淡路島バージンバレー

オリーブ農園内にある「淡路島 バージンバレー」で子どもと愛犬とグランピング

兵庫県南部の瀬戸内海に浮かぶ淡路島。
明石海峡大橋、鳴門海峡大橋がつながっているため本州・四国とのアクセスも良く、近年子連れ旅先として人気が高いスポットのひとつ。
年間を通じて温暖な気候に恵まれているため、季節を問わずに旅行ができるのも魅力です。
今回は6歳・4歳の子ども、愛犬と一緒に『Olive GLAMP淡路島 Virgin Valley』(以下、「淡路島 バージンバレー」)へ取材へ行ってきました。
オリーブ農園内で宿泊するという貴重な体験をレポートします!

オリーブ農園内に宿泊できるグランピング施設「淡路島 バージンバレー」について

淡路島バージンバレー

「淡路島 バージンバレー」は、広大なオリーブ農園内に新しくできたグランピング施設。
オリーブ農園に宿泊するという貴重な体験ができるだけでなく、野菜の収穫体験などもでき、自然を思いっきり満喫できます。
太陽の光をいっぱい浴びながら育つオリーブ畑の中でのんびりと過ごせるのも家族旅には嬉しいですね。

グランピング施設から少し歩くと、オリーブ畑を一望できる展望台もあり、目の前いっぱいに広がるオリーブの木々を眺められます。

淡路島バージンバレー

オリーブ畑を初めて見る子どもたちは興味津々!
オリーブの木が4種類育っていることを教えると違いを探そうと必死に見入っていました。

丘の上には景色を楽しみながら遊べるブランコも。

淡路島バージンバレー

テーブルとイス、犬用のリードフックも設置されているので、お散歩コースにもぴったり。
「淡路島 バージンバレー」では、家族みんなでオリーブ畑に囲まれながら過ごせる貴重な体験が叶います。

グランピング施設を取り囲むオリーブ農園「Virgin Valley」について

淡路島バージンバレー

グランピング場の周りを囲むオリーブ農園「Virgin Valley」
10万㎡もの広さを誇り、2100本のオリーブの木が一面に立ち並びます。
小高い丘の上にあるため、太陽の光をたっぷり浴びた鮮やかな葉が実るのも「Virgin Valley」ならでは。

「Virgin Valley」は荒れ果てた山間地域の再生、放置されたままになっている土地の解消、地域再生を目指すために生まれた農園。
荒れ果てていた土地を再生後、太陽光発電でグランピング施設の電気をまかないながら、摘みたてのオリーブからフレッシュなオイルを搾油し、淡路島を代表するオリーブオイルを産み出せるようになりました。

淡路島バージンバレー

宿泊者には、貴重なオリーブオイルのミニボトルがもらえるサービスも!

また「Virgin Valley」では、10月中旬頃にオリーブの収穫・搾油体験も実施しています。
他にはない体験ができるので、ぜひ子連れで参加してみましょう!

オリーブ農園「Virgin Valley」

自由に走り回れる「淡路島 バージンバレー」のドッグラン付きスタンダードガーデン

淡路島バージンバレー

「淡路島 バージンバレー」には、現在全4棟のグランピングドームがあり、内2棟がペット同伴可能。
今回は自由に走り回れるドッグラン付きのスタンダードガーデンに宿泊しました。
まずは、オリーブの緑色を基調としたかわいらしいドーム内からご紹介します。

広々としたペット同伴可能ドーム

淡路島バージンバレー

ドーム内には、ベッド、ソファー、ローテーブルがあり、まるで自宅のリビングルームのようにくつろげます。
緑や黄色のクッションが並び、オリーブ畑を連想させるインテリアに思わずうっとり。
エアコンが完備されていて、季節を問わず快適に過ごせます。

ベッドが横並びで設置してあり、久しぶりに家族4人で並んで寝られました。
またワンちゃん用グッズやケージ、外には足洗い場もあり、ペット連れでも安心して宿泊可能なドームです。

全天候型プライべートダイニング

淡路島バージンバレー

ドームのすぐ隣には、本格的なBBQグリルのあるプライベートダイニングが併設されています。
エアコン完備なので、年間を通して快適に過ごせるのは子連れには嬉しいですね。
冷蔵庫や電子レンジもあるので、離乳食期の赤ちゃんも安心して食事ができます。

快適に過ごせるバスルームとアメニティ

淡路島バージンバレー

バスルームは洗面台や、浴槽付きで快適に過ごせました。
夜になるとぐっと寒くなったので、子どもたちとお風呂に入って温まってから就寝!

