【ドバイ】上質な時間を過ごせる5つ星ホテル「ラッフルズ ドバイ」が子連れにおすすめな7の理由

ドバイと言えば石油マネーで潤う高級リゾート地。

世界一大きな商業施設「ドバイモール」、世界一高くまで吹き上がる噴水「ドバイファウンテン」、世界唯一の7つ星ホテル「ブルジュ・アル・アラブ」、無人運転としては世界最長のメトロなど、世界一には事欠きません。

そんなドバイではありますが、実は特にヨーロッパ方面からの子連れファミリーに人気のリゾート地なのはご存知でしょうか。

6歳の息子と9歳の娘を連れて実際にドバイ旅行に行った際に、ママ目線で子連れに最高!と思ったホテルと、そのポイントをお伝えしていきます。

今回は、観光にも便利な立地の5つ星ホテル「ラッフルズ ドバイ(Raffles Dubai)」を7つの素敵なポイントと共にご紹介します。

ピラミッド型の独特な外観が特徴のラッフルズ ドバイ。

高級感のある落ち着いたロビーに迎えられ、上質な時間を過ごすことができます。

①「ラッフルズ ドバイ」の暮らすように泊まれる快適な客室

子連れ旅行の場合はお部屋で過ごす時間も長いですから、広々とした上質なインテリアのお部屋で家族全員がゆったりと過ごせるのは嬉しいポイント。

ラッフルズドバイは、全室大きなソファーとテーブルがが備わり、最もお手頃なお部屋であるシグネチャールームでも70㎡の広さを誇ります。

シグネチャールーム (Signature room twin bed)

お部屋のテラスではドバイの町並みを眺めながらくつろぐことができます。

机の上に用意されているウェルカムフルーツは、無くなると翌朝にまた足してもらえるのでバナナやリンゴやブドウなど、子どもの小腹が空いた時に食べさせることができて便利でした。

大きなバスタブと独立したシャワーブース

浴槽も広々としているので、子どもと一緒にお風呂に入っても十分なスペースがあります。
この他にもシャワーブースが独立してあります。

シャワーは固定式と、可動式で手に持って使えるものの2種類が用意されているので、顔にシャワーがかかるのが怖いお子さんでも安心してシャワーを浴びることができるでしょう。
もちろんシャワーの水圧や温度は快適です。

広々ウォークインクローゼット

私が今回、とても便利だと感じたのはこの大きなウォークインクローゼットです。

様々なアクティビティを体験できるドバイですから荷物も必然的に多くなります。
観光に行くためのカジュアルな服、素敵なレストランに出向く際のドレスアップする服、水着、お部屋でくつろぐ服、TPOに合わせた靴などを家族分持ってくると、かなりの大荷物になってしまいます。
これらの荷物をストレスフリーで出し入れすることができる十分な広さが、こちらのウォークインクローゼットにはあります。

写真はクローゼット内の一面のみとなっていて、反対側にも吊り下げ式の大きなスペースがあります。
また、スーツケースの下には、引き出しがあり、下着類などを収納することができます。
ハンガーはファミリーの場合は足りないこともあると思いますが、その場合はリクエストするとたくさん持ってきてもらうことができます。
ベビーカーも収納することができるほどの広さですから、大人が2人入っていてもぶつかることはありません。

②「ラッフルズ ドバイ」のレストラン「アズール」で感動の朝食

朝食はビュッフェレストランの「アズール」でいただきます。


さすが5つ星ホテルと言えるおいしさに加え、お料理のディスプレイも手が込んでいてセンス抜群です。
また、テーブルが広く、店内が明るいので朝からさわやかな気分を味わうことができます。

5つ星ホテルの多いドバイで切磋琢磨された朝食は、Happyな朝にしてくれる魔法の力さえもあるようです。

子供も大好き!美味しいパン

パンコーナーには小ぶりのデニッシュやドーナツ、クロワッサンなど、たくさんの種類のパンが並びます。
6歳の息子はこちらのドーナツを毎朝楽しみにしてレストランに向かっていました。
6歳くらいだったら下の段であれば自分でも取ることができるカウンターの高さです。


いっぱいの種類を楽しめるよう、どれも小さなサイズなのも嬉しいですね。

 

「ラッフルズ ドバイ」名物のワッフル!

