西表島にあるクーラの滝

沖縄の星野リゾート「西表島ホテル」のアクティビティ7選!親子で自然を満喫

星野リゾート 西表島ホテル」(以下、「西表島ホテル」)では、その大自然に位置する環境を生かしたアクティビティや、西表島の生物多様性を深く知るアクティビティが豊富にあります。

公式HPを見るとどれも難易度が高そうに感じましたが、小さな子どもが参加できるアクティビティも多数!

今回は、4歳の息子と一緒に体験した2泊3日の「西表島ホテル」でのアクティビティについて、私たちが体験した時系列でご紹介します。

自然や生き物を学び、自身でジャングルを歩いて目で見てさらに深く知る。
旅育にもぴったりで、子連れで「西表島ホテル」に滞在する方にはぜひ体験していただきたいアクティビティばかりです!

「西表島ホテル」の概要についてはこちら↓

「西表島ホテル」アクティビティ:1日目 15:00 「イリオモテガイドウォーク マングローブコース」

西表島ホテルのイリオモテガイドウォークマングローブコース

「西表島ホテル」の宿泊客であれば、誰でも無料で参加できる「イリオモテガイドウォーク」。

初日は、マングローブについて学ぶ「マングローブコース」へ参加しました。

「マングローブコース」の参加可能年齢や持ち物

西表島ホテルのイリオモテガイドウォークマングローブコース

こちらのアクティビティには年齢制限がないので、小さなお子さんでも参加可能です。

ビーチを歩くので、足元はビーチサンダルがおすすめ。

虫除けスプレーや、日差しよけの帽子やサングラス、水分補給できるドリンクがあると便利です。

生物多様性の基本となるマングローブを知ろう

西表島ホテルのマングローブ

「西表島ホテル」の目の前のビーチからスタート!
ビーチにあるさまざまな植物、そしてカニなどの生き物を観察しながら、だんだん河口へと歩きます。

しばらく歩くと、海と川がぶつかり、海水と淡水が混ざり合う汽水域というところに到着します。
この汽水域こそが、マングローブが育つ場所なのです。

そして私たちがマングローブと呼んでいるのは、この汽水域に生息している植物全般のことであって、マングローブとしてよく見かけているのは「ヤエヤマヒルギ」という種類の植物です。

マングローブは「生き物のゆりかご」とも言われていて、入り組んだ根の間にはたくさんの小魚や貝類、カニ類などが生息し、それらを捕食する鳥がやってくる……というようにマングローブがあることで豊かな生態系が形成されているのです。

マングローブコースを歩いているだけでも多くの植物や、貝、カニ、鳥、魚などたくさんの生き物にも会えました。

マングローブコース

このように、マングローブが西表島の生物多様性に大きく寄与していることも学べる貴重な時間です。

 

イリオモテガイドウォーク マングローブコース
期間:通年
時間:9:00、10:00、15:00、16:00、17:00(4~11月)
対象:どなたでも(定員10名、最少催行人員1名より)
料金:無料

「西表島ホテル」アクティビティ:1日目 16:00 「夕暮れマングローブカヤック」

夕暮れマングローブカヤック

イリオモテガイドウォーク マングローブコースの後は、そのまま「夕暮れマングローブカヤック」へ!

ホテルのすぐ横を流れる沖縄県最長の川「浦内川」の河口をカヤックで進み、マングローブを水上から眺めるだけではなく、夕刻の大自然が移り変わっていく様子を体感できます。

「夕暮れマングローブカヤック」の参加可能年齢と持ち物

夕暮れマングローブカヤック

こちらのアクティビティには3歳から参加できます。

カヤックに座るとお尻や足が濡れてしまうので、水着とサンダルで行くのがおすすめ。
また、日焼け対策にラッシュガードや帽子、サングラスがあると便利です。

カメラなどは防水バッグを貸していただけるので、そちらに入れて行きましょう!
子どもは、子ども用のオール、そしてライフジャケットを着用して出発します。

夕暮れマングローブカヤック

水上からマングローブと絶景を眺めて

夕暮れマングローブカヤック

カヤックへ乗って出発!