アメニティは受付で必要な分だけ取るスタイルなので必要な方は忘れずに。
タオルはバスルームに、大人用室内着はドーム内に置いてありました。

「淡路島 バージンバレー」では、自宅にいるようにくつろぎながらグランピングを楽しめます。

兵庫の食材を堪能できる「淡路島 バージンバレー」の食事

淡路島バージンバレー

「淡路島 バージンバレー」の食事は、地元食材と自家栽培の野菜をふんだんに使ったメニューばかり。
寒い時期に嬉しいお鍋もあり、身体の芯から温まれます。

夕食は淡路牛がメインのグランピングBBQ

淡路島バージンバレー

夕食は淡路牛やえびすもち豚、海鮮など淡路島の食材を堪能できるものが並びます。
ダイニング内のBBQグリルで焼いたり温めたりするだけでいいので、お腹が空いた子どもがいても時間がかからず安心ですね。
出来上がりはこちら。

淡路島バージンバレー

イノブタ生姜スープはすりおろしたショウガがたっぷり入っていて身体がぽかぽかに。
さっぱりとした味付けなので、お肉との相性も◎。
バケットは地元のパン屋さんが焼いたもので、もちもちでおいしかったです。

デザートのカヌレも絶品なので、別腹はとっておいてくださいね。

朝食は地元食材で作るハンバーガーセット

淡路島バージンバレー

朝食は、フライパンでお肉と卵、玉ねぎを焼いて作るハンバーガー。
ハンバーガーというとハンバーグを挟むイメージがあるので、子どもたちは「これでどうやってハンバーガーになるの?」と気になっていました。

淡路島バージンバレー

分厚く切ってあるオリーブ猪豚と卵、野菜を挟んで完成!
ジューシーで柔らかいお肉に、パパも思わず「おいしい~!」と言葉が漏れていました。
玉ねぎスープと淡路島ヨーグルトと合わせて淡路島づくしの朝食に大満足!

夕食・朝食を通して淡路島の美食を思う存分堪能できました。

「淡路島 バージンバレー」周辺子連れ向けスポット

淡路島バージンバレー

淡路島には「ニジゲンノモリ」をはじめ子連れ向け施設がたくさんありますが、今回は子どもたちと実際に訪れたスポットを3つご紹介します。

道の駅あわじ

淡路島バージンバレー

神戸から、明石海峡大橋を渡ってすぐの場所にある「道の駅あわじ」
明石海峡大橋を間近で見渡せる人気のスポットです。
子どもたちは渡ってきた橋の大きさに驚いていました。
芝生の広場もあるので、長時間ドライブの後に立ち寄るとちょうどリフレッシュできるのでおすすめです。

道の駅あわじ
所在地:淡路市岩屋1873-1
TEL:0799-72-0001
営業時間:平日 9:30~17:30 ※12~2月の平日は17:00まで
土日祝日 9:00~17:30 ※レストラン「海峡楼」のみ11:00~17:30(17:00L.O.)

じゃのひれドルフィンファーム

淡路島バージンバレー

淡路島の南部にある「じゃのひれドルフィンファーム」は、イルカのことを楽しく学べる施設。
3種類のコースがあり、間近でイルカを見ることができる「見学コース」、海には入らずイルカとふれあう「ふれあいコース」、実際に海に入って間近を泳ぐイルカを観察できる「わくわくスイムコース」の中から選べます。
犬もいたので、今回は桟橋から見れる「見学コース」を体験しました。
子どもも犬もこんなに近くでイルカを見るのは初めてなので、泳ぐ姿を観察できて嬉しそう♡

次回は小さな子どもでも体験できる「ふれあいコース」に挑戦してみたいです!

