【京都】子供と一緒に絶景グランピング♡「ブルードーム 京都天橋立」「Relax&fun 森のグリーンドーム」

いよいよ暖かくなってきて、アウトドアシーズン到来!

京都にある日本三景の一つ、天橋立に家族で楽しめるグランピング施設がオープン♡

天橋立のある丹後エリアにて初心者でも楽しめるグランピング施設を展開するマリントピアリゾートは、
2019年4月に関西初のペット同伴専用のグランピング施設「ドッググランピング京都天橋立」
日本海が広がる絶景のロケーションにあるグランピング施設ブルードーム 京都天橋立」を新たにオープンし、
丹後の自然を感じることができる貸切グランピング「Relax&fun 森のグリーンドームをリニューアルオープンしました!

今回は、日本海を目の前に臨むブルードーム 京都天橋立と、
関西初の貸切グランピングが叶うRelax&fun 森のグリーンドームを取材して参りましたので
この2つの施設の魅力を子連れ目線で紹介していきたいと思います。

どちらも子連れに優しい工夫がたくさん!

これからの新緑の季節、そして夏休みにぜひ家族で訪れたいグランピングリゾートの魅力をたっぷりとご紹介いたします♡

海が目の前♡!ビーチでもたっぷり遊べる絶景グランピング施設『ブルードーム 京都天橋立』

(画像:「ブルードーム 京都天橋立」HPより)

ブルードーム 京都天橋立」の目の前には、海水浴ができる日本海の小松浜ビーチが広がります。

デッキを降りたらすぐにビーチにアクセス!

大人はデッキでのんびりしながら、子供がビーチで遊ぶのをしっかりと見守ることができます。

まるでプライベートビーチ♡のようなので、子供ものびのびと水遊びができて、誰にも迷惑をかけることもありません。

そんな夢のような場所でグランピングができるのが、「ブルードーム 京都天橋立」です。

 

3つのブルードームは全てガゼボ&駐車場付き!

ブルードームは全部で3つあり、直径6mの水色のドームテントに白いガゼボデッキが施されています。
一つ一つの距離感もしっかりあるので、子供が少し騒いでも大丈夫♡

1部屋あたり2台までの無料駐車場があるので、車での家族旅行でも問題なし!

21時までであれば手持ちの花火もOKなので、お子様も水遊びに花火に、夏のお遊びを満喫できます♡

 

グリル付きでデッキでBBQも♡食事はオーダーも持ち込みもOK!

各ドームにはグリルがついているので、BBQすることも可能です。

デッキには専用BBQコーナーがあります。

天気が良ければデッキで食事をしてもいいし、風が強かったり寒い日には開放感のある建具の中で食事をいただくこともできます。

食事は1泊2食付きのプランで予約すれば、持ち込む必要もありません♡

ステーキ、ソーセージなどのBBQメニューに、約30種類の中からスキレット料理を2種類選ぶことができます。

また、こちらのBBQにはシャンパンがついていて、その他のドリンクは自由に持ち込むことができます。

子連れ旅行は何かと荷物が多くなりがちなので、大人のお食事はこちらでお願いしてBBQをみんなで楽しむことができますね♡

お子様が食べられる食材が決まっていたり、離乳食の場合は、素泊まりプランにして、
お子様用には食べ慣れた食材を持って来れば安心してお食事をすることができます♡

子連れに優しいきれいなお手洗いとバスタブ付きお風呂

そして気になる水回りはというと、お手洗いもきれいで、ウォシュレット機能も完備!!

これだけでもアウトドア苦手意識がなくなりますよね。
アウトドア初心者という方でも、グランピングへのハードルがぐっと下がるのではないでしょうか。

普段のお手洗いではないと、なかなかトイレがうまくできないお子様もいます。

でも、家のトイレと同じような清潔感があれば、お子様も安心してトイレを使うことができますね♡

 

お風呂とお手洗いは別になっていて、お風呂にはバスタブもあります。

海風を浴びても、シャワーでさっぱりして、お風呂にゆったり浸かってその日の疲れを取ることができます。

さらに、アメニティはロクシタンが用意されているのが嬉しい♡

赤ちゃん用のボディソープも用意されているので、小さいお子様連れでもわざわざ子供用のアメニティを持って来る必要がありません。

お風呂は追い焚き機能まで!

自宅と変わらない充実さです。

子供が一緒だと、ユニットバスはとってもお風呂に入れにくいですよね。

こうやってバスタブにゆっくりと入れることができて、洗い場でちゃんとシャワーが浴びられるのは、実は子連れにはとても嬉しいポイントだったりします。

シンク部分にはドライヤーもあるので、本当に手ぶらでのグランピングが叶います♡

シンク上にはこんなにかわいい鏡も♡

ドライヤーを使うときや洗顔するときにもちょっと鏡があると便利さが違うので、特に女性には嬉しいポイントです。

続いて、少しずつデザインの異なる3つのドームの内装を紹介します!

