【北海道】早期予約でお得!オールインクルーシブリゾート『クラブメッドトマム』で大満足の子連れ旅

コロナ禍で海外に行けない中、少しでも海外気分を味わおうと、北海道トマムにあるファミリーに人気のリゾートホテル『クラブメッドトマム』にステイしました。

『クラブメッドトマム』にはサマーシーズンとウィンターシーズンがあります。
今回はサマーシーズンの終わりの10月に行ってきました。

いつもは石垣島にあるクラブメッドカビラに母子旅で宿泊していたのですが、今回初めて北海道『クラブメッドトマム』へ母子旅してきました。

1人で1歳と4歳の子ども2人を連れて行くというリスキーな旅でしたが、子どもも大人も大満喫のステイができました。
何度も行きたくなるクラブメッドの魅力をご紹介してきます!

子連れに人気のオールインクルーシブ『クラブメッドトマム』

クラブメッドのオールインクルーシブとは?

「クラブメッド」は世界24カ国、約70ヶ所に展開しているオールインクルーシブのリゾートホテル。
日本には、沖縄県石垣島に1軒と北海道に2軒、計3軒あります。
(現在クラブメットサホロが休館中)

クラブメッドの「オールインクルーシブ」は、旅行代金に宿泊費・食事・ドリンク・アクティビティ・スポーツレッスン・キッズプログラムまでもが含まれています!
(食事、アクティビティ、体験などで一部有料あり)

毎日1日のプログラムが決まっており、自分の参加したいプログラムに参加して楽しめます。
多国籍のスタッフが多数在籍し、まさに外国にいるような空間を楽しめます。
クラブメッドではスタッフのことを「G.O」と言います。(以下、G.O)

クラブメッドは早期予約がお得!!

クラブメッドは公式HPからの予約、もしくは電話での予約が一番お得!!
そしてクラブメッドは早ければ早いほどお得で、90日前までの予約がさらにお得です。
まだまだ北海道は冬ですが、今からサマーシーズンの予約をすれば驚きの割引率に!!!

たまにセールも行われているので、それも要チェック!!
予約した後でも、セール適用されるか電話を入れてみましょう!!
差額が戻ってくることもありますよ。

『クラブメッドトマム』のアクセス

新千歳空港から電車で70〜90分(新千歳空港→トマム駅→シャトルバス)、車だと90分(トマムICより10分)。
ホテルの有料送迎もありますが、新千歳空港からだと3万円くらいします。

帯広空港からだと車で75分、ホテルの有料送迎もあります。

JR札幌駅からは電車で約90分(JR札幌駅→トマム駅→シャトルバス)で行けます。

『クラブメッドトマム』の客室とベビー・キッズ向け施設

スーペリアルーム


私たちが宿泊したお部屋は、プラス料金なしの1番リーズナブルなお部屋です。

アクティビティが盛り沢山なのでお部屋で過ごす時間はほとんどなく、寝るだけには十分な広さでした。
ベッドはくっつけてもらうよう電話で事前にお願いをし、ベビーガードも用意いただきました。

赤ちゃん連れにはベビーベッド、ベビーバス、おむつのゴミ箱、トイレには子ども用の便座もあり大変助かりました。
ベビーカーもフロントで借りれます。

大きなソファがあり、お部屋でゆっくりもできちゃいますよ。

お部屋にはコーヒーとお茶、500mLのお水が2本用意されていました。

その他のアメニティは歯ブラシ、固形石鹸、ハンドソープのみで、必要なものがあればフロントに言えばもらえるそうです。

ドライヤーはありました。

ユニットバスになり、シャンプー、リンス、ボディーソープがありました。
シャンプー、リンスはとてもいい匂いでサラサラになるので、特にこだわりが無ければ持っていかなくてもいいかなと思いました。
女性の方は、クレンジングを忘れずに!!

『クラブメッドトマム』のサマーシーズンのアクティビティー

クラブメッド名物「空中ブランコ」


私の一押しは空中ブランコ!(5月〜10月のみ)
なんと4歳から挑戦できます。
大人の方はお酒を飲んでいたらできないので、気をつけてくださいね。
空中ブランコ体験ができる機会は簡単にないと思うので、是非チャレンジして頂きたいです!!

要予約!自然を堪能するアクティビティー

前日に予約が必要なアクティビティもあるので、要チェックです!!
その中でもマウンテンバイクがとても楽しそうでした!!
専属のG.Oが、参加者のレベルに合わせ様々なコースを巡ります。
効果的なブレーキのかけ方や走り方など、山道を走るための技術的な側面を習得する方法を教えてくれます。
G.Oはすべてフランスサイクリング連盟が認める資格か、他国でのそれと同等の資格や経験を持っているので安心!!

