【おうちで旅育】世界地図を広げて子供と一緒に旅の計画〜旅のしおりを作ろう

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国一斉休校となり、お出かけも難しく、家にいる時間が増えましたね。

お出かけの制限や入国制限などで「一体この先どうなるんだろう」「いつになったら旅に出られるんだろう」と不安な気持ちになりがちです。
中には「どこかお出かけしたい」と泣いているお子さんもいるかもしれませんね。

今回は、そんな「旅に出たい気持ち」、「お出かけをしたい気持ち」を使って、ご自宅でできる旅育「世界地図を広げて、旅のしおりを作ろう」をご提案します。

親子でしおり作りを楽しんだ後、「きっといつかここに行こう!」という気持ちが芽生え、遊んでいるうちに社会のお勉強にもなる。
そして、いざお出かけができる時期がきたら、すぐにでも旅立てる準備万端の状態に。

しおり作りをして親子でまだ見ぬ世界へ胸をときめかせましょう!

おうちで旅育!準備するもの

・ノート(スケッチブック)
・地球儀、世界地図、日本地図等…絵で描いたものやブロックなどで作ったものなど何でもOK!
・ガイドブック(あれば)…インターネットでもOK
・教科書

 

①「地図を知る」:ゲームで旅する場所を決めよう!

まず、地図や地球儀を用意しましょう!
世界地図、日本地図、地球儀、どれでもOK。
準備ができたら、旅する場所を決めるゲーム開始!

ゲームのルールは簡単です。

【地図の場合】
地図を壁に貼り両面テープを剥がして丸めます
それをピンと飛ばして、地図にくっつけます
【地球儀の場合】
クルクル―と地球儀を回し、指を指して止まったところをチェック!

両面テープの玉は中々地図にくっつきません!!
やっとくっついたかと思えば、「海―!!」なんて大笑い。

うまくくっつけられなければ、目を瞑って指で指してもOK!

地球儀も同様にして場所を決めます。

国、都道府県、大陸など旅先の範囲は自由♪

お家に地図が無い人は、絵でかいたり、ブロックなどで作るところから始めるのも楽しいですね。

どんな形でも良いので、盛り上がる方法で場所を決めてみましょう!

 

②「旅先の基本情報を知る」:国の情報を調べて地理、政治経済のお勉強!

旅する場所が決まったら、続いては旅先の情報を調べます。

治安、貧困、水、食べ物、特産品、観光、お金、首相、GDPなど、学校の社会の授業で習うことがギュッと詰まったこの部分。

ピーマンで有名な県は・・・、タロイモで有名な国は・・・などとひたすら暗記した記憶ありませんか?
社会は暗記ばっかりで嫌い!というお子さんもいるかもしれませんね。

「社会は暗記ばかりで嫌い!」となる理由に「自分に関係のないよくわからない言葉をひたすら暗記しなければならないことが嫌」ということが一つだと考えます。

ここで、本当に自分が行く前提で調べてみるとその国のあらゆる特徴が「自分に関係のあること」となり
「どんな国なんだろう?」「水は飲める?」「食べ物はおいしい?」「行っても安全?」
と、様々な疑問が湧いてきます。

先日フィリピンに行った際、長男は
「どうして水道水のんじゃいけないの?」
「どうしてここは道がないの?」
「なんでこれ食べちゃいけないの」
などと素朴な疑問を次々投げかけていました。

そこから発展して帰国後も
「あの国はどう?」
「この場所は水飲んでいいの?」
「日本のごはんを食べられるところはある?」
などと様々な「知りたい!」に繋がっていると感じました。

旅をすると自身とその国がぐっと身近になり、「知りたい」が次々と湧いてくるのだと感じた出来事でした。

自分が旅をするかもしれない、体験するかもしれないと思いながら、しおりを作ることで
「暗記しなきゃ」ではなく「知りたい」に変わるきっかけになればと思います。

治安、貧困、水、食べ物、特産品、観光地、お金、政治等参考サイト
外務省海外安全ホームページ
国土交通省
世界銀行 世界の貧困に関するデータ
明治の食育

 

お子さんの年齢別、調べる基準は以下を参考にしてください。

乳幼児

乳幼児と一緒に作るならば、写真を見せて、「どれ食べたい?どれ見たい?」と聞いて一緒に選びましょう。
食べてみたいもの、行ってみたい場所の写真の切り貼りをお願いしてみるのも楽しみ方の一つ。

小学校低学年

その地域の気候から食べ物、特産品などを知る工夫をしてみましょう。
「この国は暑いから、こういうものが採れるんだね。」などと伝えると、
暑い国、寒い国等、気候の違いから文化や食生活の違いを感じることができます。

