「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」で叶う♡キッズフレンドリーで快適な子連れ旅

先日、5歳の息子とシンガポールへ行ってきました!

シンガポールは10年以上前に仕事で行ったことがあったものの、観光したりグルメを楽しんだりという旅の醍醐味は経験できずにいました。
もちろん子連れ旅も初めて!

今回は、3泊と比較的ゆっくり滞在し、行きたかった場所をたくさん訪れることができて大満喫♡!

スムーズに観光できたのは、今回のホテル滞在が「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」だったから。

ロケーション抜群かつキッズフレンドリー!
旅の拠点におすすめな「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」の滞在の様子をレポートします。

オーチャードのランドマーク!「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」

ヒルトンシンガポールオーチャードの外観

(出典:Hilton Singapore Orchard

「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」は、シンガポール最大規模のショッピングエリアであるオーチャード・ロードの中心に2022年2月に開業しました。

全1,080室の客室数は、ヒルトンブランドの中でもアジアパシフィック最大の規模。

5つのレストラン&バー、宿泊ゲストは24時間利用可能な2ヶ所のフィットネスセンター、屋外プール、ミーティングルームなど充実の設備を備え、世界中からのゲストに利便性と快適性を提供しています。

また、高級ショッピングセンター「マンダリンギャラリー」に直結していて、すぐ近くには高島屋をはじめとした高級デパートやショッピングモールが立ち並び、滞在を飽きさせません。

地下鉄の駅やバス停も近く、シンガポールのどこに観光に出かけるにも便利。

まさに旅の拠点にぴったりなホテルです。

「マリーナベイ・サンズ」も見える♡キング プレミアム シティビュー ルームに宿泊

「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」には20を超える客室タイプがあり、旅のスタイルによって好きな客室を選べます。
今回は、キング プレミアム シティビュー ルームに宿泊。

窓からは「マリーナベイ・サンズ」が望める絶景です。

客室のカラーはグリーンとグレーのトーンに統一され、ダークウッドでエレガントなコントラストが効いています。

大きな姿見が配置されていたり、広めのワードローブが設置されていたりと、ショッピングしたものを客室で広げたり、試着できたりといった、ショッピングに最適なエリアならではの工夫も。

バスルームは家族旅行でも十分な広さのダブルボウルで、大きなライトのついた鏡が印象的です。

ユニットバスですが、深さがあり、シャワーヘッドの高さも調節可能。
シャワーヘッドも取り外せるタイプだったので、息子をシャワーに入れるのも大変ではありませんでした。

バスアメニティは、使い捨てではなく詰め替え可能なボトルで準備されていて、環境への配慮も伺えます。

その他、歯ブラシ、シャワーキャップ、コットン、綿棒など基本のアメニティが揃っているので、旅の荷物も軽減可能。

スリッパと、やわらかくて軽く、着心地も抜群なバスローブも完備。


海外のホテルですが、充実のアメニティが揃います。

また、客室にはボトルドウォーターも無料でご準備いただけるので、滞在中のお水の心配もいりませんでした。

今回は、ウェルカムスイーツやウェルカムフルーツもご用意いただき、より旅のテンションもアップ。

子どものホテル滞在をサポートしてくれるキッズアイテム

「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」では、こんなに充実のキッズアイテムがもらえます。

シンガポールで行ける子ども向け観光地や、「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」内のレストランの特徴などをまとめた冊子や、子どもが書き込んだりできる冊子、そしてペーパークラフトも!

ポニーのぬいぐるみは、息子がとても気に入って「うまちゃん」とお名前までつけるほど。

オリジナルのナップザックも可愛くて、ホテル滞在中はずっと背負っていました。

子どものホテル滞在が充実するような配慮がとても嬉しいですね!

