白馬

【長野】子連れ・ペット旅におすすめ!大自然を楽しむ白馬のおすすめ観光スポット4選

”白馬”と聞くとスキーのイメージが浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

長野オリンピックが開催されたことでも有名な白馬ですが、最近では冬だけでなく一年中楽しめるスポットが増えてきていて、絶景を堪能しながら子どももペットも一緒に楽しめる観光地です。

今回は白馬の観光スポットの中から1歳・3歳の子連れ旅、ペット旅におすすめのスポットを紹介します!

白馬村ってどんなところ?

白馬村は長野県北西部に位置する北安曇郡にあり、都心からでも車で3時間以上かかります。

日本アルプスの麓に広がる白馬は山と住宅街が近く、雄大な自然を活かしたスキーリゾート・マウンテンリゾートして知られています。
近年では新しいスポットも増えてきて、スキーや登山だけでなく温泉施設やカフェ・レストラン、キャンプ施設なども充実し、一年を通じて子連れ・ペット旅に人気のエリアになってきています。

私も6年前に初めて行って以来、広がる北アルプスの絶景と豊かな自然に魅了されて毎年訪れるようになりました。
それでは白馬のおすすめ観光スポットを紹介したいと思います!

白馬おすすめ観光スポット①北アルプスの絶景が目の前に!『HAKUBA MOUNTAIN HARBOR』(ペットOK)

白馬岩岳マウンテンリゾートは、白馬村の中でも、白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)が一番美しく見える場所として知られています。

白馬三山を望む絶景スポットも多数あり、グリーンシーズンの春から夏にかけては新緑と残雪の連峰、ウィンターシーズンの秋は山頂の冠雪・中腹の紅葉・麓の緑が織りなす三段紅葉、冬は神秘的な白銀の山々など、季節ごとの美しい絶景を堪能することができます。

白馬岩岳マウンテンリゾートの中でも北アルプスの絶景が一望できる山頂テラスが『HAKUBA MOUNTAIN HARBOR』(以下「白馬マウンテンハーバー」)です。

白馬岩竹ゴンドラリフト「ノア」に乗り山頂へ!

「白馬マウンテンハーバー」へ行くには白馬岩岳ゴンドラリフト「ノア」に乗り山頂を目指します。

犬もゴンドラに同乗できるため、犬用のチケットも一緒に購入。
(昨年よりグリーンシーズンだけでなく、ウィンターシーズンも犬が同乗できるようになりました!)

ゴンドラに乗るのが初めての娘は少し怖がりながらもドキドキしていました。

10月~11月頃にはゴンドラの下にきれいな紅葉が広がっています。

1歳半で初めてゴンドラに乗った際は、抱っこ紐で乗車しました。
頂上は整備されていますが、足場が悪いところもあるのでまだ歩けない1~2歳の子はベビーカーではなく抱っこ紐がおすすめです。

白馬岩竹ゴンドラリフト「ノア」料金
大人:2,100円
小児(小学生以上):1,150円
幼児(0~6歳未満):無料
※大人1人に同伴の幼児人数が1名を超える場合、2人目から「小児」の乗車券が必要。
ペット:700円(1頭につき)

目の前に広がる絶景を見ながら一息できるカフェ『THE CITY BAKERY』

目の前に白馬三山が広がる絶景テラスに隣接しているのが、都内にも店舗がある『THE CITY BAKERY』です。
山頂限定メニューなどもあり、とてもにぎわっています。

目の前に広がる絶景を見ながらおいしいコーヒーを飲むのが、控えめに言っても最高です!
カフェ内にペットは入れませんが、絶景テラスにはペット連れの方も多くいました。
ペットともこの絶景を共有したい気持ち、とても分かります!

人気のカフェメニューは売り切れてしまうこともあるので、限定メニューもお目当ての方は早めに登頂することをおすすめします。

『THE CITY BAKERY』
今期営業期間:2021年4月29日(木・祝)~11月14日(日)
冬季営業は2021年12月中旬~2022年3月下旬予定
営業時間:9:00〜16:00(L.O.15:30)
定休日:期間内無休
※天候等の状況により、営業内容の変更、またはクローズする可能性があります。
収容人数:約120名
アクセス:白馬岩岳ゴンドラリフト「ノア」山麓駅から約8分

2021年7月にオープン!ペットフレンドリーエリア『HAKUBA WAN!TAIN HARBOR』(白馬ワン!テンハーバー)


(出典:白馬マウンテンリゾート公式HP

2021年7⽉17⽇、白馬マウンテンリゾート内に『HAKUBA WAN!TAIN HARBOR』(以下「白馬ワン!テンハーバー」)が新しくオープンしました。

ペットがリラックスして過ごせるように「⽩⾺マウンテンハーバー」の形を模した約20㎡のデッキテラス空間を新設。
テラスからは「⽩⾺マウンテンハーバー」よりもさらに間近に⽩⾺三⼭を眺めることができます。
テラス中央には、「⽩⾺マウンテンハーバー」同様に⼭側に突き出したフォトスポットを備え、愛⽝とともに特別な1枚を撮影できるスポットも。