まずは、干潮時にのみ表れる干潟へ上陸します。

夕暮れマングローブカヤック

干潟から見えるくじらのような形をした岩は、サンゴ礁でできた琉球石灰岩。
改めて、沖縄の島はサンゴから成っているんだということを実感します。

そこから浦内川の河口へ向かい、マングローブの林へと向かいます。

夕暮れマングローブカヤック

マングローブの景色を水上から眺められるのは、カヤックならでは。

全体的に水深も浅めで、もちろんスタッフの方が同行してくださるので、カヤック初心者の方でも安心して楽しめます。

ぜひ、西表島ならではの水景を堪能してみてはいかがですか?

夕暮れマングローブカヤック
期間:通年
時間:夕暮れ時間にあわせて(詳細は公式HPをご確認ください)
対象:3歳〜70歳(定員10名、最少催行人数1名より)
料金:13歳~70歳 4,400円 / 7歳~12歳 3,850円 / 3歳~6歳 3,300円(2022年10月~2023年3月)

「西表島ホテル」アクティビティ:1日目 19:15 「イリオモテヤマネコの学校」

イリオモテヤマネコの学校

1日目の夕食後に、「西表島ホテル」で開催されている「イリオモテヤマネコの学校」に参加しました。
こちらは、講義型のアクティビティです。

西表島を代表する生き物の1つ・イリオモテヤマネコについて、その生態や特徴、そしてどのようにこれから保護していくべきか、などを学べるプログラム。

なかなかお目にかかれないイリオモテヤマネコの貴重な鳴き声を聴けたり、息子もイリオモテヤマネコに興味津々!

西表島ホテルロビー

島内には100頭ほどしかいないイリオモテヤマネコですが、年間に何頭かが車の事故で死んでしまうそう。そんな「ロードキル」からイリオモテヤマネコを守る大切さなども学べます。

こちらは予約不要、参加費も無料。
お子さんとイリオモテヤマネコについて学ぶ貴重な機会になるはず。

イリオモテヤマネコの学校
期間:通年※世界遺産の学校と日替わり
時間:19:15〜19:45
対象:どなたでも
料金:無料

「西表島ホテル」アクティビティ:2日目 08:20 奥西表の絶景ビーチ!「イダの浜で遊ぼう!」

イダの浜

「イダの浜」がある奥西表エリアは、車では行けない地域。
送迎車と船を乗り継いで、秘境のビーチ「イダの浜」へ遊びに行くアクティビティにも参加しました!

「西表島ホテル」発着で、各種レンタルグッズも充実。
ビーチではシュノーケリングを楽しみながら、海の生き物を観察できます。

所要時間は集合から解散まで約3時間半です。
まずは車で港に向かい、港からは小さめのボートに乗船!

イダの浜へ行くボート

風を切りながら、約20分ほどで「イダの浜」に到着します。

イダの浜へ行くボート

船ではないと辿り着けないのが、まさに秘境♡

「イダの浜で遊ぼう!」プログラムの参加可能年齢と持ち物

イダの浜へ行くボート

こちらのアクティビティは0歳の赤ちゃんから参加できます。

持ち物は、水着や日焼け対策アイテムなどで、私たちは水着にサンダル、そして日焼け防止にラッシュガードを着た状態で集合しました。
その他、サングラスや日焼け止め、帽子などもあるとよいです。

また、飲み物も持参しましょう!
「西表島ホテル」でマイボトルに水を入れて行きました。

午前中(あるいは午後)いっぱいのプログラムで、海にも入ってお腹も空くので、お子さんにはおやつも持っていってあげるとベター。

「イダの浜で遊ぼう!」レンタルグッズ

イダの浜でのウェットスーツ

ビーチで遊ぶための各種グッズはレンタルなので持参する必要はありません。
マスク、シュノーケル、フィン、ライフジャケットのシュノーケル4点セット、そしてバスタオルを一人1枚貸していただけます。

