【おうち時間】マンションのリビングが簡単おしゃれに大変身!子どもと楽しむ 「#おうちキャンプ」

なかなか旅行や遠出ができない2020年の夏休み。

新型コロナウィルスの感染拡大防止を考えると仕方のないことですが、
そもそもこの暑さでは外で遊ぶのですら危険ですよね。
とはいっても、子どもは元気で、遊びたくて仕方がない毎日。

おうちで何か子どもの喜ぶスペシャルなことができないかな?と思い、
「おうちキャンプ」をすることにしました!

QUICKCAMP(クイックキャンプ)ならおうちで簡単にキャンプができちゃう!

今回自宅で組み立てたのは、QUICKCAMP(クイックキャンプ)の4アイテム。

コンパクトサンシェード、収束式ローチェア、アンティーク風LEDランタン、
そしてクイックアップトラッシュボックスです。

どれもコンパクトで、2歳半の息子も頑張って運んでくれました。

おうちキャンプ:「コンパクトサンシェード」でリビングが大変身!

コンパクトサンシェードの組み立ては、とっても簡単!
紐を引っ張るだけで、組み立てにかかった時間はたったの15秒でした。

私はアウトドアは全くといっていいほど今まで縁がなく、どちらかというと苦手分野。
もちろん、テントの組み立てなどもしたことがありません。
でも、こちらはとっても簡単にできたので、初心者の私が一番びっくり!
サンシェードの収納袋に説明書が付いているので、使うたびに確認できるのも嬉しいですね。

息子も初めてのテントに大喜び!早速テントに入って遊び始めました。

その名の通り、リビングでも広げられるほどの”コンパクト”なテントですが、
大人2名、子供1名程度ならゆったり入れる広さがあります。

おうちキャンプ:サンシェードでおうち遊びがワンランクアップ♡

早速いつもの電車セットをサンシェード内にセットして遊んでみました。

いつものリビングなのに、テントの中にいるというだけで息子も特別感を感じている様子。
サンシェードがあるだけで、リビングがまるで公園やキャンプ場のように♡!

ちょっとした非日常を味わうことができます。


おうちキャンプ:「収束式チェア」は大人も子供もゆっくり座れるサイズ感

収束式チェアは、袋から出して広げるだけ!
こちらも簡単に組み立てることができます。

アームレストにはドリンクホルダーがあるので、
公園やキャンプ場ではこちらにドリンクを置いて一休みができます。

息子はまだ足がつかなかったのですが、大人はゆったりと座れます。

 

実は、この時の私も収束式チェアに座っています。
深く腰掛けられて、背もたれに寄りかかることができるので、かなりリラックスして座ることができます。

ここが公園やキャンプ場なら、きっとドリンクホルダーに入っているのは缶ビール。間違いありません。


おうちキャンプ:手軽にキャンプの雰囲気を作れる「LEDランタン メノーラ」

こちらのランタンは、置いておくだけで手軽にキャンプの雰囲気を作り出せる優れもの。

もちろん、見た目だけではない実力派です。
USBで充電ができるので、ワイヤレスで使うことができます。

ダイヤルを回すだけで簡単に光の調節も可能。

アウトドア用ではありますが、防災用にもなります。


おうちキャンプ:「トラッシュボックス」を活用!

クイックアップトラッシュボックスは、使わないときは折りたたんでおけるので場所をとりません。
両側のバックルを外すと展開し、ワイヤーが入っているのでしっかり自立します。

中には45Lのゴミ袋をセットすることができます。
実際のキャンプ場や公園などで使う場合、
出てしまったゴミをしっかりとここにまとめることができるのでとっても便利!

 

家では、使った電車セットをお片づけしました。

おもちゃの片付けは小さな子供がいると課題ですが、
これなら子供も楽しくぽんぽんおもちゃを入れていけるので、
おうちではおもちゃ収納として活躍しそうです。


おうちキャンプ:サンシェードの中でおうちピクニック!

せっかくなので、サンシェードの中でおやつタイムをすることに!

用意したのは、もともと自宅にあったお菓子とフルーツだけ。
それでも、サンシェードの中にセットしてみると途端におうちピクニックに♡!
一緒にランタンも置くだけで、雰囲気がガラッと変わります。

今回は昼間でしたが、夜にサンシェードとランタンの光だけでおうちごはんをしても楽しそうですよね。

息子も、いつもと違うおやつタイムにとっても嬉しそうでした♡

普段はこうやって床に座って食べることもないので、これだけでも息子にとったら初めての体験で嬉しかったのかもしれません。

私も、サンシェードの中に座って足を伸ばしてお茶をするだけでとても新鮮な気分になれました。

自宅ということを忘れるくらいのんびりできてしまいます。

QUICKCAMPのアイテムで簡単 #おうちキャンプ !

サンシェード、ランタン、チェアなどがあるだけで、我が家のリビングもキャンプ場に大変身!
いつもと違うリビングに子ども大興奮でした。

組み立ても片付けも私が1人でやりましたが、アウトドア初心者の私でも簡単にセッティングができてしまいました♡

片付けた後は全てコンパクトにまとまるので、自宅での保管も邪魔にならず、マンション住まいでも十分おうちキャンプが楽しめることが分かりました。

新型コロナウィルスの影響もあり、旅行や遠出できない日々が続きます。
でも、QUICKCAMPのアイテムがあれば、簡単に #おうちキャンプ ができます♡

リビングでもとっても楽しく、アウトドアが苦手でアウトドア超!初心者の私が「本当のアウトドアをやってみたい!」と思うほど。

秋になりもう少し涼しくなったら、今度は公園やお庭での簡単キャンプも挑戦したいと思います。

 





written by kico

【Mamaライター】主なテーマ :グルメ、子連れで行ける観光スポット


関連記事

  1. ハムリーズ1226_0001

    【横浜】最新おでかけスポット!イギリス発の遊べるおもちゃ屋「Hamleys」

  2. 【山梨】『星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳』で親子三世代でおこもりステイ

  3. 【山梨】「トーマスパーティールーム」で誕生日会♡富士急ハイランド公式ホテルで子供も喜ぶお祝いを。

  4. 【東京】「ホテル椿山荘東京」で生後100日をお祝い!日本料理「みゆき」のお食い初めプラン

  5. 横浜に暮らすように滞在!1泊からOKのサービスアパートメント『オークウッドスイーツ横浜』でワンランク上の家族時間

  6. 【神奈川】海を感じる可愛いホテル『葉山うみのホテル』が子連れにおすすめな5の理由

  7. 【福島】家族で楽しく優雅に過ごせるオールシーズンリゾート 「ホテルリステル猪苗代」へ美食温泉旅

  8. 【大阪】今話題のデザインホテル『hotel it.』が子連れにもオススメな5つの理由

  9. 【東京】絶景&プールでおこもり旅!『ヒルトン東京お台場』が子連れにオススメな6の理由

  1. 【育児アプリ】自宅でバイリンガル教育!5か国語で読み聞かせできる…

    2021.01.06

  2. 【アンケート】わが子を守るママたちの「withコロナ時代の安全対策」

    2020.12.11

  3. 【アンケート】今年の年末年始、家族でどう過ごす?おうち時間を楽…

    2020.12.10

  4. 【アンケート】2020-2021年末年始は帰省する?帰省しない?

    2020.12.10

  5. 【学び】子供の未来のために。「SDGs」を知り、実践しよう!

    2020.12.01