子連れ南アフリカ旅行におすすめ!ケープタウンの絶景ホテル「ザ テーブル ベイ ホテル」

こんにちは、Remiです。

南アフリカ第2の都市で、アフリカを代表する観光都市、ケープタウン。
都会と大自然の両方を楽しめ、テーブルマウンテンや喜望峰、ワイナリー、ペンギンのいるビーチなど、見所も豊富!

ケープタウンの子連れ旅のホテル選びは、治安や周辺環境がとても重要。
今回はケープタウンの子連れ旅行にピッタリの5つ星ホテル「ザ テーブル ベイ ホテル」に6歳と4歳の子どもたちと滞在したのでご紹介します。

 

アザラシが暮らすウォーターフロントホテル「ザ テーブル ベイ ホテル」

ケープタウン国際空港から車で約30分、大西洋に面するウォーターフロント5つ星ホテル「ザ テーブル ベイ ホテル」。

ケープタウン随一の広さのショッピングモール「ビクトリア&アルフレッド・ウォーター・フロント」(通称「V&A Waterfront」)に隣接するので、ショッピングや外食も便利。
ケープタウンの中でも治安が良いエリアなので子連れでも安心して滞在や散策を満喫できます。

また、テーブル・マウンテンや大西洋の美しい景色を望み、なんと目の前の海では野生のアザラシが暮らすという唯一無二のロケーション!!

ホテルから野生のアザラシに出会えるなんて、贅沢。

ホテルのマスコット、アザラシのオスカーは、ホテルの正面の金ぴかの像を始め、至る場所で見つけることができます。

ホテルの広々とした吹き抜けのロビーにはくじらのシャンデリアが特徴の開放的なラウンジ。

ホリデーシーズンの装飾もとても華やかです。

 

「ザ テーブル ベイ ホテル」のファミリー向け広々客室

「ザ テーブル ベイ ホテル」は、大西洋を望むオーシャンビューとテーブルマウンテンを望むマウンテンビューから選べます。どちらも魅力的で選び難いですね。(マウンテンビューの方が値段は少し上がります。)

今回滞在した客室は「スーペリア ラグジュアリー ファミリールーム(Superior Luxury Sea Facing Family Room)」

キングベッドのソファベッド付の40平米の広々客室。


寝る時はソファをベッドに変更してもらえます。

ウェットスペースはシャワーとバスタブ付きの広々空間。

アフリカンオイルを使ったAFRIKINのアメニティ。

広いクローゼットには、バスローブやふかふかのスリッパ。

お部屋から大西洋のパノラマビューを眺められるのは贅沢そのもの♡

「ザ テーブル ベイ ホテル」のプール&スパ

ホテルには屋外プールとジャグジー、スパやジムが備えられています。
プールにはかわいらしいアザラシのフロートが浮いていました。

子ども用プールはありませんが、浮き輪の持ち込みもOKなので小さな子連れも楽しめます。

屋根付きの大きなジャグジーは、熱々の温浴でしっかり身体をほぐせます。

屋内にはフィットネスジムとスパも併設。
子どもたちがパパと遊んでいる間にママはゆっくりマッサージを受けるなんていう贅沢も♡

施術の後は、スチームサウナでくつろぐこともできます。

「ザ テーブル ベイ ホテル」の豪華な朝食ビュッフェ

ホテルの朝食はビュッフェレストラン「Atlantic Grill」にて。
テラスからはテーブルマウンテンを眺める特等席!

卵料理のライブキッチンや各種フルーツ、パン、寿司やオイスターなど豊富なメニューを楽しめます。
チョコやオレオを入れたクレープなど子どもが好きそうなスイーツもあり楽しく選べました。

朝からしっかりエネルギーチャージできました。

モール直結!「ザ テーブル ベイ ホテル」と合わせて行きたいケープタウンの観光スポット

ホテルから巨大モールV&A Waterfrontに直結なので、食事やショッピングをしっかり楽しめます。
テーブルマウンテンと撮影するフォトスポットでは素敵な写真が撮れます。


トイストアやフードコートもあり、屋外には遊び場も充実!