私たちが行った10月はすでに水温も下がっていたので、ウェットスーツも貸していただいて着用しました。

その他、現地に到着後にポップアップテントもお借りしました。

イダの浜でのポップアップテント

途中、息子が疲れておやつを食べたり、お昼寝したりとテントが大活躍!
小さなお子さん連れで行く場合は、お借りすると良いと思います。

現地には簡易シャワーや簡易トイレもあるので安心です。

「イダの浜で遊ぼう!」でシュノーケル

イダの浜でのシュノーケル

「イダの浜」での遊び方はさまざまですが、やはりおすすめはシュノーケル。
浜から少し泳いで行っただけでも、珊瑚礁や熱帯魚などを間近で眺めることができます。

なお、息子はスイミングは習っているもののまだシュノーケルは難しかったようで、今回は海の中を眺められるフロートをお借りしました。

イダの浜でのシュノーケル

私が息子のフロートを引っ張って泳ぎます。

イダの浜でのシュノーケル

残念ながら珊瑚礁の大半は死んでしまっていたのですが、かわいい熱帯魚の姿に大興奮!
カクレクマノミも見ることができました。

さらには、ウミガメを間近で眺められたことに親子で感動♡

息子にとっては、普段水族館で眺めているだけの魚をより近くで見ることができたのがとても楽しかったようです。

心ゆくまでシュノーケルを楽しむのもよし!
疲れたらテントで休んだり、砂浜で遊んだりと、過ごし方もさまざまです。

イダの浜

また、常にスタッフの方が見ていてくれるのも安心なポイント。

西表島ならではの秘境ビーチで贅沢な時間を過ごせるので、ぜひ参加してみてくださいね!

イダの浜

イダの浜で遊ぼう!
期間:午前は通年、午後は1月2月開催なし
時間:通年 8:20~12:00 / 3月~12月 13:20~17:00
対象:どなたでも(定員8名、最少催行人数2名より)
料金:期間によって変わります。公式HPをご確認ください。

「西表島ホテル」アクティビティ:2日目 15:00 「イリオモテガイドウォーク ジャングルコース」

イリオモテガイドウォークジャングルコース

2日目の午後は、初日に続き「イリオモテガイドウォーク」に参加しました。

今回は「ジャングルコース」で、西表島のジャングルに生息する植物や生き物についてガイドさんにいろいろ教えていただきながら実際にジャングルの中を歩くアクティビティです。

「ジャングルコース」の参加可能年齢や持ち物

イリオモテガイドウォークジャングルコース

こちらは年齢制限もないので、小さなお子さんでも参加可能です。

ジャングルの中を歩くので、歩きやすく、できれば汚れても良い靴で参加しましょう。

また、ジャングルの中には虫が多くいます。
虫除けスプレーを貸してもらえますが、あまり虫除けスプレーをしてしまうと肝心の生き物に出会えなくなってしまうので、長袖、長ズボンなど肌を守れる服装で参加するのがおすすめです。

西表島に生息する多くの生き物・植物に出会おう!

イリオモテガイドウォークジャングルコース

ジャングルは、なんと「西表島ホテル」の敷地内にあります。
一歩足を踏み入れると、自然のままの姿が広がることに驚きを隠せませんでした。

ここにはリュウキュウイノシシや、なんとイリオモテヤマネコが来たかもしれないという形跡もあるそう。

ジャングルでは、「西表島フィールド図鑑」という西表島の生き物や植物が多数載っている図鑑を片手に、ガイドさんと共に歩きます。

イリオモテガイドウォークジャングルコース

少し歩くだけで、珍しい植物や生き物にたくさん出会える自然の宝庫!

息子も初めて聞く植物の名前や生き物の名前にワクワクが止まりません。

約45分ほどのツアーで、アダン、アコウ、オオタニワタリ、クワズイモなど珍しい植物の名前をすぐに覚えてしまいました。

イリオモテガイドウォークジャングルコース

ツアーの最後には、サキシマキノボリトカゲという西表島をはじめとした先島諸島に生息するトカゲにも遭遇できました。

私たちが出会った植物や生き物ががどんな姿形をしているのか……ぜひ西表島で確認してみてくださいね♡

イリオモテガイドウォーク ジャングルコース
期間:通年
時間:9:00、10:00、15:00、16:00、17:00(4~11月)
対象:どなたでも(定員10名、最少催行人員1名より)
料金:無料

「イリオモテジャングル図書館」

イリオモテジャングル図書館

「イリオモテジャングル図書館」は、このジャングルエリアにあり、西表島に生息する生き物の図鑑や絵本、写真集など、西表島に関連した書籍に特化した、ここだけのユニークな図書館です。

ジャングル図書館

書籍の数はなんと300冊以上!
子どもでも手に取りやすい絵本や図鑑を通じて、子どもの西表島への興味や理解も深まりそう。

イリオモテジャングル図書館

「イリオモテガイドウォーク ジャングルコース 」のスタート兼ゴール地点にあるので、ガイドウォークの後に立ち寄ってみては?

