

奥には広いバスルーム!!

大きなバスタブに、シャワールーム、トイレ、二口洗面台。

お手洗いがリビングとバスルームで2つあったり、洗面台も2口あるのも、
ファミリーには嬉しいポイント。

アメニティはなんと、フェラガモ!!

とにかく香りがよくて、洗い上がりも高級感のある香りに包まれて気分が高まりました♪

 

また、拭き取りクレンジングや衣類のシミ取りなど、旅行中に嬉しいアイテムも揃っていました!

子供用にも可愛いアメニティセットを用意していただいていました!

また、ベッドルームにはウォークインクローゼットがあり、スーツケースや大きな荷物もすっぽり。

4人分の着替えや靴もしっかり収納できました。

「台湾のマンハッタン」らしい景色やプールが楽しめる贅沢なお部屋でした♡

続いてはこちらのプールを紹介します!

②『グランドハイアット 台北』の贅沢な屋外プール!

今回の子連れ旅で「グランドハイアット 台北」を選んだ理由のひとつが、この広い屋外プール!!

しっかり泳げるレーンコースと、キッズプールに分かれていて、ファミリー客で賑わっていました。

プールサイドにはプールバーやテラス席にカバナもあり、読書やスナックタイムを優雅に楽しむ方もいました。

浮き輪に空気を入れていただけるサービスや、水遊び用のおもちゃやボール、浮き輪も無料で貸し出ししていました!

都会のど真ん中とは思えない開放的なリゾート空間です♡

また、大きなジムエリアもあったので、パパママのワークアウトにもぴったりです。

 

③『グランドハイアット 台北』の時間を気にせず過ごせるラウンジ「グランドクラブ ラウンジ」

今回の旅をまたワンランク上の贅沢にしてくれたのが、エグゼクティブ スイートやエグゼクティブルームに滞在の宿泊者とそのゲストのみがアクセスできる専用ラウンジ「グランドクラブ ラウンジ」

滞在中、朝食や夕方のカクテルタイムの軽食を無料で提供しています。(予約不要)

パンやフィンガーフード、フルーツなどの豊富なメニューに加え、ライブキッチンでは、夜は焼売や牛肉麺を、朝は卵料理などをその場でオーダーして作っていただけました。

 

食事だけでなく、ドリンクメニューも豊富!

ソフトドリンクやカフェメニューに加え、ビールやワインなどのアルコールも自由に楽しむことができます。

カクテルタイムには軽い夕食やサンセットの一杯を、
朝には美味しい朝食で朝からしっかりエネルギーチャージできます。

グランドクラブ ラウンジ(グランドクラブ滞在者限定)
場所:グランドハイアット 台北22階
営業時間:6:00〜23:00
朝食サービス(無料):6:30〜10:30am(月〜金)/11:00am(土日)
カクテルサービス(無料):17:30〜20:00

 

④『グランドハイアット 台北』のメインレストラン「CAFE (凱菲屋)」で子供も喜ぶビュッフェ朝食

ホテルの朝食ブッフェを楽しみたいなら、ホテル1階のビュッフェレストラン、「CAFE」へ。

300坪もの広いレストランには、パンやシリアル、和食、中華、シーフード、インド料理など各国料理やフルーツが並びます。

ホテルならではの和洋中、台湾の朝食を存分に楽しむことができます。

台湾式のおむすびなど、ここならではの朝食メニューも楽しめました。

もちろんキッズチェアや子供用の食器もあります。

ランチやディナーのビュッフェも豪華なので、日帰りでホテルランチやディナーにもおすすめです。

次ページ:⑤『グランドハイアット 台北』直結の「台北101」で展望台やショッピング、台湾グルメを堪能!

1

2
Remi

written by Remi(代表・編集長)

『LOVETABI Mama』代表・プロデューサー。一男一女の母。


関連記事

  1. 癒しがテーマの「オアジアリゾート・セントーサ」へ♡親子で過ごすウェルネスの時間

  2. 「おさるのジョージ」キッチン

    【東京】「おさるのジョージ」初のダイニングカフェが東京ソラマチに期間限定でオープン!

  3. グランレガロあさぎり 外観

    【静岡】富士山近くの「GRAN REGALO ASAGIRI」で子連れで快適グランピング

  4. 【群馬】安産・子育ての神社『山名八幡宮』のおしゃれな御守り&境内の人気グルメ3選♡

  5. 【静岡】星野リゾート「界 伊東」で三世代温泉旅!子供も楽しめる特別和室で「三世代みずいらず旅」

  6. アオアヲナルトリゾート

    「アオアヲ ナルト リゾート」でアクティビティ満載の徳島子連れステイ

  7. マロウドイン飯能

    【埼玉】ムーミンバレーパークオフィシャルホテル「マロウドイン飯能」で子連れステイ!

  8. はじめての子連れ韓国!ソウルのグルメ&カフェ巡り

  9. スモールワールズTOKYO

    【東京】都内最新スポット!ミニチュア世界のテーマパーク「スモールワールズTOKYO」を子連れで満喫!

  1. 「SAPPORO SNOW MILK FAIR in GINZA」が銀座マロニエゲート1で開催…

    2024.02.09

  2. SESAME STREET MARKET(セサミストリートマーケット)

    世界で唯一のオフィシャルストア「セサミストリートマーケット」1…

    2024.02.06

  3. 「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」ベビーシャワー&アフタヌーンティー女子会

    「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」でベビーシャワープラ…

    2024.02.03

  4. チュピフランス絵本

    【日本発売開始】フランスで累計販売部数2600万冊以上のベストセラ…

    2024.02.01

  5. 「ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」

    2024年6月開業!「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホ…

    2024.01.02