【三重】熊野の世界遺産巡り!神話の舞台と自然のパワーを体感しよう

三世代三重旅、伊勢に続いて訪れたのは、世界遺産の町、三重県熊野。

海や山の大自然に恵まれ、古来の歴史の舞台となった熊野は、
世界遺産や日本百景に選ばれたスポットが沢山!

伊勢からのアクセスは車で南へ約1時間半、またはJRで熊野市駅まで約2時間半。

(画像:鬼ケ城HPより)

今回は子連れということで、車で回れる世界遺産めぐりをご紹介します。
半日のドライブで花の窟神社、獅子岩、鬼ケ城を訪れました!

 『日本書紀』の舞台!日本最古の神社「花の窟神社」

花の窟(はなのいわや)神社

熊野古道とともに世界遺産に登録されている花の窟。

日本最初の歴史書である『日本書紀』で「国産みの舞台」として登場し、
かの有名な「伊弉冉尊(イザナミノミコト)」が祀られているといわれる神社なのです!

緑に囲まれた神聖な雰囲気の参道を進むと、

左手に赤い鳥居が並び、奥に稲荷神社と龍神神社が祀られています。

手水舎の隣にある綺麗な丸型の岩は、球技のご利益があるとも言われ、
スポーツ関係者もよく訪れるのだとか!

そして目の前に現れる鳥居の先には大きな白い岩。

ここが、日本最古と言われる神社です。

社殿はなく、高さ約45mの巨岩をそのまま御神体としています。

年に2度、2月と10月にこの御神体から境内南隅の松の御神木に
約170メートルの大綱をわたす「御綱掛け神事」が行われます。

巨岩の麓にある大きな窪みがある岩陰が伊弉冉尊(イザナミノミコト)の葬地として拝所が設けられています。

神々の母である伊弉冉尊は、火の神(カグツチノカミ)を生むときに
やけどして死に、紀伊の国熊野の有馬村に葬られたと言われています。

向かいの巨岩はカグツチノカミの墓所とされており、
花の窟の名前の由来は、「花を供えて祀った岩屋」だそう。

まさに、日本人のルーツといえる場所である花の窟は
古来からの聖地として全国から多くの参拝者が訪れる神社です。

熊野に訪れる際には是非立ち寄ってみてください。

【世界遺産】花の窟神社

花の窟を参拝したあとは、隣接する茶屋でほっとひと休憩。

お綱茶屋(おつなちゃや)

花の窟にちなんだ商品の販売や食の提供を行う他、花の窟の歴史・由緒を伝えるための資料館など
ここならではの体験ができるスポットです。

ここで是非トライして欲しいのがこちらのみたらし団子!

もっちり食感の焼きたてのみたらし団子♡

こちらが何が特別かと言うと、地域特産品である古代米(イザナミ米)を使用したものなんです。

イザナミ米はイネの原種の特徴を受け継ぐ黒い色をしたもち米。
白米と混ぜて炊く事で褐色のもちっとした食感にできあがります。

みたらし団子の他にも、イザナミ米を使用したお餅にうどん、おにぎりは
ここお綱茶屋でしか食べられない名物。
可愛いパッケージのイザナミ米はお土産にもぴったりです。

お綱茶屋
住所:熊野市有馬町137
TEL :0597-88-1011
営業時間:10:00~17:00(年中無休)

次ページ: 日本のスフィンクス?!熊野灘に向かって吠える獅子の奇岩

1

2
Remi

written by Remi

『LOVETABI Mama』代表・プロデューサー。一児の母。

  


関連記事

  1. 【東京ディズニーランド】マタニティでも楽しめる♡ディズニーランドの過ごし方

  2. 【東京】お宮参りやお食い初めに!水天宮すぐそばの「ロイヤルパークホテル」のお祝いプラン

  3. 【プーケット】これぞ究極の贅沢♡アジア随一のラグジュアリーリゾート「トリサラ」

  4. 【三重】二見町で家族円満♡「夫婦岩」と超ふれあい水族館「伊勢シーパラダイス」

  5. 【箱根】森の中で暮らすように泊まる!「NEST INN HAKONE」で自然に囲まれた癒し旅

  6. 【バリ】ヴィラで過ごすアヤナリゾート3泊5日【モデルスケジュール】

  7. 【三重】観光特急「しまかぜ」で行く!伊勢神宮と周辺の参拝スポット

  8. 【バリ】専用プール&バトラー付き!ヴィラでプライベートなリゾートライフ『ザ ヴィラズ アット アヤナ リゾート バリ』

  9. 【バリ】バリのお土産に♡人気のセレクトショップやオリジナルグッズが揃うアヤナリゾートのショッピング