ミナミナビーチと木林の湯屋内プール&大浴場


星野リゾート運営のプールと大浴場が、クラブメッド宿泊者は無料で利用できるのです!
全長80m×横幅30m日本最大級のウェイブプールと水深30cmの子供プールも併設。
ミナミナビーチ内にある森に囲まれた解放感満点の露天風呂。
クラブメッドの建物の目の前なのでサクッと利用できるので、とてもオススメです。

小さなお子様ものびのび過ごせる『クラブメッドトマム』のおすすめスポット


プチクラブにも行けないよちよち歩きのお子様も『クラブメッドトマム』なら思う存分走り回れます。
1歳半の息子にはちょうどいい小さな遊具もあり、大助かり!!

そしてこの広い広い芝生も息子は今までこんなに歩いたことないのではないかと思うくらい、走り回っていました。

なんといっても館内の床が絨毯で、まだまだ目の離せない息子には大助かりで、階段の登り降りもここでマスターしちゃいました!!
ただ歩くだけで楽しいこの年頃の子にとてもぴったりな環境ですよ。

ここはテラスでトマムタワーが綺麗に見えます!!
館内からすぐ出られるので風に当たるだけでも気分転換にもなりますよ。
なんと映えスポットまであります。笑

ここで毎日お昼12時にダンスをします。
それもとても盛り上がり楽しいので、昼食前に参加しそのままレストランへ!!!

サマーシーズンのゲレンデはこんな感じで、誰もいなかったので私たちはマスクを外し思いっきり走りました!!
普段全力疾走などしないので、とても気持ちよかったです。

鹿の糞がたくさん転がっているので、小さなお子様お気をつけくださいね。

娘がキッズクラブに行っている間は息子とアメイジングファミリーというイベントに参加し、自然の絵を書いてきました。
ゲレンデにシートを敷いてくれるので、大きな画用紙にダイナミックに山の絵を描いてくれました。
参加されてる方ともお話ししながら、とても楽しい時間を過ごせますよ。

まるで海外の幼稚園!『クラブメッドトマム』のキッズクラブ


「クラブメッドトマム」は子どもを預かってくれて、楽しい体験させてくれるプログラムがあります。
幼稚園のようなイメージですね。

2、3歳はプチクラブ、4~10歳はミニクラブと別れておりますが、隣のお部屋になります。

4歳からは宿泊代がかかってくるので、キッズクラブの料金はオールインクルーシブに含まれています。
3歳までは宿泊代がかからない代わりに、ミニクラブは有料になり定員も一応あるそうで、事前に宿泊分予約しておくこともできます。
1時間¥1300、半日¥4,000、1日¥8,000となりますが、事前に予約していても料金はそんなに変わらないとのことです。

8:30〜17:00まで毎日プログラムが決まってて、日中は敷地内の広場や、工作や散策などをしていました。
4歳以上は空中ブランコもさせてくれますよ。
普段できないようなこともさせてくれるので、本当にいい経験になりました。

お部屋遊びだけでなく、リゾート内のいろんなところに連れて行ってくれます。
お昼ご飯やおやつも食べさせてくれ、プチクラブさんは希望であればお昼寝もさせてくれますよ。

工作の時間に作った可愛い作品を持って帰ってきて、お留守番のパパにプレゼント!!
いろんなプログラムに参加することで、他のお客さんからも可愛がってもらえ、私もお友達ができて楽しかったです。

海外の保育園のような可愛い内装で、娘も「あそこで遊びたい!」とすごく楽しみにしていました。
もちろん、たくさん遊んだようです。
毎朝なかなかバイバイできなかった娘ですが、先生が上手に誘導してくださり、お迎えに行くと「帰りたくない」と言うまでになりました。

夕食後もキッズのイベントがあり、この日はビンゴ大会で大盛り上がり!!
朝から晩までみっちり楽しませてくレますよ。

『クラブメッドトマム』のオールインクルーシブレストランで楽しむ多国籍ビュッフェ


「クラブメッドトマム」のダイニングはメインレストランとバーの2つ。

メインレストランでは、北海道の海の幸から郷土料理をはじめ、フレンチやイタリアンなど多彩なビュッフェメニューがあります。
ロングステイのお客さんが多い印象で、多国籍料理のビュッフェも飽きないよう工夫されています。

