OMO7大阪

【大阪】「OMO7大阪」でなにわラグジュアリーを体験!大阪をディープに知る子連れ旅育ステイ

2022年4月に星野リゾート「OMO」ブランド10施設目としてオープンした『OMO7大阪(おもせぶん) by 星野リゾート』(以下、「OMO7大阪」)。
大阪初の星野リゾートブランドとして、大きな注目を集めています。

大阪らしい人情味のあるおもてなしを楽しみながら、上質で洗練された空間とサービスを体験。
それでいて、大阪の歴史や文化を学べて、子どもにとってはまさに旅育!

4歳息子と一緒に宿泊したので、子連れだからこそ楽しめる「OMO7大阪」の魅力に迫ります。

 

新今宮にオープン!なにわラグジュアリーを体感する「OMO7大阪」とは

OMO7大阪

大阪でもディープな街として知られる新世界エリアにほど近い新今宮にオープンした「OMO7大阪」は、一言で言うと大阪らしさがぎゅっと詰まったホテルです。

大阪は「食い倒れの街」と称されるオリジナルの食文化が発達し、「水の都」として栄えて来た歴史があり、商人の街として、人情味あふれる人たちそのものが大阪らしさを体現しています。

「笑い」への意識、思わず聞き入ってしまう大阪弁、そして温かみのある大阪の人たちの気質など……どれもここでしか味わえないものばかり。

「OMO7大阪」では、大阪の「笑い」と「おせっかい」を採り入れた大阪らしいおもてなしと、洗練された空間と上質なサービスが織りなす「なにわラグジュアリー」を合言葉に、コンセプトの「ほれてまうわ、なにわ」を体感できる旅を提案しています。

「OMO7大阪」で子どもと探す大阪の遊び心

OMO7大阪

館内に入ると、ところどこに見られる大阪の遊び心。

まずは、エントランスを入ると大阪のシンボル的存在であるビリケン様がお出迎えしてくれます。

OMO7大阪

「OMOベース」へのエントランスゲートは、よく見るとたこ焼きなのがわかりますか?

OMO7大阪

歩いて行くと、ただの丸と思っていたアートにピックが刺さっていて、たこ焼きと気づく人も多いのだそう!

「OMOベース」にある「OMO7大阪」の看板はよく見ると顔ハメに!

OMO7大阪

ソーシャルディスタンスを取るために、足元をよく見てみるとビリケン様の足形になっていたり。

OMO7大阪

ところどころに、大阪をモチーフにしたアイコンや隠れ通天閣などがあるので、それらを探すのも楽しいですよ♪

OMO7大阪

「OMO7大阪」へのアクセス

OMO7大阪

JR新今宮駅、南海電鉄新今宮駅、Osaka Metro 動物園前駅、阪堺電気軌道新今宮駅前駅と、複数路線4駅から徒歩ですぐにアクセスできる恵まれた立地。

新大阪駅、伊丹空港、関西空港からも好アクセスです。

大阪でも色濃く土地の風情が残る新世界エリアをはじめ、なんばエリア、天王寺エリアなど大阪の主要エリアにもすぐに行ける場所にあります。

お部屋の中でも大阪気分!「OMO7大阪」の多彩な客室

OMO7大阪

「OMO7大阪」の客室は、8タイプ全436室。
旅のスタイルに合わせて、さまざまな客室を選べます。

ルームナンバーは、大阪のアイコンで表現。

OMO7大阪

くいだおれ人形だったり、ビリケン様のお顔だったり、たこやきから着想を得たたこだったり、阪神タイガースを思わせる虎だったり……。
自分のお部屋はどのアイコンかな?と想像を巡らせるのも楽しいですね♪

そして、どのお部屋も靴を脱いであがるので、小さなお子さんがいるファミリー旅行でも自宅のようにくつろげるのも魅力的!