「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」は子どもも嬉しい屋外プールあり

(出典:Hilton Singapore Orchard

「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」のプールはロビー階にあり、朝6時から夜7時まで営業しています。

基本的にずっと暑いシンガポールなので、プールは子どもの楽しみの1つでもあります。
私たちが滞在していた日も子どもがたくさんプールで泳いでいました。

ただ、深さが1.2m、ヘルパーや浮き輪などの浮き具の用意はないので、小さなお子さんの場合は必ず親子で泳ぐ必要があります。

なお、夜明けの遅いシンガポールなので、朝行ってみたら真っ暗でした。

「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」の「ジンジャー・リリー」で至福のアフタヌーンティー

5つあるレストラン・バーのうち、植物をテーマに洗練されたムードを演出するラウンジ&バーの「Ginger Lily(ジンジャー・リリー)」では、毎日午後2時から5時までアフタヌーンティーを楽しめます。

まずは、ウェルカムドリンク。

酸味の効いたコンブチャで、すっきりとした味わい。

そして、3種のサンドイッチ、2種のスコーン、温かなセイボリーをいただきます。

とくにおいしかったのが、バニラマダガスカルのスコーン。

香り高く一緒にいただくホームメイドのジンジャーリリージャムとも相性抜群でした。

そして、お待ちかねのスイーツは、まるで本の世界に入り込んだような、おしゃれで魅惑的なプレゼンテーションで提供されます。

スイーツが本の中から出てくる様子には、思わず心が躍りました。

 

シンガポール植民地時代の繁栄の歴史と、かつて果樹園やナツメグプランテーション、胡椒農園が数多くあったオーチャード・ロードの農業遺産にインスピレーションを受けたスイーツは、見た目の美しさも魅力。

細部までこだわった美しいスイーツは、ところどころに使用されているスパイスの風味がポイント。

上品な甘さで、最後までおいしく楽しめます。

スイーツと一緒にいただく紅茶は、ブラックティー、ホワイトティー、グリーンティー、そしてノンカフェインのハーブティーとバリエーション豊か。

1人2種類までの紅茶を選ぶことができ、すべてポットサービスです。

私は、ホワイトティーの「Supreme White Peony(シュープリームホワイトピオニー)」と、「Singapore’s Glory(シンガポールグローリー)」をチョイス。
どちらも香りがエレガントで、優しさのある風味でした。

ゴジベリーを利用した「The Ginger.Lily(ジンジャーリリー)」も、店名の通りシグネチャーティー。
こちらもマイルドな花の香りと自然のフルーツの香りがとても上品な紅茶でした。

 

「ジンジャーリリー」でのアフタヌーンティーは、ビジターゲストも楽しめます。

シンガポールでのゆったりとしたママのご褒美タイムを過ごすのにおすすめ♡。

なお、息子はアフタヌーンティーの間、キッズアメニティでいただいたペーパークラフトを楽しみながらスイーツも満喫していました

Ginger.Lily Afternoon Tea
時間:14:00〜17:00
料金:1名 58SD / 1名 78SD(シャンパーニュ1杯付き)

「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」で心も満たされる朝食

朝食は、ミシュラン1つ星のカルフォルニアンイタリアンレストラン「Osteria Mozza(オステリア・モッツア」、オールデイダイニング「estate(エステート)」が会場となり、ビュッフェでいただきます。

サラダやペイストリー、ナッツ、ヨーグルト、フルーツなどヘルシーなメニューから、シンガポールらしくヌードル、アジアンフュージョンまで、朝からさまざまな料理が並びます。

フレッシュフルーツを利用したデトックスジュースやビタミンたっぷりジュースなどもおすすめ!

朝から満足度高めの朝食を楽しめます。

また、朝食ビュッフェにはキッズコーナーもありました。

子ども用のプレート、カトラリーに、日替わりでメニューの変わるペイストリーやデニッシュ、ドーナツ。

ゆで卵は観覧車に乗っていて、1つ1つにかわいい顔も書いてあり、息子も大喜び!

