【全国】「ママ会」と「遊休スペース」をマッチングする「ママスペース」とは?

ママ達にとって、ストレス発散や情報共有の場となる「ママ会」はとても大事な時間ですよね。

しかし、子連れでママ会をするには場所や広さ、利用料など、悩みが尽きません。最近では、空き家や遊休スペースをお持ちの方がママ会にスペースを提供していたりと、地域の地域の方々にとっても、ママ達がどのようなスペースを求めているのか、気になるところですよね。
株式会社アイプランは、0歳~12歳の子を持つママ(20代~40代)を対象に「ママ会に関する実態調査」を実施しました。

まず、「ママ会をする頻度を教えてください」と質問したところ、『ほとんどしない(50.5%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで23ヵ月に1回(25.5%)』『月13回(11.0%)』『1年に1回(10.0%)』『週12回(2.1%)』『ほぼ毎日(0.9%)』と続きました。

半数以上の方が『ほとんどしない』と回答した結果に、驚いた方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、「子連れで気兼ねなく利用できるお店・スペースはすぐに見つかりますか?」と聞いたところ、『なかなか見つからず苦労する(52.1%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『いつも利用するところがある(22.1%)』『すぐに見つかる(12.2%)』『見つからずママ会をやめたことがある(5.2%)』と続きました。

周囲の方に迷惑をかけないよう、ママ達も慎重にお店やスペースを探しているようです。

子連れで気兼ねなく利用できるお店やスペースが見つからないことが、ママ会をほとんどしない要因に繋がっているのかもしれません。

では、頻度は多くないもののママ会をするとなった際、ママ達はどのようなお店やスペースを選ぶのでしょうか。

「主にどこでママ会をしますか?(複数回答可)」と質問したところ、『カフェ・ファミレス(60.0%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『ママ友の家(42.8%)』『自宅(33.9%)』『公民館・児童館(11.3%)』『カラオケ(8.9%)』『レンタルスペース(3.4%)』と続きました。

女子会にも人気な『カフェ』や子連れ客の多い『ファミレス』が1位ということは納得の結果です。
しかし、周囲の方に迷惑をかける心配をせず、のびのびと子ども達を遊ばせながら「ママ会」を楽しみたいママ達は、『ママ友の家』や『自宅』という選択をせざるを得ない状況なのかもしれません。

子連れでも気軽に利用できる施設があれば、「ママ会」の頻度は増え、ママ達の悩みも軽減されるのではないでしょうか。

では、毎日子育てに奮闘しているママ達は、一体どのような情報に興味があるのか、気になるところですよね。

「ママ達にとって興味がある情報はどういったものですか?(複数回答可)」と質問したところ、『知育・教育(63.1%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『暮らし・生活実用(47.4%)』『料理・グルメ(41.0%)』『美容・健康(33.8%)』『ファッション(25.7%)』『地域(16.8%)』『旅行(16.2%)』と続きました。

ママ達の興味は幅広く、子育てのことのみならず、美容や旅行の情報までアンテナを張り巡らせているようです。

有料でも、ママ友や子ども同士のコミュニケーションは必要!?

子どもをのびのびと遊ばせることができる親子向けの施設があれば、ママ達は気兼ねなくママ会のトークに花を咲かせることができますよね。

「子連れでゆっくりおしゃべり出来る施設があれば有料でも利用したいと思いますか?」と質問したところ半数以上の方が『はい(55.4%)』と回答しました。

ママ友とゆっくりおしゃべりが出来る施設であれば有料でも利用したい方が多いようです。

 

また、「子連れで気兼ねなくママ会できる施設は都心と郊外どちらが利用しやすいですか?」と聞いたところ、『どちらでも問題ない(40.6%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『郊外(38.8%)』『都心(20.6%)』と続きました。

ママ達は、場所や自宅からの距離に関係なく、子連れで気兼ねなくゆっくりおしゃべりできる施設を求めているようです。

子連れで気兼ねなくママ会できる施設にあったら嬉しいものを調査!