「白馬ワン!テンハーバー」
内には無料ドッグランや遊歩道もあります。


(出典:白馬マウンテンリゾート公式HP

「森のわんわん広場」(無料ドッグラン)はゴンドラを降りて右手方向に進んでいくとあります。

広々としていてペットには大満足のドッグランです。

秋になると山頂では雪が降っていることも。

子どもたちも走り回って一緒に遊んでいました!ペットにも優しいので、安心して利用してみてくださいね!

子どもから大人まで楽しめるアクティビティが充実!(一部ペットOK)

白馬アクティビティ
(出典:白馬マウンテンリゾート公式HP

白馬マウンテンリゾートでは子どもから大人まで、さらにペットまで楽しめるアクティビティが充実しています。

人気の高いアクティビティはSNSを中心に話題になったヤッホースイング


(出典:白馬マウンテンリゾート公式HP

ヤッホースイングは山頂エリアの北アルプス白馬三山を正面に見える場所に、雄大なアルプスに⾶びこむような感覚を楽しめる絶景大型ブランコです。

北アルプスをバックに爽快感のある写真映えスポットとしても大人気!
天候の良い日に思いっきりブランコを漕いでみたいですね!

またペットも一緒に参加できるアクティビティ、ガイド付きバギークルーズもあります。


白馬マウンテンリゾート公式HPより)

園内をガイド付きバギーに乗りながら、約15分かけてゆっくりと一周し、東西南北の方向を見渡せる白馬岩岳ならではの絶景ポイントを周遊。ペットも同乗OKです。

その他にも様々なアクティビティがありますので、ぜひHPをチェックしてみてください!

白馬マウンテンリゾート公式HP アクティビティ

絶景を見ながら非日常を味わえる観光スポット「白馬マウンテンハーバー」は白馬に来たらぜひ訪れてほしいスポットのひとつです!

『HAKUBA MOUNTAIN HARBOR』GREEN SEASON HP
営業期間:2021年4月29日(木・祝)~11月14日(日)
※冬季営業は2021年12月中旬~2022年3月下旬予定
営業時間:【HAKUBA MOUNTAIN HARBOR】8:45〜16:30
※サンドイッチは10:30から販売となります
【THE CITY BAKERY】 9:00〜16:00(LO:15:30)

次は、白馬駅近くに新しくできたスノーピーク ランドステーションについて紹介します。

白馬おすすめ観光スポット②『snowpeak LAND STATION HAKUBA』(一部ペットOK)

『snowpeak LAND STATION HAKUBA』(以下「スノーピークランドステーション白馬」)とは?

ランドステーション白馬

「スノーピークランドステーション白馬」は2020年7月にオープンしたばかりの体験型複合施設です。

北アルプスの峰をイメージした屋根と、木の枝と雪の結晶をモチーフとした独特の木組みが象徴的な建物は、全体の意匠設計を世界的建築家の隈研吾氏が担当しています。

白馬駅に近く白馬村内の交通・商業の中心に位置し、白馬三山の雄大な景色を望む広々とした敷地には、「店舗エリア」「野遊びエリア」「イベントエリア」の3エリアがあります。
野遊びの楽しさと周辺地域の魅力を体感できる場、また白馬を訪れる方々と地域の方々が交流するコミュニティ拠点としての利活用を目指して建てられました。

施設は、テラスや外空間を最大限に広く取り、北アルプスの雄大な山岳風景を眺めながら、外で過ごす時間を存分に楽しめるデザインが特徴。
“ニューノーマル”時代の新たな野遊びの案内所として、ここでしか得られない特別な体験を楽しめます。

続いて、「スノーピークランドステーション白馬」内にあるレストランやカフェを紹介します。

予約必須!地元食材を堪能できる『Restaurant 雪峰』(ペットNG)

「Restaurant 雪峰(せっぽう)」は、【食を通じて、白馬の自然と、人とつながる体験を提供する】というコンセプト。
白馬近郊で採れた食材を使った料理を提供しています。

料理は、ミシュラン三ツ星を獲得した日本料理の名店「神楽坂 石かわ」の石川秀樹氏が監修。
食材はシェフ自ら白馬や周辺地域の生産者とつながり、吟味した旬素材をそろえ、食材の純粋なおいしさを引き立てる最高の調理を施します。
和のエッセンスを加えた前菜や溶岩石で焼くグリル料理など、ここでしか味わえない”自然を食べる料理”を楽しむことができます。

子どもがいるので事前に予約して、お昼時に利用しました。
季節ごとにメニューは変わると思いますが、利用した日は以下の写真のようなメニューでした。

キッズメニューやキッズチェアも用意がありました。

食事を待っている間はぬりえを用意してくださり、待っている時間も楽しむことができてとても助かりました。

信州の野菜盛り合わせが先にきて、そのあとメイン料理が運ばれてきます。
メイン料理はとてもシンプル!

