【青森】星野リゾート 青森屋 家族で楽しめる夏のアクティビティ

夏休みの自由研究にも役立つ青森屋での思い出作り

青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」は、家族の思い出づくりにもなり、夏休みの宿題や自由研究にも役立つアクティビティを実施します。
自分だけの青森の工芸品制作、魚っこ釣りや畑での収穫体験は、自らが手や体を動かして体験することで達成感を得ることができます。
他にも、スコップ三味線体験や馬車に乗る体験を通して、小さなお子様から大人まで、楽しみながら青森の文化について知ることができます。

その1 「冷(しゃ)っこい(*冷たい)果実馬車」
青森県南部地方はかつて名馬の産地と呼ばれ、馬を家族のように大切にし てきた背景があることから、青森屋では季節ごとに馬車を運行しています。
夏は、その時期に収穫された冷たい果物を食べながら公園巡りをする「冷っこい果実馬車」を運行します。
その2 青森の工芸品を手作りする「あおもり工房」

「あおもり工房」では、金魚ねぷた灯篭の色付けや、津軽塗りの箸砥ぎなど、青森の工芸品作りが体験できます。
金魚ねぷた灯篭は、赤や青などお 好みで色を付け、ひらひらとしたヒレをつけて仕上げます。

その3  農作業着に着替えて畑に出掛ける「収穫体験」

もんぺと麦わら帽子に着替えて公園内にある畑に出掛けます。
ナスやピーマン、とうもろこしなど普段食べている野菜がどのように実るのか、観察しながら収穫することができます。
自然豊かな敷地を持つ青森屋だから出来る夏休み限定のプログラムです。

その4  釣り上げた魚の生態を学ぶ「魚っこ釣り」
公園内の大きな池では、夏休み限定で魚っこ釣りを実施します。
鯉の稚魚やフナ、モロコなどを釣り上げます。
釣りガイドの案内により、魚の生息環境や自然環境などについて学ぶことができるため、自由研究にも役立ちます。

 

その5. 津軽弁の掛け声にあわせて「津軽弁ラジオ体操」

青森屋では、「いぢ~にぃ~さん~しぃ~」と津軽弁の掛け声で行うユニークなラジオ体操を毎朝開催しています。
早起きもでき、絵日記の1ペー ジにも加えられる夏休み期間中の朝にぴったりなプログラムです。

 

その6. 思わず体が動き出す「スコップ三味線体験」

青森県発祥の「スコップ三味線」に挑戦できます。
雪かきのスコップを三味線に見立て、栓抜きで音楽に合わせて叩きます。
ユニークなご当地体験は、心に残る楽しい旅の思い出になること間違いなしです。

 

星野リゾート 青森屋
 

「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森~ひとものがたり~」をコンセプト に、
青森の祭りや方言などの文化を満喫できる「青森文化のテーマパーク」。
約22万坪の敷地内には、池や古民家の点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができる。

 
電話 :0570-073-022(星野リゾート予約センター)
住所 :青森県三沢市字古間木山56 アクセス:青い森鉄道三沢駅より徒歩10分(無料送迎バスあり)
     三沢空港・青森空港・JR八戸駅・JR新青森駅より無料送迎バスあり(要予約)
客室数 :236室 チェックイン 15:00/チェックアウト 12:00
宿泊料金:2名1室 1泊2食付1人あたり 16,000円~(税・サ込)
HP :http://noresoreaomoriya.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【静岡】ラフォーレリゾート修善寺 夏のキッズ向けワークショッププログラムを開催

  2. 【神奈川】横浜駅直通複合型ビル「アソビル」にキッズテーマパーク「PuChu!」がグランドオープン!

  3. 【埼玉】鉄道博物館にて「第9回こども鉄道作品展」を開催!

  4. 【京都】京都水族館『La・La・Fin CIRCUS(ラ・ラ・フィン サーカス)』~第1章「友情」~7月21日(土)スタート

  5. 【TDR】東京ディズニーシー新エリア名がついに決定!!その名も ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)

  6. 【青森、長野、栃木】星野リゾート「界」で雪国の風物詩「かまくら」体験

  1. 【育児アプリ】自宅でバイリンガル教育!5か国語で読み聞かせできる…

    2021.01.06

  2. 【アンケート】わが子を守るママたちの「withコロナ時代の安全対策」

    2020.12.11

  3. 【アンケート】今年の年末年始、家族でどう過ごす?おうち時間を楽…

    2020.12.10

  4. 【アンケート】2020-2021年末年始は帰省する?帰省しない?

    2020.12.10

  5. 【学び】子供の未来のために。「SDGs」を知り、実践しよう!

    2020.12.01