ここまでの調査で、「子連れで気兼ねなくママ会できる施設があったら嬉しい」と思っているママが多いことがわかりました。

では、そのような施設でどのようなサービスがあれば、よりママ会が盛り上がるのでしょうか。

「子連れで気兼ねなくママ会できる施設で出張ネイル・ハンドマッサージ等のサービス(有料)が受けられる場合利用したいと思いますか?」と聞いたところ、『非常に利用したい(8.6%)』『まあまあ利用したい(29.8%)』と回答した方を合わせて約4割の方が『利用したい』と回答しました。

ママ達にとって、子育てをしながら美容サロンに行くのはとても大変なことではないですか?
ママ会のついでにネイルやリラクゼーションの施術を受けることができたら、嬉しいですよね。

 

次に「VR・ARを使った知育おもちゃがあったら使ってみたいですか?」と聞いたところ、『非常に使ってみたい(9.4%)』『まあまあ使ってみたい(28.0%)』『あれば使う(21.2%)』と回答した方を合わせて約6割の方が『使用する』と回答しました。

ARを使った飛び出す絵本や、VRを使った疑似体験など、普段の生活であまり触れることのない最新技術を搭載したおもちゃに、興味のあるママは多いようです。

ママ達はこんなものがあったら嬉しい!

・「親がついてなくても子ども達だけで安全に遊べる場所があったら、気にせず話せて嬉しい」(愛知県/30代/専業主婦)
・「リラクゼーションのコーナー」(高知県/40代/会社員)
・「子どもやママ友とお勧めのレシピを交換して、一緒に料理をするスペースがあると嬉しい。」(栃木県/40代/専業主婦)
・「ついつい話に夢中になってしまうので、子ども達から目を離しても大丈夫な環境だと嬉しい」(北海道/40代/女性)

子連れで気軽に利用できるスペースがあれば、「ママ会」の頻度が増え、育児の悩みを抱えるママが少しでも減るかもしれません!
また、そのようなスペースにちょっとした工夫を加えることで、「ママ会」はさらに盛り上がるのではないでしょうか。

「ママ会」と「遊休スペース」をマッチングする「ママスペース」とは?

お店やスペースが見つからないことにより、ママ達が「ママ会」をできない現状が明らかになりました。
子連れで気兼ねなく利用できるスペースがあればママ会の頻度も増えるのではないでしょうか?

空き家や遊休スペースをお持ちのオーナー様に検討していただきたいのが、株式会社アイプランが提供する不動産活用事業『ママスペースhttps://yojigenfudosan.jp/mamaspace/)』です。

ママスペースとは、スペース系マーケットで子ども向けコミュニティを運営しています。
カラオケのファミリールームのように区切られたスペースを1時間単位(または1回単位)で貸し出すシステムです。
地域密着型の親子スペースや、お子様の一時預かりなど、子育てに対する不安や、子連れで行動することに悩みを抱えるママのためのサービスを提供します。

世間の目の厳しさから、ママ会を開きづらいと感じているママ達の声を積極的に活かし社会献したいとお考えのオーナー様は、ぜひアイプランの不動産活用事『ママスペースhttps://yojigenfudosan.jp/mamaspace/)』を活用してください。

調査概要:『ママ会に関する実態調査』
【調査日】  2019年12月27日(金)~ 2019年12月28日(土)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,111人
【調査対象】 0歳~12歳の子を持つママ(20代~40代)
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人

関連記事

  1. 【東京】次世代型屋内アスレチックのフラッグシップ施設「TONDEMI HEIWAJIMA」 2018年7月12日オープン!

  2. 【北海道】星野リゾート トマム 夏のファミリー滞在の提案

  3. 【東京】サンシャインシティのクリスマス『Sunshine City Christmas Party!』

  4. 【大阪】ザ・リッツ・カールトン大阪のお子様向け宿泊プランがリニューアル!

  5. 【東京】ザ ストリングス 表参道にて『ベビーシャワー プラン』を開始

  6. 【東京】<肉×スポーツ>を盛り上げる「肉フェス 国営昭和記念公園2018」

  1. 【東京・大阪・愛知】うんこドリル監修「うんこだっしゅつドリル/…

    2020.09.29

  2. 【オンライン】出産前後の悩みを専門家に気軽に相談!オンライン無…

    2020.09.25

  3. 【リリース】子ども服の“おさがりシェア”サービスKIDSROBEがコミュ…

    2020.09.16

  4. 【アンケート】秋冬に向けて育児の悩みは?「コロナ禍の子育て実態…

    2020.09.16

  5. 【山梨県】富士急ハイランドが東京都在住の方限定の「ガンバレ!TOK…

    2020.08.31