そして、このV&A Waterfrontは、あらゆる観光アクティビティツアーの拠点でもあります!
サンセットクルーズやヘリコプター、そしてバスツアーもここから出発するので、ケープタウンの観光の拠点としてとても便利!

今回私たちはこのCape Explorerを利用して喜望峰&ボルダーズビーチのツアーに参加しました。

まずは、壮大なテーブルマウンテンを眺めながら約2時間のドライブで南下して、アフリカ大陸最南西端の喜望峰へ。

次に向かったのは、野生ペンギンが生息するボルダーズビーチ。

ケープペンギンの野生の姿を眺められるのは世界でここだけ。
ケープタウンに行くなら是非可愛らしいペンギンに会いにいってみてください。

ケープタウン「ザ テーブル ベイ ホテル」で快適安全な滞在を

ケープタウンの魅力を最大限に楽しむのに最適なホテル「ザ テーブル ベイ ホテル」。
ホテルのお部屋やプールで絶景やリゾート気分を満喫でき、隣接するモールではショッピングやグルメ、観光を安全に楽しめます。

ケープタウンでは、是非2泊以上して、1日は観光、1日はホテルや周辺でのんびり過ごすのがおすすめです。

ザ テーブル ベイ ホテル(The Table Bay Hotel)
所在地:Quay 6, Victoria & Alfred Waterfront, Cape Town 8001
アクセス:ケープタウン国際空港から車で約30分
料金:R7,078/室(2名1室の場合・朝食込み)※日本円約5,5000円(2023年12月時点)
12歳以下添い寝無料

取材協力:The Table Bay (suninternational.com)

Remi

written by Remi(代表・編集長)

『LOVETABI Mama』代表・プロデューサー。一男一女の母。


関連記事

  1. 「OMO5金沢片町(おも) by 星野リゾート」で金沢の魅力を知り尽くす子連れ旅育ステイ

  2. 【山梨】友達親子と日帰りバス旅行♡富士急ハイランドの『トーマスランド』へ子連れでお出かけ

  3. 【栃木】『界 川治』子連れで愉しむ里山の極上ステイ♪ 三世代旅におすすめな7つの理由

  4. 【ハワイ】ワイキキの絶景ホテル「アウトリガー・ワイキキ」が子連れにオススメな5の理由

  5. 【京都】子供と一緒に絶景グランピング♡「ブルードーム 京都天橋立」「Relax&fun 森のグリーンドーム」

  6. 【サービス】忙しいママにおすすめ!近所のシェフが夕飯を作ってくれる「ご近所シェフトモ」体験レポート

  7. ふなもり

    【静岡】伊豆・稲取温泉旅館『食べるお宿 浜の湯』で豪華舟盛り&絶景露天風呂を満喫

  8. 「源氏総本店」で七五三祝い!家族みんなで豪華な食事を堪能しよう

  9. イラフSUI 伊良部ブルー

    沖縄宮古島「イラフSUI」で伊良部ブルーに癒されるラグジュアリーな子連れ旅

  1. 「&Here TOKYO UENO」

    たのしんでくつろげるホテル「&Here TOKYO UENO」が2024年3月15日…

    2024.03.19

  2. 「SAPPORO SNOW MILK FAIR in GINZA」が銀座マロニエゲート1で開催…

    2024.02.09

  3. SESAME STREET MARKET(セサミストリートマーケット)

    世界で唯一のオフィシャルストア「セサミストリートマーケット」1…

    2024.02.06

  4. 「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」ベビーシャワー&アフタヌーンティー女子会

    「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」でベビーシャワープラ…

    2024.02.03

  5. チュピフランス絵本

    【日本発売開始】フランスで累計販売部数2600万冊以上のベストセラ…

    2024.02.01