イリオモテジャングル図書館

 

イリオモテジャングル図書館
期間:通年※雨天中止の場合あり
時間:9:00〜18:00
場所:ホテル敷地内のジャングルエリア
対象:宿泊者どなたでも
料金:無料

 

「西表島ホテル」アクティビティ:2日目 19:15 「世界遺産の学校」

世界遺産の学校

2日目の夕食後は、「世界遺産の学校」に参加しました。
こちらは、「イリオモテヤマネコの学校」同様、講義型のアクティビティで、それぞれの学校は毎日交互に開催されています。

「世界遺産の学校」では、西表島が世界自然遺産に登録されるのに評価された「生物多様性」について学べます。

ジャングルや河川、そしてマングローブなどが生息することで、そこには生き物が集まります。
その生き物には西表島の環境だからいきられる固有種もたくさん!

午後に参加した「イリオモテガイドウォーク ジャングルコース」で実際に見た植物や生き物の紹介もあり、息子は大興奮!
進行してくれているスタッフさんの質問にも誰よりも大きな声で答えていました。

このように、各アクティビティが点と点から線となって繋がっているのも、魅力。

こちらは予約不要、参加費も無料です。
お子さんと西表島の自然豊かな魅力や世界遺産に登録された理由などを学んでみてはいかがですか?

世界遺産の学校
期間:通年※イリオモテヤマネコの学校と日替わり
時間:19:15〜19:45
対象:どなたでも(定員10名、最少催行人員1名より)
料金:無料

「西表島ホテル」アクティビティ:3日目 08:30 「クーラの滝 トレッキング」

クーラの滝

最終日は、朝からトレッキングへ出発!

「西表島ホテル」で用意しているトレッキングには初心者向けから、ハードな上級者向けまでいくつかありますが、この「クーラの滝 トレッキング」は初めての方でも安心して参加できるレベル。

ジャングルの中を進みながら、滝を目指す所要時間約1時間半のトレッキングです。
ホテルからジャングルまでは車で20分ほどかかるので、移動も含めて全体で約2時間半ほどはかかります。

「クーラの滝 トレッキング」の参加可能年齢と持ち物

クーラの滝

こちらのアクティビティは4歳から参加できます。

ジャングルの中を進み、途中は川の中も歩くので、濡れても汚れても良く速乾性のあるズボン着用がおすすめ!

飲み物や、子どもが途中で疲れても大丈夫なようにすぐ食べられるおやつもぜひ持参しましょう。

なお、トレッキング用のフェルトシューズは貸していただけます。

滝を目指しながら西表島の自然に触れるトレッキング

クーラの滝

本当にここが入口なの?と目を疑うような場所が、トレッキングのスタート地点。
ジャングルの道を踏みしめながら、歩をすすめていきます。

トレッキングをしていると、前日の「イリオモテガイドウォーク ジャングルコース」で見た植物にもたくさん出会いました。
生き物もたくさん!

サキシマキノボリトカゲ

驚いたのが、息子が次々といろいろな生き物を発見したことです。

イリオモテモリバッタ

前日にインプットしたことを、トレッキングを通じてアウトプットしている姿に、息子の成長を感じてとてもビックリしました。

トレッキングは、行きは山を登っていき、途中は岩場を下っていきます。

クーラの滝トレッキング

岩場を下っていくとだんだん水の音が聞こえ、見えたのがクーラの滝。

クーラの滝

コンパクトながら、美しいその姿にとても感動しました。

クーラの滝

トレッキングを頑張った人だけがたどり着ける絶景です。

帰りも同じコースを辿るのですが、岩場さえ登ってしまえばあとはゆるく山道を下っていくだけ。

息子がいつ「抱っこ!」というか心配でしたが、一度も弱音を吐くことなくトレッキングを頑張りました。

クーラの滝トレッキング

その姿に親として成長を感じ、また、この西表島での3日間の滞在で学んだことの答え合わせをすべてここでできたような、達成感も感じました。

西表島の自然や生態系に触れられる体験であると同時に、子どもの「できた!」「頑張った!」を育めるトレッキング。

ぜひ、親子で挑戦してみてくださいね!