食材そのものの味わいを堪能できる味付けになっていて、子どもともシェアできます。
お皿一つ一つにもこだわりをもっていて、食べるだけでなく目でも楽しめる食事内容でした。
食事中、奥に見える山々がまた味わいを深くしてくれます。

予約のみで受付終了となるときもあるようなので、食事を考えてる方はぜひ事前に予約してから行ってくださいね!

Resraurant 雪峰
営業時間|水曜定休(10月31日まで無休)
Lunch 11:30〜15:00 (L.O.14:30)
Dinner 17:30〜20:00 (L.O.19:30)*
* 金・土・日・祝・祝前日のみ〜21:00 (L.O.20:30)
TEL:0261-75-1159

スノーピーク製品を体験できる『スターバックスコーヒー』(テラス席はペットOK)

スターバックス白馬

「スノーピークランドステーション白馬」内にはスターバックスコーヒーもあります。
店内にはスノーピークの椅子やテーブルが並んでいて、ちょっとしたキャンプ気分も味わえます。

店内はペットNGですが、テラス席も用意されていて、こちらでペットと過ごしている人も多くいました。

店内から見る山々もまた素敵ですよね。

すぐ横には国内最大規模となるスノーピークの直営店があります。

白馬へ旅行した際はぜひこちらで一息ついてはいかがでしょうか?

スターバックスコーヒー スノーピークランドステーション白馬店
営業時間:7:00〜19:00(年中無休)

地元レストランやショップが出店『週末マルシェ』(ペットOK)

白馬村をはじめとする地域の“いいもの”が一同に集まる「週末マルシェ」を外のイベントスペースで定期開催しています。

毎週土曜日を基本に、農産物、加工食品、クラフト、アートなど信州で生み出された品々が揃います。
自由に参加できるワークショップの開催も。

地元の方々との交流の場を楽しめる貴重な場所となっています。
スノーピークのテントが店舗となっているのも素敵ですよね!

週末に白馬を訪れる予定の方はぜひチェックしてみてください。

週末マルシェ
開催日:週末 10:00~14:00

次はスノーピークのグランピング施設があることでも注目を集めている北尾根高原についてレポートします!

次ページ:白馬おすすめ観光スポット③スノーピークのグランピング施設がある「北尾根高原」(ペットNG)

1

2

written by Yukino

【二児のママ】主なテーマ:犬連れ旅・アウトドア・料理


関連記事

  1. ハイアットセントリック金沢

    【金沢】遊び心たっぷり!「ハイアット セントリック 金沢」で子どもとアートを楽しむホテルステイ

  2. 【親子撮影会】プチプラでハロウィン♡おすすめ100均商品と簡単DIYで子供の仮装&飾り付け

  3. ハイアットリージェンシー大阪

    【大阪】ハワイを感じて♡「ハイアット大阪」の屋上ガーデンで家族で楽しめるリゾートBBQ

  4. 【バリ】専用プール&バトラー付き!ヴィラでプライベートなリゾートライフ『ザ ヴィラズ アット アヤナ リゾート バリ』

  5. グランマーレ茨城大洗

    【茨城】海を見渡せる「グランマーレ茨城大洗」で贅沢な子連れ・犬連れグランピングステイ!

  6. 【マザーズバッグ】機能性抜群「qbag」で子連れ旅&おでかけ!バッグの中身と使用感をレポート

  7. ホテル併設テーマパーク7選

    【全国】子連れにおすすめのホテル併設のテーマパーク7選!遊んで泊まって大満喫しよう

  8. 【セブ親子留学:学校生活編】0歳から楽しく英語を学ぶスクール生活【Kredo Kids】

  9. 【東京】親子で秋スイーツを満喫♡「ザ ストリングス 表参道」の秋限定プラン「N.Y.アフタヌーンティー~マロン&オータムトリート」

  1. 【愛知】「ヒルトン名古屋」サンリオキャラクターズと初コラボ! 秋…

    2022.08.08

  2. 【長野】標高1,770mの雲上SORA terrace cafeリニューアルオープン…

    2022.07.09

  3. 【ランキング】心惹かれる「天空カフェ・テラス」ランキングが「じ…

    2022.06.27

  4. 【イベント】「インセクトランド」の世界で遊んで学ぶ昆虫目線の屋…

    2022.06.26

  5. 【リリース】日本最大級の二大レジャー施設が『すべりゾート共同宣…

    2022.06.23