じゃのひれドルフィンファーム
所在地:兵庫県南あわじ市阿万塩屋町2660
TEL:0799-50-3353受付時間(9:00~17:00)
営業時間:9:00~17:00
料金:見学コース 大人(中学生以上)500円(税込) 子ども(4歳以上)400円(税込)

うずまちテラス

淡路島バージンバレー

最後にご紹介するのは、2023年3月にオープンしたばかりの「うずまちテラス」
新しい観光スポットとして人気が上昇中!
現在「道の駅うずしお」はリニューアル工事中のため、うずまちテラス内で仮営業をしています。
玉ねぎ型のフォトスポットもあり、淡路島と鳴門海峡どちらも一度に楽しめて子連れ旅にもぴったり。

淡路島観光の際はぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

うずまちテラス
所在地:兵庫県南あわじ市福良丙947-8
TEL:0799-52-1157
営業時間:9:00~17:00(※時期によって異なる場合あり)

「淡路島 バージンバレー」で子どもと犬とオリーブ農園に泊まる貴重な体験を

淡路島バージンバレー

「淡路島 バージンバレー」では、子どもと愛犬と一緒にのんびりと過ごしながら自然を満喫できました。
淡路島の魅力を感じられるグランピングステイができ、子どもたちも思い出深い滞在に。
「淡路島 バージンバレー」で、家族みんなでオリーブ農園に泊まる貴重な体験をしてみませんか?

Olive GLAMP淡路島 Virgin Valley
所在地:兵庫県淡路市楠本2905番15
TEL:080-3861-0535
アクセス:神戸市内 中心地より約40分
料金:スタンダードガーデン 31,800円(2名利用時・2食付き・税サ込)
※未就学児添い寝無料

取材協力:Olive GLAMP淡路島 Virgin Valley

written by Yukino

【二児のママ】主なテーマ:犬連れ旅・アウトドア・料理


関連記事

  1. 【北海道】『星野リゾート リゾナーレトマム』に子連れステイ♡託児ができるキッズサービスも登場!

  2. 「星野リゾート リゾナーレトマム」で北海道の大自然と動物に触れる子連れ旅

  3. 【ハワイ】ワイキキの全室スイートホテル!「エンバシー・スイーツ」が子連れにオススメな5の理由

  4. 西武園ゆうえんち「夕陽の丘プレイランド」

    埼玉「西武園ゆうえんち」に子連れファミリー向け新エリア「夕陽の丘プレイランド」がオープン!

  5. ハイアットハウス金沢

    【金沢】自宅みたいに快適♡『ハイアットハウス金沢』でのリラクシングな子連れステイ

  6. しっぽの森リゾート淡路島

    「しっぽの森リゾート淡路島」で愛犬と一緒に楽しむ、子連れステイ

  7. 京都スカイホップバス

    【京都】2階建てオープンバス『スカイホップバス京都』で行く子連れでの京都ぐるっと1周観光

  8. ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄

    【沖縄】子供が喜ぶ要素がいっぱい!「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」でおこもり子連れステイ

  9. ALOHA GLAMPING RESORT SAKAI

    茨城「ALOHA GLAMPING」でハワイを感じる子連れ・犬連れグランピング

  1. 「&Here TOKYO UENO」

    たのしんでくつろげるホテル「&Here TOKYO UENO」が2024年3月15日…

    2024.03.19

  2. 「SAPPORO SNOW MILK FAIR in GINZA」が銀座マロニエゲート1で開催…

    2024.02.09

  3. SESAME STREET MARKET(セサミストリートマーケット)

    世界で唯一のオフィシャルストア「セサミストリートマーケット」1…

    2024.02.06

  4. 「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」ベビーシャワー&アフタヌーンティー女子会

    「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」でベビーシャワープラ…

    2024.02.03

  5. チュピフランス絵本

    【日本発売開始】フランスで累計販売部数2600万冊以上のベストセラ…

    2024.02.01