なお、カヤックとトレッキングがセットになったアクティビティのうち、トレッキングだけを体験しました。

実際のアクティビティの詳細については、公式HPよりご確認ください。

クーラの滝 カヤック&トレッキング
期間:通年 ※潮位により中止日があります。(実際の開催日は公式HPをご確認ください)
時間:開催期間によって異なります。公式HPをご確認ください。
対象:4歳~70歳(定員14名、最少催行人員大人2名より)
料金:開催期間によって異なります。公式HPをご確認ください。

「西表島ホテル」で大自然を満喫するアクティビティを!

マングローブカヤック

2泊3日の滞在で、実に7つものアクティビティに参加した私たち。
どのアクティビティも、「学び」があるのがポイントです。

ただ遊ぶだけではなく、西表島の自然、環境、生態系を肌で感じられるのが、「西表島ホテル」のアクティビティの素晴らしいところ。

そして、各アクティビティを終えると学びが深くなり、最後のトレッキングはその集大成となって学んだ知識をアウトプットしながら参加することができました。

すべてのアクティビティを終えて、西表島の魅力にさらに夢中になってしまった私たち。
息子は、「西表島フィールド図鑑」をとても気に入り、帰宅後も図鑑を広げては自分が出会った植物や生き物についてお話してくれます。

自分の目で見て、自分の足で歩いて発見した数々のことは、息子にとっても大きな財産となり、まさに旅育に。

西表島だからこそ体験できるダイナミックで自然たっぷりのたくさんのアクティビティ。
「西表島ホテル」滞在後は、お子さんが一回り成長したと感じること間違いありません。

星野リゾート 西表島ホテル
住所:沖縄県八重山郡竹富町上原2-2
TEL:050-3134-8094 (9:30〜18:00)
料金:1泊14,000円〜 / 名(朝食料金、税・サ込み)
※宿泊したデラックスルームは1泊20,000円〜 / 名(朝食料金、税・サ込み)
※6歳まで添い寝無料(4~6歳は朝食料金別途発生)
アクティビティデスク:0980-85-7111(電話受付時間/10:30〜14:00)

取材協力:星野リゾート 西表島ホテル

written by Kiwako(ディレクター)

【LOVETABI Mamaディレクター】主なテーマ :子連れ旅・子連れお出かけ・ママ美容


関連記事

  1. 【旅の準備】子連れ海外旅行の荷物チェックリスト!1歳児の必需品、あると良いもの(幼児食期)

  2. 【東京ディズニーリゾート】初めてのお泊まりディズニー♡「ディズニーアンバサダーホテル」のキャラクタールームにステイ

  3. 【東京】「新宿御苑」を子連れカフェ散歩!四季の自然と絶景スターバックスを満喫

  4. 【大阪】子連れで楽しむUSJ!話題の新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」でマリオの世界へ

  5. 京都スカイホップバス

    【京都】2階建てオープンバス『スカイホップバス京都』で行く子連れでの京都ぐるっと1周観光

  6. 【新潟】「舞子高原ホテル」に泊まって楽しむ「大地の芸術祭」子連れ旅

  7. 【山梨】子供と一緒に南仏気分♡『ラビスタ富士河口湖』で富士山を望む贅沢おこもりステイ

  8. 2023新規開業グランピング

    2023年春に新規開業する国内グランピング施設9選!

  9. 菜の花スポットイベント

    【2024年】親子で行きたい!全国の絶景の菜の花畑を楽しめるスポット&イベント10選

  1. 「&Here TOKYO UENO」

    たのしんでくつろげるホテル「&Here TOKYO UENO」が2024年3月15日…

    2024.03.19

  2. 「SAPPORO SNOW MILK FAIR in GINZA」が銀座マロニエゲート1で開催…

    2024.02.09

  3. SESAME STREET MARKET(セサミストリートマーケット)

    世界で唯一のオフィシャルストア「セサミストリートマーケット」1…

    2024.02.06

  4. 「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」ベビーシャワー&アフタヌーンティー女子会

    「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」でベビーシャワープラ…

    2024.02.03

  5. チュピフランス絵本

    【日本発売開始】フランスで累計販売部数2600万冊以上のベストセラ…

    2024.02.01