コーナーツインルーム

OMO7大阪

二面の大きな窓が特徴の「コーナーツインルーム」。

OMO7大阪

窓からは、大阪のシンボル・通天閣をはじめ、大阪の街を一望できます。(なお、お部屋の向きによって眺望は変わります。)

OMO7大阪

カップルや友人での旅行でもプライバシーを守られる配慮もされていて、心地よく過ごせます。

 

いどばたスイート

OMO7大阪

約60㎡の広さを誇る「いどばたスイート」。

お部屋の中心にあるリビング空間には、大阪の代表的な観光スポットやかわいらしい大阪の人たちが描かれた「OSAKA ボード」と、大きなテーブル、ソファが配置されています。

OMO7大阪

「OSAKA ボード」を眺めながら、「明日はどこ行く?」とまさに井戸端会議さながらにおしゃべりを楽しむのが、「OMO7大阪」で過ごす旅の醍醐味!
「OSAKA ボード」を眺めていると、大阪の行きたい場所が次々に浮かんできます。

ゆっくり休みたくなったら、お部屋の四隅に位置するベッドスペースで。

OMO7大阪

半個室のように区切られているので、一人の時間もゆったりと。

ウェットエリアはダブルシンクになっていて、友人同士での宿泊でもそれぞれストレスフリーに使えそう。

OMO7大阪

バスタブつきのお風呂もあるので、お部屋でもゆっくりと旅の疲れを癒せます。

「いどばたスイート」は最大6名まで宿泊可能。
ファミリーや友人同士でのグループ旅行でも、部屋を分けることなくみんなで1つの部屋に滞在できるのが嬉しいですね!

OMO7大阪

大阪らしく“飴ちゃん”のサービスも♡

OMO7大阪

アメニティ

OMO7大阪

アメニティや館内着は「OMOベース」から必要なものだけをピックアップするスタイル。
無駄のないようにSDGsにも配慮されています。

なお、館内着のアイコンはランダムで選ばれるので、どんなアイコンが付いているのかお楽しみに!

子どもにはキッズサイズのアメニティや歯ブラシもご用意いただきました。

貸し出し可能なキッズアイテム

その他、子どもや小さな赤ちゃん向けに下記のアイテムを貸し出しいただけます。

ベビーバス / おむつ用ゴミ箱 / 哺乳瓶除菌、保管ボックス / 補助便座

これらのアイテムは宿泊当日にレセプションにて申し出ると、ご用意いただけます。
在庫に限りがあり、先着順での用意となるため、チェックインのときに確認してみてくださいね。

「OMO7大阪」の開放的でリラックスできるパブリックスペース

OMO7大阪

「OMO7大阪」には、宿泊客はもちろん、立ち寄った方でも開放的にリラックスして過ごせるパブリックスペースが充実しています。

おもしろい仕掛け満載!「OMOベース」

OMO7大阪

「OMO7大阪」での旅の始まりは、ここ「OMOベース」から。
大阪での旅が楽しくなるディープな仕掛け満載のパブリックスペースです。

まず目に入るのが、壁一面に描かれた「ご近所マップ」。

OMO7大阪

「OMO7大阪」周辺情報だけではなく、大阪全体のことが一目でわかるようなマップに目が釘付けです。

OMO7大阪

周辺情報は、実際に「OMO7大阪」のスタッフの方が足を運び、写真を撮り、おすすめ情報として発信してくださっているので信頼度も抜群。

「OMO7大阪」の周辺エリアは大阪でもディープな地域で、なかなか入るのに勇気がいるお店も。
そのため、スタッフの方の実際の声がたくさん集まっているのは、旅プランを考えるにもとても嬉しいですね!

その他、「OMOカフェ&バル」や「OMOダイニング」を利用している方は、「ライブラリーラウンジ」や後述の「みやぐりん」の利用も可能です。

OMO7大阪

私が滞在した日も、パソコンを広げて仕事をしている人やミーティングしている人、子連れでカフェタイムを楽しんでいる人と、それぞれの過ごし方で「OMO7大阪」の時間を満喫していました。

OMO7大阪

「OMOベース」内には、赤ちゃんのおむつ替えができるお手洗いや、個室完備の授乳室も。

OMO7大阪
OMO7大阪

調乳ができるようにお湯も用意されていて、赤ちゃん連れでも安心して過ごせます。

OMO7大阪

子どもと一緒に駆け回って♡広大なガーデンエリア「みやぐりん」

OMO7大阪

「OMO7大阪」の前面に広がる大きな芝生の広場・「みやぐりん」。
その広さは約7,600㎡!