「なんでこの国はこんな建物を建ててるんだろう?」と一緒にクイズをしても楽しいですね。

小学校高学年

小学校高学年になると、気候から地域の特産品や観光地などの特徴を結びつけることができます。
経緯度を見てどれくらい暑いのかなど、気候の違いをさらに詳しく知ることができます。
また、次に紹介する「歴史」とも結び付けて考えられる時期。
様々な情報を調べながらお子さんが特に興味を持つ部分についてお子さんとまとめてみてください。

GDPや政治についてはちょっと難しいかもしれませんが、首相を調べるのと共に豊かさや文化などを知る機会にいいですね。

中学生以上のお子さんは歴史から現代の政治までも調べてみてくださいね。

③「旅先の歴史を知る」:教科書やガイドブックで調べて歴史のお勉強

大人になっても読みたい教科書関連本

(左:山川出版社「新もう一度読む 山川世界史」、右:「流れ図世界史図録ヒストリカ」

お子さんの教科書、お母さん、お父さんが昔使っていた世界史や日本史の教科書、
本屋さんで大人向けの教科書関連等で、その国の歴史を調べてみましょう。

ガイドブックにはその国の歴史がわかりやすくまとめて掲載されています。

(左:ダイヤモンド社「地球の歩き方 南ドイツ」右:「とっておきのポーランド(地球の歩き方GEM STONE)」)

「始まりはいつ?」
「どんな国があった?」
「どんな王様がいた?」
「どんな政治背景があった?」
こうした繋がりから、どんな建物が建てられ、どんな時代背景があり、今があるのかを知ることができます。

教科書やガイドブックを一通り読んだら興味を持ったところを、例えば、「行ってみたいお城のお姫様」などを調べてまとめると、

お子さんの興味を知るきっかけにもなり、歴史って面白い!とお子さんが目覚めかもしれません。

④「自分の『好き』を知る」:食べたいもの、見たい場所を決めてノートに貼る

その国について様々なことが見えてきましたね!

では、今まで調べて出てきたものの中からチョイスして、実際に見たいもの、行きたい観光地、食べたいもの、お店のページなどをノートに貼ってみましょう!!

お子さんが食べたいもの写真を貼ってみたり。
見たいもの、乗りたいものを書いてみたり。
親子で見てみたいもの、行ってみたい場所を集めましょう!

行きたい場所を一度に並べられると、なんてワクワク!
「うわー!これ食べたい!」というおいしそうなものを見つけたら、レシピを調べて作ってみるのも楽しいですね!

参考サイト:明治の食育「世界の食文化・食のあれこれを比べてみよう」

次ページ:⑤「旅のシミュレーション」:ホテルや飛行機、ルートを決めて旅の妄想旅行 

 

レンタルおもちゃなら【TOYBOX】


子どもの絵で作る一点モノ。キッズコレッチオ

1

2

written by KANA

【旅を愛する歴史講師、ライター】主なテーマ:旅育、歴史、教育、遊び


関連記事

  1. 【セブ島】巨大ショッピングモール「アヤラモール」の2大スーパー&おすすめレストラン

  2. 【三重】熊野の世界遺産巡り!神話の舞台と自然のパワーを体感しよう

  3. 【横浜】入場無料!可愛い動物たちを見て、触れ合える「野毛山動物園」

  4. 【バリ】ヴィラで過ごすアヤナリゾート3泊5日【モデルスケジュール】

  5. 【プーケット】ロマンチックな美食体験♡「トリサラ」の絶品ダイニング

  6. 【東京】吉祥寺で子連れランチ!大人も嬉しい本格タイ料理レストラン「アムリタ食堂」

  7. 【東京】パステルカラーの可愛いハロウィンスイーツ♡「ザ ストリングス表参道」の『スイートパステルハロウィン』

  8. 【おうちで旅育】本とお料理で世界旅〜ハンガリー/グヤーシュ編

  9. 【横浜】今話題の注目スポット!大人も子供も喜ぶ「うんこミュージアム」の魅力とは?

  1. 【東京・大阪・愛知】うんこドリル監修「うんこだっしゅつドリル/…

    2020.09.29

  2. 【オンライン】出産前後の悩みを専門家に気軽に相談!オンライン無…

    2020.09.25

  3. 【リリース】子ども服の“おさがりシェア”サービスKIDSROBEがコミュ…

    2020.09.16

  4. 【アンケート】秋冬に向けて育児の悩みは?「コロナ禍の子育て実態…

    2020.09.16

  5. 【山梨県】富士急ハイランドが東京都在住の方限定の「ガンバレ!TOK…

    2020.08.31