【台湾】台湾の星野リゾートで子連れ温泉旅!『星のやグーグァン』で2泊3日のおこもり滞在

日本から飛行機で3、4時間で行け、子連れにも人気の旅行先、台湾

その台湾に2019年6月、星野リゾートが温泉リゾートをプロデュース!!

台湾の秘境、台中郊外の山間部、グーグァン(谷關)に誕生した
『星のやグーグァン』に家族で滞在してきました。

今回は1才の息子と5ヶ月の娘を連れて、娘にとっては初めての海外旅行。
幼い子連れということもあり今回はおこもり滞在を満喫しました。

グーグァンの豊かな自然と、日本随一の高級リゾート「星のや」のコラボレーションを
存分に堪能した滞在をご紹介したいと思います。

台湾の温泉渓谷の楼閣『星のやグーグァン』が2019年6月開業

台湾第二の都市、台中の郊外のグーグァンに誕生した『星のやグーグァン』は、星野リゾートが台湾で初めてプロデュースするラグジュアリー温泉リゾート

(画像:「星のやグーグァン」HPより)

「温泉渓谷の楼閣」をコンセプトに、湯量豊富な温泉、山々に囲まれた標高800mの谷あいに佇む『星のやグーグァン』はまさに秘境の楽園。

今回は2泊3日のおこもり滞在のスケジュールに沿ってご紹介します。
子連れ旅の参考にしていただければと思います!

『星のやグーグァン』の美術館のようなロビーエリア

15:00 到着、チェックイン

『星のやグーグァン』は、リゾートそのものがグーグァンの魅力を体現しています。
天井が高く落ち着いた造りのロビーには、水源の豊富なグーグァンの川を表現する絵画や温泉の湯気を表現するオブジェクトが出迎えます。

レセプションカウンターには、グーグァンの水と山を表現する絵画が飾られており、自然豊かなグーグァンの魅力をアートで感じることができます。

チェックインを済ませ、館内を案内していただきながら客室へ向かいます。

ロビーの奥には、ショップと滞在中楽しめるライブラリーラウンジ

一面の窓からは自然溢れる広い敷地内を眺めることができます。

ライブラリーラウンジから客室棟へは、竹林に囲まれた小道を進みます。

ところどころ段差もありますが、スロープがあるのでベビーカーも安心です。

客室棟は台湾の住宅を模した凹凸のある設計となっており、客室までの通路も台湾の小道をイメージした遊び心のあるデザイン空間。

全室半露天風呂付き!『星のやグーグァン』の温泉フロア付客室

『星のやグーグァン』の客室のタイプは5つ。
そのほとんどがメゾネットタイプになっています。

私たちは今回その中でも最も多いタイプ、「風音」に滞在しました。

「風音」(かざおと):3名定員、87平米メゾネット

一面に緑を眺めるお部屋は、低め重心のインテリアがより開放感を感じさせます。

入り口は、玄関で靴を脱ぐ日本スタイル。

施設内は作務衣&下駄スタイルで過ごすことができるのも、星野リゾートならでは。

両側には、大きな掘りごたつの床座リビングと、ローベッドが並ぶベッドルーム。

ローベッドは、子供がベッドから落ちる心配がないので安心ですね。

窓やテラスからは雄大な山々や、敷地内の緑を贅沢に望めます。

また、玄関の奥にはオープンクローゼットとお手洗いがあります。

そして、入り口の横にある階段を登ると、『星のやグーグァン』が誇る、温泉フロア!!

 

『星のやグーグァン』名物!贅沢な温泉フロア

ガラス扉を開けると、大きな半露天風呂!

『星のやグーグァン』の温泉は、無色無味の弱アルカリ性炭酸水素塩泉で、肌への刺激が少なく、通称「美肌の湯」と言われています。

風通しの良いプライベートな空間で、いつでも何度でも源泉掛け流しの温泉を楽しむことができます。

温泉の隣にはシャワールームがあり、階段の反対側には2口洗面台。

「星のや」ブランドのアメニティ

アメニティは、「星のや」オリジナルブランド。

バスアメニティの他、洗顔や化粧水、シャワーキャップやヘアゴムがあるのも嬉しいポイント。

ミニバーエリアにはエスプレッソマシーンやミネラルウォーター、ホットドリンクが並びます。

 

ベビー向け設備、アメニティ

今回は、娘にベビーベッドと仕切り付きのベッドを用意していただきました。

ミニバーのカウンターには、哺乳瓶洗いやミルクを温めるセット。

匂いが漏れないおむつ用のゴミ箱も完備!

また、温泉フロアには、ベビーバスやベビーソープ、子供用歯ブラシも用意してありました!!

ベビーソープも見慣れた日本製なので安心です。

子供用の作務衣も用意していただきました。

お部屋で和菓子とお茶をいただき、ほっと一息。

『星のやグーグァン』おこもりステイのスタートです。

次ページ:『星のやグーグァン』の水の庭「ウォーターガーデン」と屋外プール

1

2 3
Remi

written by Remi(代表・編集長)

『LOVETABI Mama』代表・プロデューサー。一男一女の母。


関連記事

  1. 【マザーズバッグ】ワーママにおすすめ!通勤にも保育園送迎にも使える機能性バッグ3選

  2. 【東京】屋内の子連れスポット!おもちゃの体験型ミュージアム「東京おもちゃ美術館」

  3. 【山梨】アクティビティも充実!『星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳』で大満喫の子連れステイ

  4. 【マタニティー&授乳服/秋冬】働くママにおすすめ!産前産後OKのオフィスコーデ1week

  5. アスレチック7選

    【全国】子どもと一緒に楽しむアスレチック施設7選!全身を使って遊び尽くそう

  6. 【新潟】2階建てログハウスで快適グランピング体験!「キューピットバレイ」で温泉付きの子連れステイ

  7. 【東京】「PIXARのひみつ展」でピクサーの作品づくりの裏側を体感!

  8. スイスホテル南海大阪

    【大阪】難波駅直結!「スイスホテル南海大阪」でママがリラックスできる贅沢子連れホテルステイ

  9. グランピング7選 西日本

    【西日本】子どもと行きたいグランピング場7選!大自然の中で今しかできない体験を

  1. 【リリース】スヌーピー、トムとジェリー、すみっコぐらしの3種類の…

    2022.09.26

  2. 【イベント】ムーミンバレーパークにて冬季ナイトイベント『ムーミ…

    2022.09.12

  3. 【リリース】ブッキング・ドットコム、子どもと楽しめる宿泊施設5選…

    2022.09.09

  4. 【リリース】マリオットホテル ドッグフレンドリールーム 1周年記…

    2022.08.22

  5. 【愛知】「ヒルトン名古屋」サンリオキャラクターズと初コラボ! 秋…

    2022.08.08