【三重】三重・鳥羽初!全国的に珍しい絶景のキッズパーク「umi no ue」が3月中旬オープン!

子どもたちと遊びながら絶景を眺められる・・・!
素敵なキッズパークが三重・鳥羽に新しくオープンします!
子どもには楽しみを、大人にはくつろぎを提供してくれるキッズパークを紹介します。

親子で楽しめる屋内型キッズパーク「umi no ue」

umi no ueイメージ図
鳥羽湾が一望できる絶景の宿、鳥羽ビューホテル花真珠内に3月中旬、親子で楽しめる屋内型キッズパーク「umi no ue」がオープン!
コロナ禍でもくつろぎと楽しみを提供したいという思いから、館内の海が一望できるスペースを改修。日帰りの方にも楽しめる観光スポットとして生まれ変わります。
「umi no ue」は乳幼児から12歳までが楽しめるボールプールやボルダリングなどの遊具を兼ね備えた空間に、保護者が子どもを見守りながらホテル自慢のスイーツが楽しめるカフェスペースを併設。トイレや授乳室、ウイルス対策に高性能の空気清浄機も完備。保育士もいるため、安心で安全、子どもには楽しみを、大人にはくつろぎを提供する絶景のスペースとなっています。

「umi no ue」 誕生の経緯

今回改修したスペースは以前、ラウンジとして使用されていましたが、コロナ禍でお客様の利用がなくなりました。旅館としては新型コロナウイルスまん延以降、団体の利用は激減する一方で、ファミリー層の利用が増えており、子育て中の当館女将が、子どもも大人も楽しめるスペースがつくれないか、と発案。国の事業再構築補助金を活用し、鳥羽湾を一望できる場所に位置するラウンジを改装し、143平米のキッズスペースにしました。
宿泊の方だけでなく、キッズパークだけのご利用もできます。(託児サービスはありません)

umi no ueからも鳥羽湾が一望でき、絶景をお楽しみくださいませ

「umi no ue」 がオープンするのは、鳥羽湾が一望できる高台に位置する当館の中でも、海側のビュースポット。
晴れた日には鳥羽ブルーともいわれる海の青、鳥羽湾に浮かぶ離島や、遠く愛知県知多半島までも臨むことができます。それは海が見える、ではなく、まさに海の上にいるような絶景。そこで、「umi no ue (海の上)」と名付けられました。

「umi no ue」のカフェメニュー

子どもたちが遊んでいる様子を見ながら、ホテル自慢のスイーツが味わえるカフェコーナーでは本場スペイン仕込みの「バスクチーズケーキ」や、環境に配慮したコーヒー、地元企業オリジナルコーラなどを提供しています。

日本料理人が作る本場バスクチーズケーキ

地元企業オリジナルコーラ等こだわりのドリンクをご用意致します

絶景キッズパーク「umi no ue」 (鳥羽ビューホテル花真珠内)
■利用時間
日帰り利用 … 9:00~15:00
宿泊者限定 … 9:00~21:00
■利用料
注意:託児所ではありません。利用は保護者の方同伴でお願いします。
1~12歳 … 1時間800円(零歳児は無料) 追加(30分毎)500円
3時間遊び放題パック 1,500円
保護者 … 1名につき入場料550円
(宿泊とのセットプランもあり)
新型コロナウイルスの感染拡大状況により、利用者の人数制限をする場合もあります。

絶景も堪能できる珍しいキッズパークで思い切り遊ぼう!

「umi no ue」は日帰り利用もできるので、気軽に利用できるのも小さな子どもがいる方にはポイントが高いですよね!
オープンまであと少し。最新情報をぜひチェックしてみてください!

鳥羽ビューホテル花真珠

関連記事

  1. 【愛知】「ヒルトン名古屋」サンリオキャラクターズと初コラボ! 秋のスイーツビュッフェを開催

  2. 【新潟】ゴンドラ・ロープウェーから季節の移ろいを感じる秋色空中散歩

  3. 【東京】ママとキッズのためのフォトイベント「#こどもしゃしんかん」二子玉ライズで12/21〜開催!

  4. 【全国】マクドナルド史上初!子どもと一緒に作ったほんのハッピーセット「みんなで!どう解く?」が販売開始!

  5. 360度どこからでも注げる!「360KYUSU」が「nana’s green tea」から新登場!

  6. 【東京】世界最大級!宝探しの祭典「宝探し万博 2018」開催!