丘のようになっている芝生広場の周りにはデッキテラスや散策路があり、どの場所でリラックスして過ごすかを探すのも楽しみの1つ。

OMO7大阪

息子は、ブランコのように揺れるチェアがお気に入りのようでした。

OMO7大阪

子どもと一緒に童心に帰って芝生を駆け回ったり、ドリンク片手にデッキテラスで休んだりと、思い思いの時間を過ごせます。

目の前に電車を見れる東屋も!

OMO7大阪
電車と同じ目線の高さになるように設計されていて、電車がホームに入ってくる臨場感を楽しめます。

みやぐりんは広く、そして安全。

OMO7大阪

子どもたちが笑顔で走り回っていたのがとても印象的でした。

広いお風呂で親子でリラックス「湯屋」

OMO7大阪

「みやぐりん」の一角には、大阪のお風呂文化を彷彿とさせる外観の「湯屋」があります。

下足入れの鍵もビリケン様の足形。

OMO7大阪

細やかな大阪へのこだわりを感じられます。

「湯屋」はとても大きなお風呂が特徴。
1つのお風呂に見えて、ぬるめ、深め、浅めと少しずつ違っているので好きなエリアを探してみてくださいね。

天井部分にある天窓には、実は窓はありません。
移り変わる空を眺めながら、外の空気を感じてお風呂にゆっくりと入ることができます。
朝と夜で違う表情を見せるので、宿泊滞在中は何度でも入りたくなってしまいます。

お風呂上がりには、息子と一緒に大阪「551」のアイスキャンデーをいただきました。

OMO7大阪

広くて子どもとのお風呂もノーストレス!

こちらの「湯屋」は宿泊者専用。
宿泊プランに「湯屋」の料金が入っていない場合は、1,000円で入浴券を購入し利用できます。

次ページ:「OMO7大阪」で体験!子どもも大阪の文化を学べるアクティビティ

1

2 3

written by Kiwako(ディレクター)

【LOVETABI Mamaディレクター】主なテーマ :子連れ旅・子連れお出かけ・ママ美容


関連記事

  1. 【おうち時間】マンションのリビングが簡単おしゃれに大変身!子どもと楽しむ 「#おうちキャンプ」

  2. 【東京】お洒落なテントでキャンプ飯♡子連れで楽しいグランピングカフェ「オガワ グランド ロッジ カフェ」

  3. 【山梨】「トーマスパーティールーム」で誕生日会♡富士急ハイランド公式ホテルで子供も喜ぶお祝いを。

  4. 避暑地リゾートホテル アイキャッチ

    【全国】暑い夏も子連れで涼しく過ごせる!避暑地のリゾートホテル8選

  5. ふなもり

    【静岡】伊豆・稲取温泉旅館『食べるお宿 浜の湯』で豪華舟盛り&絶景露天風呂を満喫

  6. マリーアントワネットルーム

    【愛知】『ストリングスホテル 八事 NAGOYA』のマリー・アントワネット〜コンセプトルーム〜で子連れホカンス

  7. 【撮影】旅先や記念日の出張撮影にオススメ♡サブスク・出張撮影サービス「Fotobiyori」

  8. 【結婚式・披露宴】子連れで参列!必需品&あると良い持ち物リスト(幼児食期)

  9. サムネイル

    【愛知】サンリオと初コラボ「ヒルトン名古屋」秋の収穫祭を親子で楽しむスイーツビュッフェ

  1. 【リリース】スヌーピー、トムとジェリー、すみっコぐらしの3種類の…

    2022.09.26

  2. 【イベント】ムーミンバレーパークにて冬季ナイトイベント『ムーミ…

    2022.09.12

  3. 【リリース】ブッキング・ドットコム、子どもと楽しめる宿泊施設5選…

    2022.09.09

  4. 【リリース】マリオットホテル ドッグフレンドリールーム 1周年記…

    2022.08.22

  5. 【愛知】「ヒルトン名古屋」サンリオキャラクターズと初コラボ! 秋…

    2022.08.08