ブルードームNo.1

マリンテイストでブルーを基調とした明るいお部屋です。

二人がけのソファと、ハンモック、モロッカンスツールのプフがおしゃれ♡

広さはたっぷりとあるので、お子様のハイハイスペースもしっかりとあります!

船で冒険に出かけるような、わくわくする地球儀のトランクも♡

ベッドは各部屋共通で、シングルベッドが2台あります。
そのほか、マットレスを使って、大人4名まで宿泊可能だそう。

全身鏡に、アメニティとしてコーヒーのポット、コーヒー豆、コーヒーミルにサーバーまで用意されています。

シェルフも真っ白で爽やか♡

朝は、自分で目覚めの一杯を入れて、海を眺めながらコーヒーなんていうのも気持ち良さそう!

 

各部屋に冷蔵庫も完備。

好きなドリンクを持ち込んで、こちらで冷やしておくことができます。

 

ブルードームNo.2

モロッコ風インテリアに欠かせないスツール、プフがかわいいNo.2のお部屋♡

ソファは一人がけで、ハンモックがあります。

都会にいるとなかなかハンモックでお昼寝なんてこともできないので、特にお子様にとっては新鮮な経験になること間違いなし♡

地球儀のトランクやガーランドのランプも同じなのですが、ちょっとずつNo.1と色合いが違ったり、舵輪があったりと、それぞれの内装も工夫がされています♡

こんなネットや浮き輪もあって、海に来た気持ちがさらに高まります♡

ベッドのデザインは、基本的に全部屋一緒です。

シェルフのデザインはお部屋それぞれ。

No.2のお部屋は、木の温かみが素敵です♡

ブルードームNo.3

 

No.3のお部屋には、肘掛付きの二人がけのソファー。

そして、コーヒーテーブルがあります。

スツールはありませんが、コーヒーテーブルでゆっくりとカフェタイムも過ごせそう♡

シェルフもアイアンが入って、少し大人っぽい雰囲気。

 

ベッドの配置は3部屋共通で、窓に向かっています。

朝からたっぷり朝日を浴びて、すっきりと起きられそう♡

 

海を感じられる「ブルードーム」

目の前が海で、夜は波の音を感じながら眠りにつくことができる「ブルードーム」。

ドームもとても爽やかな内装で、ビーチリゾートを独り占めしているような気分になれます。

朝起きてビーチをお散歩するのも気持ち良さそうですね♡

大人の目の届く範囲で子供を遊ばせることができるので、お子様づれでものびのびとグランピングを楽しむことができます。

天橋立の自然とともに、ビーチリゾート感もしっかりあるのが「ブルードーム」。

これから夏に向けて、マリンアクティビティや海水浴など、グランピングもビーチリゾートも欲張りで楽しみたいご家族におすすめです!

 

『ブルードーム 京都天橋立』
住所:〒626-0225 京都府宮津市字日置3989-1
<車>京都縦貫自動車道「与謝天橋立IC」より約20分
<電車>JR東海道本線「新大阪駅」~「福知山駅」 約1時間40分
丹後鉄道「福知山駅」~「天橋立駅」 約40分
「天橋立駅」より送迎バス 約30
TEL:0772-45-1073
HP:http://dome-blue.com/
利用人数:定員4名(ドームあたり)
宿泊料金:18,000円〜(1泊2食付)

 

次ページ:関西初!貸切可能な「Relux&fun 森のグリーンドーム」

1

2

written by Kiwako

【Mamaライター】主なテーマ :グルメ、子連れで行ける観光スポット

  


関連記事

  1. 子連れショッピング天国グアム♡押さえておきたいスポット10選

  2. 【福島】家族で楽しく優雅に過ごせるオールシーズンリゾート 「ホテルリステル猪苗代」へ美食温泉旅

  3. 【旅の準備】ベビー連れ海外旅行のパッキング!必需品、あると良いものチェックリスト(離乳食期)

  4. 【東京】吉祥寺で子連れランチ!大人も嬉しい本格タイ料理レストラン「アムリタ食堂」

  5. 【東京ディズニーランド】マタニティでも楽しめる♡ディズニーランドの過ごし方

  6. 【三重】熊野の自然派リゾート「里創人 熊野倶楽部」で別荘気分のデトックス旅

  7. 【三重】伊勢神宮の杜を眺める温泉旅館「いにしえの宿 伊久」で泊まって楽しむお伊勢参り

  8. 【プーケット】これぞ究極の贅沢♡アジア随一のラグジュアリーリゾート「トリサラ」

  9. 【東京】お宮参りやお食い初めに!水天宮すぐそばの「ロイヤルパークホテル」のお祝いプラン