ラッフルズの朝食は卵料理だけでなく、ワッフルとパンケーキをオーダーすることができます。
このラッフルズホテルの外観を模したワッフルが、こちらのビュッフェの名物。
見た目の可愛さだけでなく、焼き立てのワッフルは外がかりっと、中はふわっとしていて焼き立ての美味しさをいただくことができます。

また、こちらのカウンターにはハチの巣が用意されているので、実際に巣からはちみつをとってトッピングすることもできます。

実際にこちらのはちみつをパンケーキと一緒にいただきましたが、癖のない優しい香りでおいしくいただくことができました。

日替わりの絶品キッシュがおすすめ!

温かいお料理もずらりと並びます。
その中でもとても印象に残ったのがこちらのキッシュ。
毎朝フィリングの内容は変わりますが、どれも最高の焼き上がりです。
キッシュの生地のサクッとした感触に、バターの風味、重すぎも軽すぎもしないフィリングが舌にも胃袋にも嬉しい一品です。

 

豊富なフレッシュジュース

ビュッフェ式の朝食ではよく見かけるフルーツのドリンクスタンド。
こちらのジュースはまるでホームメイドのようにオレンジの果肉がしっかりと入っていますし、青りんごジュースのグリーンも美しくさわやかな酸味が癖になります。

この他にはスイカジュースや、その日のヘルシーなドリンクとしてシェフオリジナルのドリンクが提供されていました。

華やかで美味しい朝食で贅沢な朝です。

屋外のテラス席もありました。

そして、レストランの外には子連れには嬉しい、プレイグラウンド付きの大きな庭園!

次ページ:③「ラッフルズ ドバイ」のプレイグラウンド付きの庭園

1

2

written by 井上 綾子

フリーランスライター。子供2人とセブ教育移住経験あり。


関連記事

  1. アートアクアリウム美術館GINZA

    「アートアクアリウム美術館 GINZA」で子どもとめぐる金魚アートの世界

  2. 【バリ】ヴィラで過ごすアヤナリゾート3泊5日【モデルスケジュール】

  3. レゴランド表紙

    【愛知】名古屋のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」を子連れで満喫!ベビーから小学生まで年齢別の楽しみ方

  4. ハロウィン

    子連れでハロウィンイベントが楽しめる西日本の宿9選

  5. 【山梨】アクティビティも充実!『星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳』で大満喫の子連れステイ

  6. 【静岡】絶景湯めぐり!「熱川プリンスホテル」で温泉三昧の子連れ旅

  7. 赤ちゃん連れ旅行におすすめの宿

    【東日本】赤ちゃん連れ旅行におすすめの宿10選

  8. 泊まれるテーマパーク!長野県「白樺リゾート 池の平ホテル」で充実のリゾートライフ

  9. 【山口】長門湯本温泉に誕生した『星野リゾート 界 長門』が子連れ旅・三世代旅におすすめな7の理由

  1. 「ザ ストリングス 表参道」にて親子で楽しめるピーターラビット™ …

    2024.05.17

  2. 【最大88%OFF】夏休みの航空券はいくら!?最安値を楽々検索するな…

    2024.04.24

  3. 「&Here TOKYO UENO」

    たのしんでくつろげるホテル「&Here TOKYO UENO」が2024年3月15日…

    2024.03.19

  4. 「SAPPORO SNOW MILK FAIR in GINZA」が銀座マロニエゲート1で開催…

    2024.02.09

  5. SESAME STREET MARKET(セサミストリートマーケット)

    世界で唯一のオフィシャルストア「セサミストリートマーケット」1…

    2024.02.06