【ハワイ】カウアイ島の自然豊かなリゾートホテル「グランドハイアット カウアイ」が子連れにオススメな5の理由

子連れハワイ旅行、オアフ島でビーチやショッピングを楽しんだら、他の島に滞在するのも一つの楽しみ方。

ハワイのオアフ島以外の島々が子連れにオススメの理由は3つ!

1. ホノルルから約1時間のフライトで行ける!(ハワイ島は日本から直行便も。)
2. ローカル感や自然を満喫できる!
3. ホテル宿泊代もワイキキよりもお手頃で、敷地が広いのでプールも大きい!

ハワイの島々はそれぞれに特徴やサイズ、観光地があります。

例えば、「ハワイ島は広いので3泊以上あると良いかな」とか、
「ここはハイキングが目玉だから、子供がもう少し大きくなってからがいいかな」とか、
「ここはホテル周辺でゆっくり過ごせそうだから赤ちゃんでも行けそうだな」とか、
滞在日数子供の年齢によって行く場所を決めると良いと思います。

 

今回私たちが選んだのは、“The Garden Island”(庭園の島)と呼ばれる自然豊かなカウアイ島!!
決め手は、こちら。
大自然に触れたい
ドライブで1日で回れるコンパクトなサイズ感
泊まりたいホテルがあった

そして、今回カウアイ島に決めた理由の一つが、こちらのホテル。

グランドハイアット カウアイ リゾート アンド スパ(Grand Hyatt Kauai Resort & Spa)

広大な敷地に緑の美しい庭園やプール、ビーチが広がり、ゆっくりリゾートライフを楽しむのにぴったりの至福のホテルをご紹介します。

「グランドハイアット カウアイ」子連れポイント①自然豊かな広大な敷地

カウアイ島のリフエ空港からタクシーで南へ約30分
「グランドハイアット カウアイ」は、島で最も晴天率が高いリゾートエリア、ポイプ地区にあります。

開放感のあるロビーフロアには、オープンエアの庭園!
高い天井よりさらに高い木や、色鮮やかな植物が並び、奥にはオーシャンビューが広がります。

オウムが放し飼いされていたりと、まるでテーマパークのような空間で子供達も喜ぶこと間違いなし!

自然豊かなのカウアイ島の魅力が詰まった「グランド ハイアット カウアイ」は、
その広大な敷地を贅沢に使い、緑溢れる空間になっています。

 

「グランド ハイアット カウアイ」の魅力は何と言っても、広いプールエリア!!

プールの周辺も緑がいっぱいで、リゾート感満載です。

「グランド ハイアット カウアイ」のプール&ビーチエリアは多層式になっていて、
大きく分けると上から、大人プール、メインプール、人工ラグーン、ビーチとなっています。

メインプールでは、水中バレーボールやバスケットボールを楽しむこともでき、プールの内外に温かいジャグジーが2つあり、多くの人が集まっていました。

また、プールの一角には、大人も子供も楽しめるウォータースライダーもありました!
(身長制限あり)

 

ファミリーに人気のリゾートですが、静かに過ごしたい大人のために、
14歳未満は入られない大人プール(Adoult Pool)もあります。

他のエリアと違って静かで落ち着いていて、カップルや夫婦がビーチチェアに横になって読書やお酒を楽しみながら、ゆったり寛いでいました。

そして、オーシャンフロントのこちらのリゾートには本物の海さながらの人工のラグーンもあるんです!

塩水ラグーンは浅瀬も広く、海の波が高い日もここなら安心して子供と過ごすことができます。

そして、目の前には、本物のビーチ!!

ケオネロア湾ビーチ(Keoneloa Bay Beach)

ケオネロア湾は、世界的にも人気の美しい白浜が続くビーチ。
私たちが訪れた時は波が高かったので、波打ち際で足を浸けて楽しみました。

また、ホテルのスパには大きなジムやプール、ジャグジーもあり、毎朝、様々なヨガやフィットネス、アクアエアロビクスなどの無料アクティビティを日替わりで開催しています。

ホテルのショップも、カジュアルなお土産から高級ブランドまで沢山あって見て回るだけでも楽しい!

プールやビーチで遊び、庭園やビーチを散歩し、ショッピングやスパも楽しみ、
おこもりステイを存分に楽しむことができます。

「グランドハイアット カウアイ」子連れポイント②全室ラナイ付きの広々客室

「グランド ハイアット カウアイ」の客室は全604室(うちスイート39室)あり、
全ての客室からリゾートの庭園や海を楽しめる造りになっています。

今回宿泊したのは、ツインのクラブアクセス付きのグランドクラブルーム(2クイーン)

広々クイーンサイズのベッドが2台とソファ付きの広々お部屋は
温かみのあるクラシックハワイアン調のインテリアでまとめられています。

お部屋の先には、海を望む庭園へと続くプライベートパティオ。

「グランド ハイアット カウアイ」の全ての客室にプライベートなラナイ(バルコニーまたは地上階の場合はパティオ)があり、外に出て景色や潮風を感じることができます。

広いバスルームには、大きなバスタブとウォシュレット付きトイレ。

アメニティやバスローブもオリジナルで揃っています。

環境に配慮したこちらのリゾート、お水のボトルはエコボトルを採用していて、リゾート内各所にあるウォーターサーバーで注ぐシステム。

歯ブラシやベビーソープなどは、ルームサービスで持ってきてもらうことができます。

 

次ページ:「グランドハイアット カウアイ」子連れポイント③クラブラウンジで叶えるおこもりステイ

1

2
Remi

written by Remi

『LOVETABI Mama』代表・プロデューサー。一男一女の母。


関連記事

  1. 【ハワイ】ワイキキの絶景ホテル「アウトリガー・ワイキキ」が子連れにオススメな5の理由

  2. 【鳥取】遊べる空港!「鳥取砂丘コナン空港」が子連れファミリーにぴったりな3の理由

  3. 大切な節目や家族旅行の記念に♡グアムの絶景チャペルで再び愛を誓うバウリニューアル

  4. 【横浜】今話題の注目スポット!大人も子供も喜ぶ「うんこミュージアム」の魅力とは?

  5. 【セブ親子留学】ベビーシッター付きの親子留学専門校「Kredo Kids」へ3世代留学!【まとめ】

  6. 【三重】二見町で家族円満♡「夫婦岩」と超ふれあい水族館「伊勢シーパラダイス」

  7. 【抱っこ紐】ママもベビーも嬉しい♡boba wrap(ボバラップ)の魅力と簡単な巻き方

  8. 【プーケット】ロマンチックな美食体験♡「トリサラ」の絶品ダイニング

  9. 子連れショッピング天国グアム♡押さえておきたいスポット10選

  1. 【京都】子どもも一緒に、旅行気分でリモートワーク「ホテルにおこ…

    2020.03.05

  2. 【調査】「家族からの愛情を感じる写真」の特徴とは?

    2020.03.01

  3. 【全国】「ママ会」と「遊休スペース」をマッチングする「ママスペ…

    2020.02.20

  4. 【大阪】ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに期間限定で「ドラえも…

    2020.02.11

  5. 【東京・京都】水族館専属カメラマンによる撮影サービス「Aqualbum(…

    2020.02.08