レストランは朝食、昼食、軽食、夕食とほとんどの時間が開いており、それ以外の時間はバーで軽食が用意されているので、いつでも食事を取ることができます。

子供用のベビーチェアもあり、和食コーナーには毎日丼物や麺類があるので、子供の食事も困ることはありませんでした。

朝から晩まで飲み放題!『クラブメッドトマム』のバー&シアター


9:00〜24:00まで開いてるバーでは朝からお酒が飲み放題!
軽食もこちらでいただけます。
バーのソファーで寛ぎながら、まったりな時間も過ごせますよ。

ドリンクは持ち出しOKなので、お部屋で飲めるのも最高です!!
プログラムに参加し、帰ってきてお酒を飲んだりと1日のほとんどはバーが拠点でした。

子どもたちも自分でジュースを注文できて、とても嬉しそうでした、
個人的には赤ワインがとても美味しかったです。

大人も子どもも夜まで楽しい!『クラブメッドトマム』のエンターテインメント


この日の夜は北海道縁日ということで、ソーラン節をみんなで踊りました。
自分と関わったG.Oがステージで踊ってたりすると、親近感が湧いて楽しさ倍増でした。

あまり利用する人はいないそうですが、夜12時まで子どもを預かってくれる『パジャマクラブ』というものが有料であるそうです。
息子はバーのソファーで寝ており、他のお客さんが上着やマフラーを貸してくれました。
クラブメッドはお客さん同士の人の温かさも感じる空間です。

そしてこの日のイベントでTシャツ染め体験があり、私も娘もテンションアップ!!
事前予約制だったので昼間に予約し、G.OがやりたいデザインができるようにTシャツをくくってくれてます。
娘は液を垂らすだけ!!誰でもできちゃいます!!

娘はハートのデザインをチョイス!!
みんなに上手!可愛い!と言われ上機嫌でした。

そしてクラブメッドでは毎日ドレスコードが決まっており、もし持ってたら着てきてね!
と、いう感じなのですが、つい揃えたくなりますよ。

ドレスコードの例としては、クラブメッドのTシャツ、冬の格好、黒色などです。
私は前回、カビラで購入したクラブメッドTシャツを持参しましたが、滞在中のドレスコードにクラブメッドTシャツの日がなくとても残念でした。
もちろん、こんなこともあります。笑

オールインクルーシブ『クラブメッドトマム』のサマーシーズンを大人も子どもも大満喫のホテルステイに!


老若男女問わず、楽しみに来てる親世代の方から小さな子連れで来ている家族まで、雪がなくても120%楽しめるリゾートです!!
G.Oも他のお客様も気さくにお話できたり、母子旅だったこともあり、たくさん助けてくれました。

一見高そうに見える旅費もオールインクルーシブなので、滞在中にお金を使うことがありません。
我が家がリピートするクラブメッドはリゾート内で存分に楽しませてくれ、私たち親も非日常を過ごせる最高のバカンスです。

小さな子連れにとてもおすすめなので、ぜひ足を運んでみてください!

クラブメッドトマム
住所:北海道勇払郡占冠村中トマム2171−2
電話:0167-56-9800

written by RIE

【子供服のネットショップ運営、トラベルライター】主なテーマ:子連れ旅行、子連れ旅、子連れ寺巡り


関連記事

  1. 【青森】一年中お祭り気分を楽しめる!「星野リゾート 青森屋」で青森文化に触れる子連れステイ

  2. 【山梨】友達親子と日帰りバス旅行♡富士急ハイランドの『トーマスランド』へ子連れでお出かけ

  3. インターコンチネンタル別府 プール

    【大分】絶景を望むリゾートホテル「インターコンチネンタル別府」で満喫の温泉子連れ旅

  4. 【全国】ご当地キャラクタールームがあるホテル7選!かわいいゆるキャラと子連れステイを楽しもう♪

  5. 【大阪】ハロウィーン限定!「アートグレイスウエディングコースト」で子連れで楽しむデザートブッフェ

  6. 【大阪】『リーガロイヤルホテル大阪』の 「ザ・プレジデンシャルタワーズ」でワンランク上の子連れステイ

  7. 【イベントレポート】LOVETABI Mama クリスマスパーティー2019♡子連れでアフタヌーンティー&親子撮影会

  8. ウェスティン都ホテル京都 客室 ラグジュアリースイート

    【京都】小学生以下添い寝無料!キッズフレンドリーホテル『ウェスティン都ホテル京都』に子連れステイ

  9. 南禅寺水路閣

    【京都】『オークウッドホテル京都御池』の「古都を巡る〜ディスカバー京都〜」プランで秋の京都子連れ散歩旅

  1. 【リリース】スヌーピー、トムとジェリー、すみっコぐらしの3種類の…

    2022.09.26

  2. 【イベント】ムーミンバレーパークにて冬季ナイトイベント『ムーミ…

    2022.09.12

  3. 【リリース】ブッキング・ドットコム、子どもと楽しめる宿泊施設5選…

    2022.09.09

  4. 【リリース】マリオットホテル ドッグフレンドリールーム 1周年記…

    2022.08.22

  5. 【愛知】「ヒルトン名古屋」サンリオキャラクターズと初コラボ! 秋…

    2022.08.08