大人気分でビュッフェボードも楽しめて、息子にとってはとても良い思い出になりました。

子どものことも大事なゲストとして捉えてくれているのが分かり、とても嬉しいですね。

なお、店内は冷房がかなり効いているので、テラス席を選んだり、羽織ものを持っていくと安心です。

「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」からシンガポール観光へ!

今回は、「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」を拠点にシンガポールのさまざまなところへお出かけしました。

定番のマーライオンや「ガーデンズ バイ ザ ベイ」、「マリーナベイ・サンズ」などを楽しめるマリーナ。

2023年5月にリニューアルオープンしたばかりの「バードパラダイス」。

そして、シンガポールのリゾートアイランド・セントーサ島。

すべて、「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」からは目の前のバス停からバスに乗ったり、徒歩5分以内の地下鉄駅から電車に乗って行ったりと、その便利なロケーションでスムーズな旅が叶いました。

ショッピング、観光へのアクセス、そしてグルメとシンガポール旅に必要な要素が全て揃っているのが「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」の最大の魅力です。

「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」で子連れシンガポール旅をさらに快適に♡

オーチャード・ロードの中心地という恵まれたロケーション。
そして、開業から1年少しということもあり、きれいで清潔感があり、洗練されたデザインも魅力的な「ヒルトン・シンガポール・オーチャード」。

アフタヌーンティーをはじめとしたダイニングエクスペリエンスを満喫したり、旅の拠点としてシンガポール観光へお出かけしたりと、抜群の使い勝手を誇ります。

キッズフレンドリーで、子どもが楽しく滞在できるように工夫されているのも子連れには嬉しいポイント。

ショッピング、観光、グルメ、洗練された滞在と、シンガポールでの時間をより欲張りに過ごしたい方におすすめのホテルです。

Hilton Singapore Orchard
所在地:333 Orchard Road, Singapore 238867
TEL:+65 6737 4411

取材協力:Hilton Singapore Orchard

written by Kiwako(ディレクター)

【LOVETABI Mamaディレクター】主なテーマ :子連れ旅・子連れお出かけ・ママ美容


関連記事

  1. 【ハワイ】カウアイ島の自然豊かなリゾートホテル「グランドハイアット カウアイ」が子連れにオススメな5の理由

  2. 2023新規開業グランピング

    2023年春に新規開業する国内グランピング施設9選!

  3. 子連れで叶える憧れのエーゲ海・地中海クルーズ!「ノルウェージャン ブレイクアウェイ」で巡るギリシャ・イタリア

  4. SORA GLAMIPNG RESORT

    【長野】大自然を満喫!「ソラグランピングリゾート」で子連れ・犬連れ絶景グランピング

  5. 【アイテム】子連れキャンプおすすめアイテム10選!コストコ・イケア・カインズより厳選!

  6. ブルードラゴン

    【愛知】「レゴランド・ジャパン」で水遊びの決定版「新・ウォーター・メイズ」グランドオープン

  7. 【ママバッグ】パリ発ブランドqbag♡ママにオススメベスト3

  8. グランレガロあさぎり 外観

    【静岡】富士山近くの「GRAN REGALO ASAGIRI」で子連れで快適グランピング

  9. OMO7大阪

    【大阪】「OMO7大阪」でなにわラグジュアリーを体験!大阪をディープに知る子連れ旅育ステイ

  1. 「SAPPORO SNOW MILK FAIR in GINZA」が銀座マロニエゲート1で開催…

    2024.02.09

  2. SESAME STREET MARKET(セサミストリートマーケット)

    世界で唯一のオフィシャルストア「セサミストリートマーケット」1…

    2024.02.06

  3. 「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」ベビーシャワー&アフタヌーンティー女子会

    「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」でベビーシャワープラ…

    2024.02.03

  4. チュピフランス絵本

    【日本発売開始】フランスで累計販売部数2600万冊以上のベストセラ…

    2024.02.01

  5. 「ディズニーシー・ファンタジースプリングスホテル」

    2024年6月開業!「東京ディズニーシー・ファンタジースプリングスホ…

    2024.01.02